太田述正コラム#5767(2012.10.7)
<皆さんとディスカッション(続x1686)>

<太田>(ツイッターより)

 「性典」10選の写真集(小解説付)だ。『カーマ・スートラ』を始めとする古典も3冊も含まれている。
http://www.guardian.co.uk/culture/gallery/2012/oct/06/ten-best-sex-guides#/?picture=397158114&index=0

<mmtCGEQNO>(「たった一人の反乱」より)

 <scy2Z+qv0クン(コラム#5765)、>三宅が安倍と親しいことと、三宅が嘘つきかどうかとは関係あるまい。
 若宮の名前まで出してるんだし嘘なら朝日が抗議するだろ。

<zsRcabbP0>(同上)

 鼻にチューブ付けた状態で、それでも安倍の為に出張ってくるような人が安倍に不利になる発言するかなぁ?

<gDzxNc9B0>(同上)

≫安倍さんと言えば防衛庁を防衛省へ格上げした人なんでしょ? ≪(コラム#5761。XADXbvz40)

 それって安倍ちゃんの総理時代の「輝かしい実績」としてネトウヨ連中が盛んに喧伝してるけど、実際は以前から決まってて、たまたま安倍ちゃんの総理時代に庁から省に昇格しただけなんだよな。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 これで、日本の政治にも保守(市場原理主義)、リベラル対抗軸が形成される?↓

 「日本維新とみんなの党、「渡辺喜美外し」で仕切り直し 維新の勢いに陰りという事情も・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121007/stt12100700560001-n1.htm

 理解不能。一番「危険な」転換モードを市街地上空でやる、という合意だったんだっけ?↓

 「・・・日米両政府が合意しているオスプレイの主な運用ルール・・・
飛行モード 必要な場合を除き、回転翼を上に向ける「垂直離着陸モード(ヘリモード)」での飛行は米軍施設・区域内に限る。回転翼を前傾させる「転換モード」での飛行時間は可能な限り短くする。・・・」
http://mainichi.jp/select/news/20121007k0000m010101000c.html

 朝鮮日報がいつもの韓国民啓発努力を始めた。↓

 「・・・日本は韓国が通貨スワップを延長するようひざまずかない限り、通貨同盟を維持できないとした。日本はどの急所を突けば、韓国が血の涙を流すかを熟知している。円は世界のどこでもドルやユーロと換えられる通貨だが、ウォン建て債券や韓国の金融商品は、フセインのドル札のような非常用の資金となるどころか、危機の兆しさえ見えれば、まず投げ売りすべき存在であることをよく知っているのだ。・・・
 韓国銀行(中央銀行)の金仲秀(キム・ジュンス)総裁は先月、中国に通貨スワップの常設化を提案した。通貨同盟を恒久化しようと頭を下げた格好だ。日本にもプライドを捨てて頭を下げるべきか、問題を次の政権に持ち越すかを決断すべき時を迎えた。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/07/2012100700086.html
 「サムスンが略奪され、現代車が燃やされる日・・・
  中国が韓国だけを大目に見るというのは都合の良い錯覚にすぎない。韓国は経済的にも北朝鮮問題などの面でも、日本よりはるかに中国への依存度が高く、中国の脅しに弱い。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/07/2012100700127.html
 「・・・歴史をさかのぼれば、韓中間の対立は日中間の対立よりも根深く、現在も対立要因がずっと多い。地理的に韓国は日本より中国に近く、北朝鮮問題も抱えているからだ。韓国の中国に対する経済的、外交的な依存度は日本の比にならず、中国と摩擦が生じた場合、韓国はさらに大きな影響を受けかねない。中国の反日デモを見て、緊張せざるを得ない・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/07/2012100700129.html

 NYタイムスが、薄熙来の前妻 Li Danyuとの単独インタビュー記事を掲げた。
 薄は専門職の働く女性が大好きで、子供達には米国の名門校で教育を受けさせると決めてかかってるって感じだな。↓

 <彼女との間に設けた息子 Li Danyu(Brendan Liと名乗る)はコロンビア大卒。↓>
 ・・・his son from his first marriage, Li Wangzhi, also known as Brendan Li, a graduate of Columbia University who was working in finance in Beijing. ・・・
 <前妻は、薄と、文革末期の1975年に恋に落ちた。離婚は1981年。↓>
 Ms. Li spoke with nostalgia of her romance with Mr. Bo, which began when the two met in 1975, at the end of the Cultural Revolution. Ms. Li said she did not stay in contact with Mr. Bo after their bitter breakup in 1981.
 <前妻の兄は薄の姉と結婚している。↓>
 The web of entanglements among the families reflects the insular nature of China’s “red nobility.” Ms. Li’s older brother, Li Xiaoxue, is married to Ms. Gu’s older sister, the daughter of an army general. ・・・
 <どちらの家も赤い貴族。二人が恋に落ちた当時の薄は、父親のパージを受け自身も投獄されていたが出獄し、工場で働いてた時期。↓>
 Ms. Li and Mr. Bo, whose elite families had known each other for years, began their love affair in 1975. Mr. Bo had just endured years of prison during the Cultural Revolution, when his father was purged, and was working in a factory.
 <前妻の父親も迫害を受け、彼女は軍医として働いていた。薄はマルクスとレーニンを読みふけっていた。↓>
 Ms. Li, whose family had also suffered, was working as a military doctor. “What he did a lot was he read the selected works of Marx and Lenin,” Ms. Li said. “He was a simple and progressive young man.”
 <遠距離恋愛で、2人は3日にあげず手紙を交わした。↓>
 Living in different cities because of their jobs, they wrote letters to each other every three days. In a poem, Mr. Bo ends with lines that reflect both political fervor and romantic feelings: ・・・
 <1976年に結婚し、翌年男児が生まれた。↓>
 They were married in September 1976 and had a son the next year.
 <薄は北京大学に入学し、毎日8頁の英語の本を読んで、中共が世界に向けて開かれる時を待った。↓>
 Mr. Bo enrolled in Peking University. He tried to read eight pages of English each day from library books, she said. He told her, “Eventually China will open to the world, so we have to learn.”
 <薄の父親が副首相になった時、二人は中南海に移り住んだ。当時は薄に政治的野心はなく、専攻を歴史からジャーナリズムに切り替えていた。↓>
 The two moved into Zhongnanhai, the Beijing leadership compound, after Mr. Bo’s father became a vice premier. But Mr. Bo did not aspire to join those ranks, Ms. Li said. Mr. Bo switched from studying history to journalism.
 <1981年に突然、薄から「君をもう愛していない」と離婚を切り出された。↓>
 The end of the relationship began on their son’s fourth birthday, June 20, 1981. Mr. Bo surprised Ms. Li by asking for a divorce. “He felt very sad and cried and hugged us,” she said. That night, he told her, “I have no feelings for you anymore.”
 <別居しつつも、前妻は離婚を拒否し、裁判になったが、1984年に離婚が成立した。
 薄の現在の妻のGu Kailai(谷開来)は、薄と薄の大連時代(1992年〜2000年)に出会ったと言っているが、実際には北京大学時代(1977年〜。途中で中国社会科学院に転じ、1982年に修士号取得)・・谷は北京大卒・・に、不倫関係になったのではないか。↓>
 Ms. Li refused to grant the divorce, though she moved out of Zhongnanhai. The case went to court. The divorce was completed in 1984. Ms. Gu, in a book she wrote, said she met Mr. Bo that year in Dalian. But Ms. Li said Mr. Bo might have been secretly seeing Ms. Gu when the two were at Peking University, while Mr. Bo was still married.
 <離婚裁判中に、弁護士である谷は、前妻を脅した。↓>
 To try to stop the divorce, Ms. Li told officials that Ms. Gu had destroyed the marriage. In the interviews, Ms. Li said Ms. Gu, a lawyer, had threatened legal action if Ms. Li persisted. ・・・
http://www.nytimes.com/2012/10/07/world/asia/bo-xilais-former-wife-reveals-paranoid-side-of-a-once-powerful-chinese-family.html?_r=1&hp
 (事実関係は、http://en.wikipedia.org/wiki/Bo_Xilai 等に拠った。)

 オバマが大統領選に敗れるとすれば、それは、選挙戦をうまく戦ったにもかかわらず、経済が不調であったため、ということになるだろうって。↓

 ・・・ if President Obama is re-elected, it will be despite the economy and because of his campaign,” he says. “If Mitt Romney wins, it will be because of the economy and despite his campaign.・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/2/352e3aa8-0db9-11e2-97a1-00144feabdc0.html#axzz28ZoXRY8X
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5768(2012.10.7)
<『秘録陸軍中野学校』を読む(その1)>

→非公開