太田述正コラム#5709(2012.9.8)
<皆さんとディスカッション(続x1658)>

<太田>(ツイッターより)

 「米ニューズウィークの竹島報道、日本に偏った見方と…ニューズウィークの韓国版のソ・ジョンヒョン編集長…」
http://news.livedoor.com/article/detail/6929357/
 呆れたねえ。朴鍾佑の行為同様、ソの発言もルール違反じゃん。
 記事にソのクレジットも入ってるから保身もあるんだろうが・・。
 韓国人が忘れちゃならないのは、記事の総括執筆者のYokota(横田)記者は、日本人かもしれないが、あくまでも、ニューズウィーク誌アジア版編集部の監修の下、米国で東アジア情勢に通じている人々のホンネに基づいてこの記事のトーンを設定したはずだ、ということだ。

<5lOESmQa0>(「たった一人の反乱」より)

 朝鮮日報にある本田に関しての記事はそもそも日刊スポーツの記事をかなり作為的に部分抽出した記事だからなぁ。
 この記事のお陰で一部ではかなり叩かれてるけど、日刊の方の記事みたら印象が全然違う。
 日刊は紙上でしか乗せてないけど、ネットでも公開してほしい。
 日刊スポーツの記事の写真がこれ。
http://livedoor.blogimg.jp/fbn_2chfootball/imgs/5/4/54a0d95b.jpg
 全文書き起こした文がこれの最初にある。
http://football-2ch.com/archives/54154110.html

<hJ0leYEN0>(同上)

 確かに印象が全然違うな。
 少なくともバカモンでは無いわ。
 朝鮮日報だし今みたいに日本と韓国の関係が悪化してる時期は、日本の英雄的人物に対してある程度の作為的な印象操作する可能性ってのも考慮して読まないといけないって事かな?

<H38aI5eP0>(同上)

 スポーツの国際大会、特にサッカーはルサンチマンを晴らすって部分があるけど、ルサンチマンを晴らすことと愛国心は違うものだと思う。韓国人はルサンチマンと愛国心をごっちゃにし過ぎ。
 少なくとも選手がダイレクトにルサンチマン晴らしちゃだめだとおも。
 収集つかなくなる。
 バブルのころロックフェラーセンター買ったの愛国心って言う日本人いないと思うし。
<qr3fot2Q0>(同上)

 本田については政治について語りすぎでしょ。
 サッカー選手なんだからサッカーについても思い、代表についての思いだけで十分。
 専門知識がないものが政治的見解をいっても噴飯ものでしかない。
 太田さんのコラムで前に村上春樹のような世界的小説家といえども政治的見解は見当違いで論評に値しないとかあったと思うけど。
 一部芸能人もツイッターで政治的意見を書き込んでるけどやめたほうがいい。
 物笑いのタネにしかならない。


<sEje8r120>(同上)

 専門家だけが意見を語るべきというのは単なる権威主義。

</LWFCCmQ0>(同上)

 「志方さんは自衛隊の防災協力態勢等について、金さんは台湾「独立」運動等について、 三宅さんは現在の日本の政治家の矮小さ等について語らせたらそれぞれ日本の第一人者なのですが、畑違いの防衛省キャリア問題について語るのはお控えになるべきです。
 それが控えられないことをもって私はこのお三方が「お年を召された」と形容しているのです。的確でしょ。」(皆さんとディスカッション(続x20) 太田)

 <sEje8r120>よ、太田さんがこう言ってるのだが?w

<太田>

 代議制民主主義というのは、有権者は、政策の良し悪しは判断できなくても、候補者の人物の良し悪しを見分けることはできる、という擬制の上に成り立ってる、というのがボクの認識。(適当な典拠ないかなあ。)

→シロウトが政策論を語るのは、TPOをわきまえる限りにおいては自由だが、聞こえても聞き流すべきだろね。

 (国、地域社会、会社、学校等、)社会には様々な観点からランクが厳然と存在しているのであって、高いランクの社会を高く評価するのはごく自然なことだが、ランクの低い社会を、自分がたまたまその社会の一員だからといって、無条件で高く評価するのは恥ずかしいことだ。
 (このことと、スポーツ鑑賞の楽しみを増進させるために、スポーツファンが、地元のチームを、そのチームが強かろうが弱かろうが、入れ込んで応援することとは、次元が全く違う話だ。)

→ナショナリズムなるものは、民主主義独裁のイデオロギーであって(コラム#省略)、その国のランク如何にかかわらず、自分が属する国(たる社会)を自慢するよう強いるものであることから、排斥されてしかるべきだろうな。

⇒本田選手の、朝鮮日報がとりあげた発言に関する限りは、やっぱバカモンとしか形容のしようがないね。

<uViXJbF20>(「たった一人の反乱」より)

 米国選手たちよ、君たちに野球をやる資格はない!〜U18世界野球2012
http://news.livedoor.com/article/detail/6932524/

 この試合、誰か見た人いるのかな?
 見てないのでないのでなんとも言えないのだが、アメリカで人気のプロスポーツはアイスホッケーとかアメフトとかバスケとかマッチョで乱闘っぽいのが多いからな。
 もちろん、ベースボールにも乱闘はある・・。

<sEje8r120>(同上)

http://blog.esuteru.com/archives/6592086.html
 なんという爽やかな笑顔。
 日本ならさすがにこうはならなさそう。

<ミュンヘン>

 コラム#5496を読みました。
 太田さん、私生活では大変だったのですね。
 そんな中で毎日コラムを執筆されていたとは知らず、太田さんの精神的なタフさ、冷静な態度に今更ながら尊敬いたします。
 そういった事情を知ると「夫のオバマはなんて果報者なんだろうね」というツイッターのつぶやきは胸にじんとくるものがありました。
 ミシェル・オバマのように夫を助ける最高の演説をする妻は、確かにあまりいないとは思いますが、当たり前のように妻が夫を助ける(その逆も)というのは努力しないとできないことなのかもしれません。

<太田>

 まぜっかえすようですが、ソクラテスの妻
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%9A
だって、良妻だったのかもしれませんよ。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 頑張れ、韓国!↓

 「・・・ 経済規模を示す国内総生産(GDP)では、韓国はいまだに日本の20%程度にすぎないが、国民の所得水準を比較する1人当たりGDPは日本の半分程度まで上昇した。・・・物価差を考慮した購買力平価ベースで韓国の1人当たり平均年収は3万5406ドルとなり、日本(3万5143ドル)を上回った<(コラム#5695)>。・・・購買力平価(PPP)基準の1人当たりGDPは、5年後に日本を追い抜くと予想されている。・・・
 <しかし、>韓国の付加価値率は36.1%で、日本(53.1%)に後れを取っている。これは同じ値段の商品を作っても、勤労者が賃金として、政府が税収として、企業が利益として受け取る金額は日本の方が多いということだ。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/08/2012090800419.html
 「・・・韓国は昨年、308億ドルの貿易黒字を計上したが、対日貿易は286億ドルの赤字だった。主力輸出製品に使われる重要素材・部品の相当部分は日本に依存しており、経済開発計画が始まってから50年間、対日貿易赤字から脱却できずにいる。技術力の差はさらに大きい。日本は2010年に特許料収入など技術貿易で158億ドルの黒字を確保した。これに対し、韓国は48億ドルの赤字だった。・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/08/2012090800413.html

 前にも書いたことあると思うけど、現在伸びてる産業は女性に向いてるものが多いんだよ。↓

 ・・・Men lost three-quarters of the 7.5 million jobs that evaporated during the 2008 recession, while of the 15 industries that are projected to grow the most over the next decade, 12 are dominated by women.・・・
http://www.latimes.com/entertainment/news/la-ca-naomi-wolf-hanna-rosin-20120909,0,1826972.story

 TPOに関係なく日常生活中にオルガスムに達するので困っている女性が世の中にいるんだね。↓
http://www.thedailybeast.com/newsweek/2012/09/02/the-endless-orgasm.html
-------------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。
 私の好きなクラシック的歌謡曲特集の11回目です。

[混声デュエット]

石原裕次郎 牧村旬子 銀座の恋の物語
http://www.youtube.com/watch?v=XPw1fN-kQfs

東京ナイト・クラブ フランク永井・松尾和子
http://www.youtube.com/watch?v=w1WEK2WCavI&feature=related
 石原裕次郎・八代亜紀
http://www.youtube.com/watch?v=uMuTdowLqPw&feature=related

二人の銀座(作曲:ベンチャーズ) 山内賢・和泉雅子
http://www.youtube.com/watch?v=fxJY7ILUiM4

いつでも夢を 橋幸夫 吉永さゆり サユリちゃんヘタクソだけど・・。
http://www.youtube.com/watch?v=i4jB3H1nj4g&feature=related

居酒屋 五木ひろし・木の実ナナ 木の実ナナはここだけの登場。
http://www.youtube.com/watch?v=HYun4sX-k0E

愛の奇跡 ヒデとロザンナ
http://www.youtube.com/watch?v=fOBvEzmEuiU&feature=related

もしかしてPARTII 小林幸子・美樹克彦(作曲も) 美樹克彦と小林幸子もここだけでの登場。小林も極端に持ち歌に恵まれてないね。
http://www.youtube.com/watch?v=Bjqfl9GSVY8&feature=fvwrel
 テレサテン
http://www.youtube.com/watch?v=ANY2sVEhbRM&feature=related

今夜は離さない 小柳ルミ子・橋幸夫
http://www.youtube.com/watch?v=lr25uw-JU70
 石川さゆり・五木ひろし こっちが本命だったが消されてたー。
http://www.youtube.com/watch?v=4WZRFidJrks&feature=related

ふたりの大阪  山川豊・中村美律子 二人ともここだけの登場。
http://www.youtube.com/watch?v=nwX6nht_RvU&feature=related

昭和枯れすゝき さくらと一郎 
http://www.youtube.com/watch?v=y0r3Chud5Fc&feature=related
 ちあきなおみ
http://www.youtube.com/watch?v=BLiR75c0c8g&feature=related

アマン 菅原洋一・シルヴィア
http://www.youtube.com/watch?v=DW_tBn40SB8&feature=fvwrel

小雨降る径(IL PLEUT SUR LA ROUTE 作曲:Himmel) 菅原洋一・冴木杏奈 
http://www.youtube.com/watch?v=UUT3c6lr6FY&feature=related
 金子由香利
http://www.youtube.com/watch?v=nZvXvb4UWPk&feature=related

灰色の瞳(作曲:Una Ramos、作詞Tito Veliz、日本語詩 加藤登紀子) 加藤登紀子・長谷川きよし
http://www.youtube.com/watch?v=6Jkhex-CYq4&feature=related
 椎名林檎・長谷川きよし
http://www.youtube.com/watch?v=qBBmp2O9VBI&feature=related
 森山良子
http://www.youtube.com/watch?v=dHlhtD6tNds&feature=related
 原曲 ケーナ:ウニャラモス(Una Ramos)
http://www.youtube.com/watch?v=RmmaIni-6dk&feature=fvwrel

愛が生まれた日 藤谷美和子・大内義昭 やはりここだけの登場の二人。
http://www.youtube.com/watch?v=V8fMrH2fwOI&feature=related

時計を見ないで みなみらんぼう(作詞作曲)・西島三重子 コラム#4843で紹介してから長らく落とされてたけど、復活アップがなされてた!
http://www.youtube.com/watch?v=Jv1e-FrR0nA

男と女のラブゲーム ジェロ・坂本冬実 二度と再現できないであろう息の合った名共演!
http://www.youtube.com/watch?v=dRbjzEm1FZU&feature=related

(続く)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5710(2012.9.8)
<インドの経済(続)(その2)>

→非公開