太田述正コラム#5500(2012.5.24)
<私の現在の事情(続)>(2012.9.8公開)

1 始めに

 転居先の物件の所有者(業者)が、仲介業者に対し、一昨日、値を下げたとたん、見せて欲しいという打診が何件も入ったと言っていたという話は聞いていたのですが、この仲介業者によると、本日、所有者たる業者より、来週月曜に予定していた「契約/私からの手付金の支払い」を土曜か日曜に前倒しできないかとの申し入れがあったというのです。
 週末にも契約したいという客がいるので、というのがその理由です。
 でも、仲介業者が、押し切ってくれました。(もとより、いざとなれば、前倒しに応じるつもりでしたが・・。)
 なお、仲介業者は、三菱地所リアルエステートです。
 それにしても、一昨日、私が契約の申し込みをする前にほかの人が申し込みを、所有者たる業者に直接やっておれば、私はこの物件を入手できないところでした。
 アブナイアブナイ。

2 引っ越し「プラン」のスケジュール

 本日、ようやく引っ越し「プラン」のスケジュールがほぼ煮詰まりました。

 26日、引っ越し業者、自宅の引っ越しの見積もりに来訪。
 27日、同じ引っ越し業者、練馬のマンションの引っ越しの見積もりに、同マンションに来訪。
 28日、仲介業者のオフィスで所有者(業者)との間で契約/手付金の支払い(於渋谷)。
 31日、正午までに自宅からの引っ越し荷物の搬出。
    正午に裁判の相手方が自宅に来訪し、荷物が搬出されているか、また、私がつけた玄関の鍵で玄関が実際に開くかどうかを確かめた上で、最寄りの銀行の支店に一緒に赴き、先方は、私の銀行口座にカネを振り込み、私は鍵を渡す。
    1300に仲介業者/司法書士と落ち合い、私は、所有者に契約残金、仲介業者に仲介手数料と登記費用を振り込み、仲介業者は私に転居先の鍵を渡す。
    1500までに転居先に赴き、玄関の鍵を開け、待機していた引っ越し業者に引っ越し荷物を転居先に搬入してもらう。
    1700〜1900に東京ガスの係員がガスが使えるようにするため、転居先に来訪。
 6月1日、午前中から午後にかけて、練馬のマンションの引っ越し荷物の搬出とこの荷物の転居先への搬入。
    夕刻、購入した電化製品の搬入(これはまだ未手配)。
 6月5日夕刻、NTTが来訪し、電話/インターネットが使えるようになる。

 31日だけは、ディスカッションと有料コラムの配信はできませんのであしからず。
 また、6月1日から6月5日までは、E-Mobileでのインターネット・アクセスはできるので、コラムの配信は通常通りできるのではないかと思いますが、保証の限りではありません。
 この点もご了解ください。

3 終わりに

 冒頭に言及したことからも、いい買い物をした、という気がしています。
 前回の私の描写から、転居先に余り良い印象をもたれなかった方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、転居先は、宿泊・調理機能付きのオフィスだと割り切っています。
 (じゃ、「本宅」はどうするんだって?
 それは聞かぬが花というものですよ。)
 オフィスにとって、日当たりなど本質的な問題ではありません。
 しかも、丘の中腹に立地しているので、北側ははるか遠くまで展望が開けています。
 制震設計になっているし、風呂はミスト機能付きで15インチのTVが入っています。
 いささか気が早いけれど、読者の方々が尋ねてこられるのをお待ちしています。
 最寄りの駅からは14分かかるし、坂もありますけどね・・。
 
4 ついでに

 電話/インターネットをNTTにしたのは、ケーブルTVでも電話/インターネットが可能なので、どうするのか迷った挙句、前者の回線が(今私が使っているフレッツ光よりも)2倍の高速になっていて、現在のケーブルTVのそれを上回っているのが魅力で前者にしたものです。
 ところで、皆さんに質問があります。
 NTTでも、追加料金を支払えば、TVも視聴することができます。
 そうされている方、私は、洋画、邦画、ディスカバリー・チャンネル、ヒストリー・チャンネル、BBC、CNNを良く見るのですが、こういったものをNTTで視聴することが、(もちろん更に追加料金がいるでしょうが、)可能なのでしょうか、可能だとして、単にケーブルTVをひいた場合に比べて割高になるのでしょうか。
 自分で調べろとお叱りを受けるかもしれませんが、調査に割ける時間がないものですから・・。
 (明日のディスカッションでも書くつもりでいます。)
-------------------------------------------------------------------------------

→結果的に方針転換して、TV/電話/インターネットはケーブルTVで一括対処することにしました。(2012.9.8記)