太田述正コラム#5626(2012.7.28)
<中共と毛沢東思想(その1)>(2012.11.12公開)

1 始めに

 久しぶりに現在の米国を取り上げたので、次は中共と行きましょう。
 セバスチャン・ヘイルマン(Sebastian Heilmann)とエリザベス・J・ペリー(Elizabeth J. Perry)編の 'Mao's Invisible Hand' における論議の大筋をその書評をもとに紹介し、適宜私のコメントを付そうと思います。

A:http://online.wsj.com/article/SB10001424052702304217904577534423381058122.html
(7月20日アクセス。以下同じ)
B:http://www.thechinabeat.org/?p=3824
C:http://harvardpress.typepad.com/hup_publicity/2012/06/maos-invisible-hand.html
D:http://www.nybooks.com/articles/archives/2012/jun/21/china-politics-warfare/?pagination=false

 この本は、支那人系の研究者を含む、英米の中共研究者達の論文をまとめたものです。

2 中共と毛沢東主義

 (1)毛沢東主義と中共の資本主義化

 「1978年に、Xiaogang<(注1)>という中共の村の農民達の集団が秘密の協約を書いてそれを泥で出来た小屋の屋根裏に隠した。

 (注1)安徽省東部の村。
http://www.china.org.cn/china/features/content_11778487.htm

 彼らは、この文書によって処刑されることを恐れた。
 ところが、それは中共経済を完全に変貌させることになったのだ。・・・
 農民達は、自分の収穫の一部を<供出せずに>とっておくことにした。
 そうすれば、もっと一生懸命働く気になるだろうし、自分達の家族も裨益するだろうと・・。・・・
 自分達の計画が共産党の諸指示に激しく違背することを知っていたので、この農民達は全員、自分達のうちの誰かがこの新しいシステムを咎められて処罰され、殺されるか行方不明になったら、残された家族を助けることに同意した。
 ・・・彼らのこの協約は大いなる成功を収めた。
 彼らは、全員前より一生懸命働き、それに見合う収穫を得た。
 しかし、これが知られないはずがなく、一人の地方の役人によって見つけ出され、この取り決めは廃止されようとした。
 その時、彼の上級官吏が、この案を却下し、この農民達が続けることを許されるよう命じた。
 共産党は、これらの農民達と彼等のプロテスタント倫理の新バージョン(twist)を実験として扱うことを決定し、その<「実験」の>成功により、このやり方が、トウ小平言うところの新しい改革を志向していた中共の全土で広範に採用されることになるのだ。・・・」(C)

 「・・・オックスフォード大学の<女性論文寄稿者>は、この「適応的統治(adaptive governance)」哲学の淵源は・・・レーニンであることを発見したように見える。
 仮にそうだとすれば、それは、世界全体の共産主義が1989年にイデオロギー的衝撃を被った時に中国共産党は崩壊しなかった理由を説明することに資することになろう。
 レーニンは、1917年の革命後の内戦を、容赦なく武力を用い反対者を滅ぼすことによって乗り切った。
 そして、確かに、北京政府は、1989年において、<天安門で容赦なく武力を行使することで、異議申し立てをした人々に対して、>成功裏に弾圧を行った唯一のレーニン主義体制となった。・・・」(A)

 この研究者ですが、せっかく革命後の内戦期のことを持ち出すのなら、(書評者が言及しなかっただけかもしれませんが、)短期間の戦時共産主義の後、ロシア内戦(〜1922年)末期の1921年にレーニンが採用した新経済政策(ネップ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%99%82%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%97 ※
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%86%85%E6%88%A6
も持ち出して欲しかったものです。
 ネップは、政治は共産党一党独裁、経済も計画経済だが農業部門だけは資本主義、という形であり、改革開放直後の中共と相通じるところがあるからです。
 (ちなみに、ネップは、「レーニンの死後1928年に発表された第一次五ヶ年計画においてヨシフ・スターリンが否定的評価を下し、農業の主体はコルホーズに移行していく」(※)こととなり、経済全体が計画経済に戻ります。)
 しかし、この研究者の主張は、下掲のように、レーニンが下からのイニシアティブを否定していたことに照らすと、中共がレーニン主義者であれば、冒頭掲げたような、中共の農業部門における下からのイニシアティブは粉砕されていてしかるべきであったことから、成り立ちえない、と言うべきでしょう。
 
 「・・・レーニン<は>・・・1902年に、「大衆の自発的(spontaneous)諸衝動(impulses)は「ブルジョワによる労働者のイデオロギー的奴隷化」をもたらしうることから、共産党は「自発性に対する闘争」を行わなければならない、と促した。・・・」(D)

(続く)