太田述正コラム#5747(2012.9.27)
<皆さんとディスカッション(続x1676)>

<コラム#5745の訂正>(ブログは訂正済)

40年前→30年前  2か所あり
-------------------------------------------------------------------------------

<PJY504XY0>(「たった一人の反乱」より)

 驕れるもの久しからず、諸行無常なり。
 アップル株価崩壊の始まりかもね。

※地図アプリに苦情続出
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE88K06920120921

 私とは別の観点から指摘する識者。

 ※iPhone5を買わない理由
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE88N02U20120925

 私が思う崩壊の序曲はこれだ。↓
http://news.mynavi.jp/news/2012/09/25/163/

 狐コンと林檎の搾取に虐げられた労働者。
 林檎の異常な利益率が、彼らの過酷な労働条件で成り立っている事実は広く知られていいと思う。

<74HW+BUN0>(同上)

>狐コンと林檎の搾取に虐げられた労働者

 部品を外注しているのは、アップルだけではない。
 それより、倒産寸前のシャープのほうが「驕れるもの久しからず」にふさわしい。
 ソニーだって時価総額は1兆円もないから、ほぼ終了状態。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6758.t

<85rzhzZD0>(同上)

 アップル製品の中国依存度は部品レベルどころではないよ。
 iPhoneの刻印にはマニュファクチュアード イン チャイナ、デザインド バイ アップル イン カリフォルニアと記載されとる(朧気な記憶) 。
 実質ハードのベンダーは狐コンなんだ。
 ま、他メーカーも同じって指摘は尤も。
 但しこれからは過大な中国依存がリスクファクターなのは太田ブログ読者ならご理解いただいてると思う。
 また、ここ一年の異常な急激な株の買われ方(時価総額三倍くらいになった?)、期待を裏切る製品リリース、他メーカーが打ち出す新たなコンセプチュアルな製品群の追い上げ(ギャラクシーS3の世界的ヒットを想起せよ、個人的イチオシはスマホとタブレットの中間、いわゆるフアブレットのギャラクシーノート2を)・・などからアップルのカタストロフィーが始まるのは早ければ今年度中と私は読むけどね。
 また2012年が製造業の中国離れのメモリアルな年になるとも想像している。

<2hrg1LgK0>(同上)

 <74HW+BUN0クン、>太田ブログ的にはこっちの株価下落だろ。

 ウォール街で“ロムニー株”急落…
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/594163/

<太田>

 キミのおかげで、上記のやりとり、太田コラムに収録できる運びになったよー。

<SL+CRjCY0>(「たった一人の反乱」より)

 総理の座を天秤にかけてでも通したかった政策は谷垣氏にとって消費税増税、では、 安倍氏にとって何か?それは、「憲法改正」。
 そして、来年夏の衆参同時選挙までに野田内閣が行うのは、憲法改正を軸にした民自政策合意。
 消費税増税成立後、野田内閣がやったはの東アジアの緊張策。
 野田総理が安倍氏を自民党総裁になるようにしむけた<という>のは、考えすぎか?
 他の総裁候補にとって、総理の座を天秤にかけるような持論はない。
 ねじれ国会の野党第一党党首としては、石破氏も石原氏も不適格だったんだね。
 そして、それをわかっていたのが自民党議員。
 石破氏を支持した自民党員は単なる衆愚。

<太田>

 話はそう簡単じゃなさそうだな。↓

 「自民新総裁、安倍氏 民主政権と対決姿勢 臨時国会の紛糾必至・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/plc12092707080003-n1.htm

 ボク的には、野田首相が安倍総裁を籠絡して集団的自衛権の政府解釈変更を実現してもらいたいところだが、期待しない方がいいだろうね。
 そもそも、限定的な解釈変更ならやらない方がいいくらいだしな。
 それに、そんなことやろうとしたって、安倍がまた心労でビョーキなっちゃってポシャりそうだし・・。

<U5p874Mi0>(「たった一人の反乱」より)

 太田はまだ中共の挑発がブラフに過ぎないと思ってるの?
 尖閣に対して「核心的利益」ってフレーズを使った時点で、少しばかり勘のいい奴ならピンと来てたのに、ここまでセンスが緩いといろいろ見間違えてそうだな

<U5p874Mi0>(同上)

 「核心的利益」ってフレーズを使ってるのは新彊ウイグル・チベット、そして尖閣がここに加わったこのことの意味が全然分かってないんだな。
 米軍が空母機動部隊まで近傍に派遣したことの意味すら分かってなさそう。

<ZHiamUVB0>(同上)

 核心的利益というフレーズがブラフでない証拠plz。
 まさに核心的な典拠を貼れば信じると思いますよ。

<U5p874Mi0>(同上)

 ステニスの寄り道も知らないの?

<QnkAkOnl0>(同上)

 お・・おぅ・・。
 ヴァリャーグを改修した張り子の虎の、形ばかりの牽制球だよね。

 「・・大国のプライドを満たす象徴的役割・・」
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/lite/archives/50679181.html
 ここの住民が誰も取り上げないのは上記程度の見解は皆さん暗黙の了解で解っているからと思っていたけど。

→中共が空母を使いこなすのがどんなに大変かが書いてあるよ。↓
http://www.foreignpolicy.com/articles/2012/09/26/the_calm_before_the_storm?page=full
 この空母がらみの写真集だ。↓
http://www.foreignpolicy.com/articles/2012/09/26/an_aircraft_carrier_of_ones_own?page=full (太田)

<KNLHFiugO>(同上)

 <ZHiamUVB0クン、>横だが、ブラフになるほど軽い言葉ならもっと乱発してるでしょう。
 しかし軽々に使ってはいない。

→あのさー、ブラフってのは相手が自分の手札を読めてない場合に限って可能なの。
 中共の場合、尖閣をとる軍事能力がない(=手札がゼロ)ことを日本政府が知ってる・・少なくとも海上自衛隊と航空自衛隊は知っているハズな・・んだから、ブラフにすらなってないの。
 日本政府は、この中共当局主演の喜劇を鑑賞させられて、笑いを噛み殺しつつ、憐憫の情をもって、中共当局の行く末を心配してやっとるハズだよ。(太田)

<DLbnCwyt0>(同上)

 <U5p874Mi0クンへ。>

 「海保、巡視船50隻投入」
http://www.asahi.com/politics/update/0919/TKY201209180796.html
 「政府は公表していないが、新たに(1)空自のAWACS(2)空自の早期警戒機E2C(3)海自の画像データ収集機OP-3も尖閣周辺の上空に展開。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120921-00000088-san-pol

 習近平氏「領土や領海は平和的解決で」
http://mainichi.jp/select/news/20120922k0000m030113000c.html

 中共様の「核心的利益」も日(日米)の前では空威張りに過ぎないってことさ。

<UzcPW74V0>

 で、ステニスの寄り道をどう説明するのさ?

<DLbnCwyt0>(同上)

 知らない。海保と自衛隊だけで十分って立場だから。

<太田>

 台湾当局は、その意図せざる結果として、哀れな中共当局を追いつめとるようだね。↓

 「尖閣の台湾船放水、中国では報道規制 弱腰批判を懸念・・・」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201209260453.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201209260453

<eDTN/TQ50>(「たった一人の反乱より)

 面白いなぁ、そっくりそのまま問い返したいものだ。

 日本は良きパートナーか、腐ったリンゴか?
http://j.people.com.cn/94474/7960525.html

<DZrH4CQi0>(同上)

 こんなところにも影響が。↓

 第2期 リコー杯女流王座戦五番勝負、第一局の開催地・日程変更について
http://www.shogi.or.jp/topics/2012/09/2-16.html
変更後10月 19日 東京・将棋会館
変更前10月 20日 上海 ウェスティン外灘センター上海
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5748(2012.9.27)
<イギリスにおける7つの革命未満(その4)>

→非公開