太田述正コラム#5835(2012.11.10)
<皆さんとディスカッション(続x1718)>

<太田>(ツイッターより)

 6月23日にオバマとロムニーの獲得選挙人数を予測し、その後もこの予測を変えず、結果がどんぴしゃの332対 206だったという人物がいるんだね。
 ほぼあてた人が後2人もいて、みんな統計学を駆使したんだね。
 接戦だと言ってた評論家達は蒼ざめてる。
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-20246741

 辞任した米CIA長官のダブル不倫の相手の映像が拝めるよ。
 米陸士卒のハーヴァード大研究員で彼の伝記を書いていた時に親密になったんだね。
http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2012/11/09/paula_broadwell_talks_gen_petraeus_on_the_daily_show_with_jon_stewart.html …、http://en.wikipedia.org/wiki/Paula_Broadwell

<t13Qt7250>(「たった一人の反乱」より)

 マニフェストにTPP明記=野田首相「追求する姿勢」表明
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012111000165

 自民党はTPPが衆院選の大きな争点に浮上して、民主党に反撃されることを恐れるだろう。
 安倍と石破のTPPをめぐる発言を探してみたが、自民党としてもこのへんに落ち着くのではないか。↓

 「安倍:日本にとって自由な貿易環境はプラスです。私が総理の時も、麻生さんに外務大臣としてEPA(経済連携協定)やFTA(自由貿易協定)を積極的に進めてもらった。
 私はその延長線でTPPも考えていますが、当然、国益にかなうかどうかを個別に考えるべきだし、それは交渉によるんです。・・・
 安倍:後は交渉技術の問題ですが、今の民主党政権にできるのか、大いに疑問です。」
http://www.news-postseven.com/archives/20120322_96198.html

 「一方、石破氏はTPPそのものに現時点で反対の立場ではなく、講演後、報道陣に対し「(政権交代で)きちんと外交ができる政権をつくり、TPPが国益になる・ならないの判断を全身全霊でやる。判断できる制度を作ることが先だ」と語った。」
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20120909ddlk45010325000c.html

 太田さんは野田総理の心中をコラム#5821で分析していたが、TPPに関しても自民党に「助け船」を出したのではないか。
 加えて、TPPに反対のダメ議員を民主党から追い出すことができるから一石二鳥だ。 

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 冗談はやめてー!↓

 「民主、舛添氏に都知事選出馬打診 前向き検討か・・・」
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO48273370Q2A111C1CC1000/?dg=1

 どうして、中共の「反体制的」人士がチベット人による相次ぐ焼身自殺にかくも冷たいのか、という疑問を投げかけた記事だ。↓

 With a mounting toll of 69 self-immolations, at least 56 of them fatal, many Tibetans are asking themselves why their Han Chinese brethren seem unmoved by the suffering — or are at least uninterested in exploring why so many people have embraced such a horrifying means of protest.・・・
 ・・・many Chinese are alternately fascinated and repulsed by Tibetans. “We Han love their exotic singing and dancing, but we also see them as barbarians seeking to split the nation apart・・・
 <説明が下手くそだが、私流に言い換えれば、漢人文明に腐食されない民族は人間主義の対象たる人とみなされない、ということなんだろう。しかし、更に言えば、漢人文明そのものが人間主義を忘れた文明であることが、漢人のチベット人に対する姿勢から浮き彫りになる、ということじゃないかな。↓>
 ・・・neither fear nor censorship fully explain the silence of Chinese liberals, most of whom are adept at skirting the great firewall and many of whom regularly step across imaginary red lines to lob verbal critiques of the Communist Party. Tsering Woeser, a blogger of mixed Tibetan and Han ancestry, said many Chinese see Tibetans as the “other”; she said even friends have been known to cite a well-known Chinese proverb to explain their indifference to Tibetan grievances: “If you are not of my ethnicity, you cannot share my heart.”・・・
http://www.nytimes.com/2012/11/10/world/asia/educated-chinese-are-silent-amid-tibetan-self-immolations.html?hp&pagewanted=all

 ペトレイアス(ペトラユース)はどうして不倫でCIA長官を辞任せざるをえなかったのか、が説明されている。↓

 <別件で彼のEメールを調べていたFBIが不倫を発見した。↓>
 ・・・The affair came to light as part of an FBI investigation into a potential security breach involving Petraeus’s e-mails・・・The investigation uncovered e-mails describing an affair between Petraeus and Paula Broadwell, a former military officer and co-author of a glowing biography of Petraeus・・・
 <昨年まで軍人だった彼は、不倫を犯罪としている米軍刑法の適用を受ける。↓>
 Petraeus, who retired from the military last year, is still subject to the Uniform Code of Military Justice, which classifies adultery as a crime.
 <もとより、そんなんでもって退役軍人が訴追されるようなことはまずありえないが・・。↓>
 Practically speaking, however, the odds are extremely low that the military would prosecute a retired officer for having an affair・・・
http://www.washingtonpost.com/world/national-security/david-petraeus-resigns-as-cia-director/2012/11/09/636d204e-2aa8-11e2-bab2-eda299503684_print.html
 <米政府の最高レベルの秘情報にアクセスできるためには、多額の借金があっただけでもアウト。それに次ぐレベルへのアクセス権を得る際にすら、飲酒運転歴やアル中歴があったらアウト。(不倫をやるようじゃ、セックスを餌に情報を売っちゃう恐れがあるからもちろんアウト。)↓>
 ・・・Anyone applying for a Top Secret for Sensitive Compartmentalized Information (TSSCI) clearance would be denied for simply having any outstanding debt. Something as simple as a DUI or alcohol problem can endanger passing a Secret Clearance review, which is one lower than TSSCI (also referred to as a ‘need-to-know’). ・・・
http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2012/11/09/did-petraeus-have-to-resign/?print=1

 だから↑、細野豪志なんてのは、日本が「独立」国家だったとすりゃ、不倫やった瞬間に、政治家として不適格という烙印を押されてしかるべきだったんだぜ。
 
 今頃ガーディアンに『アルゴ』の、しかも出来の悪い映画評。
 ボクがCIAの無能さの理由としてあげた点についても、わけのわからないこと書いてるな。↓
 
 ・・・Perhaps Canadian producers would be less likely to annoy the Iranians, but the point is they need the Hollywood brand to make it all look good.・・・
http://www.guardian.co.uk/film/2012/nov/08/argo-review
-------------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。
 ユリア・フィッシャー特集の2回目(最終回)です。

Mozart Concerto N° 4 en R majeur K.V. 218 - Rondo Andante Grazioso Allegro Ma Non Troppo ?
http://www.youtube.com/watch?v=2XX4f8UuUE4&feature=relmfu

J.S Bach Violin Concerto No.1 in A minor, BWV 1041 - 1. (Allegro moderato) Academy of St Martin in the fields
http://www.youtube.com/watch?v=biPFXu2owes&feature=relmfu
Violin Concerto No.2 in E, BWV 1042 - 1. Allegro
http://www.youtube.com/watch?v=x-ahgoarFTA&feature=relmfu
Op.8,Nos.1-4  Largo II.
http://www.youtube.com/watch?v=asKOdXER980&feature=relmfu
Op.8,Nos.1-4  Allegro V
http://www.youtube.com/watch?v=Mjp-h4xU_Go&feature=relmfu

Julia Fischer-Yuri Temirkanov=Mendelssohn e-Moll.wmv 聴衆(?)の咳の音等が時々入るのが残念。
http://www.youtube.com/watch?v=bBZam-Owl2Q&feature=related

Shostakovich Violin concerto No 1(注) Vladimir Jurowski指揮 London Philharmonic
http://www.youtube.com/watch?v=H2cLnu8ngjU&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=1DtXrTSr2AU&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=Y0OS4d1NNWg&feature=relmfu

(注)ソ連のバイオリニストのオイストラッフのために書かれた曲。
http://en.wikipedia.org/wiki/Violin_Concerto_No._1_(Shostakovich)

Beriot(注) Violinkonzert No 9 op. 104 8歳の時の演奏 
http://www.youtube.com/watch?v=YuAg3TZDusY&feature=related

(注)Charles Auguste de Beriot(1802〜70年) 。ベルギーのバイオリニスト、作曲家。
http://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Auguste_de_B%C3%A9riot

 この曲↑の全曲を西崎崇子(たかこ)(注)のバイオリンでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=qiEUeUz59Kg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=3bssCkPgAi0&feature=fvwrel

(注)1944年〜。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B4%8E%E5%B4%87%E5%AD%90

(完)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5836(2012.11.10)
<ジェファーソンの醜さ(その4)>

→非公開