太田述正コラム#6183(2013.5.3)
<皆さんとディスカッション(続x1888)>

<太田>(ツイッターより)

 女の子の双子が87日の間隔を置いて生まれ、ギネス記録となったが、二人とも元気なんだと。
http://blog.sfgate.com/sfmoms/2013/05/01/twins-born-record-breaking-87-days-apart/
 口あんぐり。

<豊丘時竹>(2013.4.30)http://d.hatena.ne.jp/toyotoki11/20130430

 ・・・<太田>氏のこういう言葉を読んで、中共[普通には中国と書いてしまう。私も中国とするところである。実際、標題は中国としてしまった]の恫喝に怖気づいている私なども、なんだ心配ないんだと安堵するのである。
 ところで、本コラム、コピペした部分以外にも、コピペしたいところが多く、膨大になるので、読者諸氏、ぜひURLをクリックされるようきぼうする。
URL;http://blog.ohtan.net/archives/52170173.html 
太田述正コラム#6169(2013.4.26)・・・
 「・・・中共は当局が国民の不満を逸らすために軍拡や軍事力による威嚇、という一人芝居、をやっているのであって、周辺諸国もそれが分かってるからさ。・・・」

<globalyst>

 「人間主義は長生き」という理解でよいですよね。

 日本人が長生きする本当の理由

 「…ハーバード大学公衆衛生大学院のイチロー・カワチ教授は、「日本人はなぜ長生きなのか」と題する講演で、「日米豪を比較すると、日本人は塩分摂取が高く、アルコール摂取も過剰で、喫煙率も高く、ストレスも高い。過重労働でもある。それにもかかわらず、なぜ長寿なのかについて研究した結果、ソーシャルキャピタルという概念に至った」と述べました。ソーシャルキャピタルとは、人間関係や、グループの信頼関係、規範といった人と人のつながりのことを指します。日本であれば、村祭り、盆踊り、寄り合いなどの行事や、「情けは人の為ならず」「持ちつ持たれつ」「お互いさま」「おかげさま」「好きな人と好きなところで暮らし続けたい」といった価値観です。…」
http://news.infoseek.co.jp/article/president_9283

<太田>

 面白そうなので、少しネットであたってみました。

 「・・・私<(カワチ)>は13歳まで神奈川県に暮らしていました。近隣の家族ぐるみで,花見やなし狩り,芋掘り,餅つきなど,一年中社会的なつながりがありました。私が社会と健康の関連メカニズムとして,「social capital(人間関係資本)」に着目するのは,日本の社会が持っていたsocial capitalの豊かさが,地域で暮らす人々の社会的ストレスを緩和する効果があると直感的に信じられるからです。 ・・・
 日本人は世界で最長寿ですが,喫煙率も高い国です。なぜでしょう。昔に比べれば薄れてきているでしょうが,他の国,特にアメリカに比べれば,はるかに平等主義が浸透していますし,地域での人々の結びつきは今でも強いと思います。これらの因子が,日本人の長寿に貢献していると思います。・・・
 所得が高くなるほど寿命が急速に伸び・・・ます。・・・しかし,それ以上のレベルの先進国になるとほぼ頭打ちです。・・・所得格差の大きいアメリカ,西ドイツなどで寿命は短くなっています。一方,平等な国では,寿命が長くなっています。 ・・・」
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2566dir/n2566_05.htm
 <不平等度が高まると、貧者だけでなく、富者の寿命も短くなる。↓>
 ・・・Greater income inequality is linked to lower life expectancy, higher mortality rates and worse self-rated health, for the wealthy as well as for the poor・・・
 <特に第三世界で感じることだが、金持ちは高い壁、防弾車、武装警備員で回りの貧者による窃盗・暴力・嫌悪から守らなきゃならず、ストレスが高じて寿命が縮む。↓>
 Having worked in several Third World countries where the gulf between rich and poor is gigantic, I can attest to the incremental stress among the affluent caused by protecting themselves... through high walls, armored cars and armed bodyguards, from the potential for theft, violence and dislike by those impoverished souls around them. And stress, as we know, shortens life.・・・
 <だから、(貧者のための慈善に勤しむ等)無我的であることは利己的たりうる。ロビンフッド効果ってやつだ。↓>
 I spend a lot of time persuading people that selflessness can be selfish.・・・<I call this, the> Robin Hood Effect・・・
http://www.healthandsocietyscholars.org/1866/26872/229945

 さすが元日本人のカワチ教授、人間主義の何たるかがよーく分かってるである。
 なお、「日本人は塩分摂取が高く、アルコール摂取も過剰で、喫煙率も高く、ストレスも高い。過重労働でもある。」については、下掲↓のような要因によって相殺されていると考えられます。

 「まず日本人の一日当たりのカロリー摂取量が大変少ないことです。・・・OECD諸国とほぼ重なる主要29カ国中、・・・日本人の摂取量・・・は最少でした。次に、日本人の砂糖消費量が著しく少ないことや、BMI25を超える肥満人口率がわずか3.0%で世界一低いことも挙げられます。・・・三番目に、日本は急性期ベッド数が・・・人口・・・当たり<で>・・・世界一多いことです。・・・四番目に、CTスキャナーやMRIなどの画像診断機器の数も・・・人<口>・・・当たり<で>・・・圧倒的に世界一であることです。・・・最後に、日本は患者一人当たりの受診回数が世界一多い。」(學士會会報May No.9002013-II 62頁)

 で、結論ですが、おっしゃる通り、「人間主義は長生き」であると言えそうです。

 蛇足ながら、臨死体験者の典型的感想は、「信じられないくらい穏やかな気持ちがして、この完璧な存在が愛と思いやりで溢れているのを見た」というもの
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130502/wir13050213270001-n1.htm
ですが、これは、臨死状態で人間がその本来的な人間主義的な姿に戻るからではないか、という気がしています。
 私、「人間主義研究所」って看板を自宅に掲げようかなあ。
 ちゅうか、皆さん、冗談抜きで人間主義普及協会(仮称)、立ち上げません?


 それでは、その他の記事の紹介です。

 悪いこと言わないから、自民党、(60年近くほっぱらかしてきたところの)憲法改正なんてもう諦めて、政府憲法解釈変更に全力をあげた方がいいぜ。↓

 「毎日新聞世論調査:憲法96条改正 反対46%・・・賛成の42%を上回った。・・・」
http://mainichi.jp/select/news/20130503k0000e010141000c.html

 北朝鮮が米国人に15年の強制労働を課したり、例の工業団地で7人の韓国人を人質としたのは、前者は米国の要人をやってこさせてプロパガンダに使うこと、後者はカネをせしめることだって。↓

 ・・・This week it sentenced American tour operator Kenneth Bae to 15 years of hard labor. After a third nuclear test and innumerable threats of war, it is now blocking seven South Koreans from leaving the Kaesong industrial zone that it recently shut down. Seoul will probably pay tens of millions of dollars in ransom to bring them home・・・
 <もはや、北朝鮮の金体制打倒しかないとも言ってるぞ。↓>
  ・・・the United States <should> put regime change at the center of its North Korea policy.
http://online.wsj.com/article/SB10001424127887324266904578456462846880482.html

 台湾の(事実上の)駐日大使、日本語ができないんだね。
 今頃日本語教室に通ってるってんだから、いかに日本語ができる外交官の養成を怠って来たか明らかだ。
 尖閣領有権を叫んで実力行使に出たことが象徴的だが、今後は、台湾も韓国化すると思った方がいいな。
 (それにしても、ネトウヨ諸君、いつになったら、「台湾人を抹殺しろ!」、或いは「アメ公は皆殺しだ!」(「たった一人の反乱(避難所)」より)と叫ぶ勇気が出るんだろね。いやまあ、後者にについては、これまでの日米関係史についての最低限のお勉強が必要だが・・。↓

 ・・・Several Democratic Progressive Party lawmakers asked・・・Representative to Japan Shen Ssu-tsun (沈斯淳)
・・・about his “lack of fluency” in Japanese. Shen replied that he had been working on learning the language and attends Japanese-language classes every week.・・・
http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2013/05/03/2003561336

 この記事の筆者のフィリップ・スティーヴンス(Philip Stephens)はFTの副編集長(associate editor)でオックスフォード大を近代史専攻で優等で卒業
http://en.wikipedia.org/wiki/Philip_Stephens_(journalist)
ってんだけど、「先の大戦の時の支那と朝鮮の占領」ちゅうくだりは致命的じゃん。
 FTも、ひいては英国も知的能力が落ちぶれたもんだねえ。

 ・・・an apparent revisionism on the part of Mr Abe’s government about Japan’s second world war occupations of China and Korea. ・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/d6945102-b255-11e2-8540-00144feabdc0.html#axzz2SBtZlp7A

 米国がアフリカをにらみ、スペインの新基地を設置だと。
 カネがないというのに、アジア重視なんて嘘っぱちもいいところだな。
 いくらなんでも、そろそろ日本、「独立」しないとどうしょうもないぞ。↓

 In time of trans-Atlantic austerity, US opens another military base in Spain・・・
http://www.csmonitor.com/World/Europe/2013/0502/In-time-of-trans-Atlantic-austerity-US-opens-another-military-base-in-Spain?nav=87-frontpage-entryNineItem
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6184(2013.5.3)
<ドイツ中心近代史観(その6)>

→非公開