太田述正コラム#6179(2013.5.1)
<皆さんとディスカッション(続x1886)>

              --お知らせ--

 新居に落ち着き、また、生活基盤も一応整ったこともあり、太田コラムの有料購読料金を6か月5,000円から3,000円に値下げすることにしました。
 1ヵ月500円というお手頃の価格になったこの機会に、新規購読や再購読をご検討いただければ幸いです。
新規お申し込みは、下掲からどうぞ。
http://www.ohtan.net/melmaga/

なお、次回のオフ会の出席申し込み状況が低調です。
 出席を希望される方は、下掲よりお申込みください。
http://www.ohtan.net/meeting/
 どういうわけか、この画面↑が前回のものに戻っていしまっていたので、改訂かたがた、次回のオフ会の内容をここに掲げておきます。

日時 2013年5月25日(土曜) 14:00〜18:00

場所 大田区の太田の自宅(最寄駅は西馬込。出席者には詳細開示)

会費 400円 当日徴収

●オフ会手順

14:00 机等の準備・参加受付
14:15 テーマに基づく議論(ソフト飲料等付)

 ・日本人は本当に潜在的には反米なのか?(コラム#250参照)
 ・社会生活に障害が出ていない精神障害者をどう考えるべきか?(コラム#5486、コラム#6172参照)

15:15 自己紹介
    休憩
    質疑応答(ソフト飲料等付。第三のビールを@100円で希望者に提供)
    ・・途中で帰るのは自由
18:00 弁当購入に出発(飲むものを含め、同じ場所で各自が購入)

●二次会(会費不要)

18:30 懇談
22:15 お開き・机等の後片付け

Skypeでの参加(講演会のみ)も募集しています。
Skype名をご記入の上、お申し込み下さい。
-------------------------------------------------------------------------------

<太田>(ツイッターより)

 「開城工団:韓国人退去後の展開は?…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/30/2013043000995.html
 韓国の政府もマスコミもヨミが甘いねえ。
 そもそも、現地に残った7人の韓国人への言及がないのはどういうこっちゃ?
 工業団地が復活する可能性なんてあるわきゃないだろ、いや、復活させちゃダメだわさ。

<太田>

 この関連で、寝ぼけたような記事が出てた。↓

 「開城工団:「最後の7人」はいつ韓国に戻るのか? 一両日中の帰還は困難な見通し 北朝鮮、工団閉鎖に及び腰か・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/01/2013050100642.html

<ucTzungQ>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 【社説】韓国国会の「日本糾弾決議案」不発<(コラム#6173)>コメディー
http://japanese.joins.com/article/j_article.php? aid=170994&servcode=100§code=110

 冷静な判断を下した議員が 多かっただけではないでしょうか。
 当該社説を嘲笑してもいいけど 韓国のメディアは常に右寄り。
 社説は常にこんなです。
 誤りなのは日本も敵性国家と仮想していることですが、 本音は今般の議員行動に現れている(トコトン対立したくない、お金借りなくちゃいけないし)のかもしれません。
 本音と建前が読めてしまえ韓国は警戒に値しないと解せるのですが、皆さんは反応が過剰な気がします。

<1LLzGGQM>(同上)

 面積折半方式に言及=首脳会談でプーチン大統領
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000120-jij-pol

 二島返還で手打ちっスかね?

<ucTzungQ>(同上)

 太田さんが2島返還論者である事~より正確には国後、択捉に対してそもそも法的根拠がないとする主張~、承知で申しますに、このまま決着つかないまま、ロシアがより民主的な政権に移行した時まで待つのが一番適当なのではないでしょうか。

 木村正人氏のブログによると
http://kimumasa2012london.blog.fc2.com/?pc
ロシアが妥協する可能性は現在のところ限りなくゼロです。
 しかし日本側が妥協した場合、木村氏も主張しているように支那の尖閣に対する攻勢が増す蓋然性は大いに有り得ます。
 それならば我が国は徳川家康よろしく、泣くまで待とうホトトギスで良いでしょう。
 プーチンの命脈はどんなに長くとも15年程度、中共も長くは保たないでしょう。
 無論、日本が独立した場合は根本的に条件が変わるでしょう。

 また、ロシアの画策するサハリンプロジェクト(天然ガス)への投資は日本以外にも出資者候補(中共)が控えており、日露とも現在のところ交渉で得る相互利益少ないと見ています。

<rL/F7O8+0>(「たった一人の反乱」より)

【悲報】#TBS の記者がつまらん質問をしてプーチン大統領がブチギレ呆れる 日露共同会見 #nhk
http://matome.naver.jp/odai/2136724349220969001

 タイトルにあるようにTBS記者の質問に対して友好ムードを損なうものだとの批判が多勢です。
 およそ国家間の交渉においては取り繕った友好関係などありえない。
 右手で握手しつつ、左手で拳骨を固めるのが外交です。
 マスコミの役割とは笑顔のベールで隠された思惑を引き剥がすことですから、まさにTBS記者は「仕事」をしたのです。
 分かってないのは彼を批判する側、また毎日新聞系列を左翼と決めつけ脊髄反射で批判する輩が多いようです。
 お陰でヒグマの皮を被ったヒグマ(全然正体を隠せていない)、プーチンの本質が何も変わってない事が分かり有益でした。

<太田>

 領土問題に関する日露「協議」なんぞには何の関心もありません。
 2島返還だけで日本が諦める決意を固めない限り、相手がプーチンだろうが、民主主義ロシアの首長だろうが、「解決」することは金輪際ありえないからです。
 それはそれとして、TBSの記者の質問は何の問題もないでしょう。
 むしろ、プーチンが気分を害した理由が私にはわっかりましぇーん。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 やっぱ、米国のイスラム教徒は「異常」であってエセ・イスラム教徒であることが確認された。↓

 <米国の場合、イスラム教徒は56%が他の宗教でも天国に行けると答えたのに対し、世界全体ではイスラム教徒は18%しかそう答えていない。(「天国に行ける」云々という設問自体がグロだけど・・。(太田))↓>
 ・・・ Some 56 percent of US Muslims agree with the view that many religions can lead to heaven, compared with 18 percent in the median nation in the global survey.・・・
 <米国の場合、一般住民相手の自爆テロが正当化できる場合があると答えたのはわずか8%。これに対し、バングラデシュでは26%、エジプトでは29%、アフガニスタンでは39%、パレスティナでは40%もそう答えた。(米国のイスラム教徒は、エセイスラム教徒である以前に、そもそも統合失調症か無知蒙昧だね。米国は、先の大戦において、一般住民殺戮を目的として日本の都市を焼夷弾攻撃し、原爆で消滅させたんだぜ。(太田))↓>
  US Muslims・・・say・・・suicide bombing and other attacks against civilians in the name of Islam・・・is either often justified (1 percent) or sometimes justified (7 percent) to defend Islam.
 By contrast, substantial minorities among Muslims in several countries say such acts of violence are at least sometimes justified, including 26 percent in Bangladesh, 29 percent in Egypt, 39 percent in Afghanistan, and 40 percent in the Palestinian territories.・・・
http://www.csmonitor.com/USA/Society/2013/0430/Poll-shows-how-US-Muslims-are-like-Protestants-and-how-they-re-not?nav=87-frontpage-entryInsideMonitor
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#6180(2013.5.1)
<ドイツ中心近代史観(その4)>

→非公開