太田述正コラム#5496(2012.5.22)
<私の現在の事情>(2012.9.6公開)

1 始めに

 本来のコラムを書く時間がとれないこともあり、私がどうしてそういう状況に陥っているのかを説明しておきたいと思います。
 4月25日の1315に私の離婚裁判の控訴審判決があり、当事者双方が上告しなかったために、5月14日にこの判決が確定しました。
 すなわち、私は、5月14日に離婚したことになります。
 (コラム#4714で、原審判決が出た時点で離婚が成立した、と書いたのは誤りであり、どうしてそんな誤りを犯したかは、コラム#5251(永久非公開)で説明したところです。)

 高裁判決の内容は、親権は相手方に、財産分与はほぼ半々に、というものでした。ただし、私が現在占有し居住している自宅は明け渡さなければなりません。
 「私が和解の過程で提案して相手方に拒否され、受命裁判官にも採用されなかったライン・・判決に「翻訳」した場合にどうなるかは若干悩ましい・・を高裁判決がクリアすれば、それで私は、・・・「それなりに」ハッピーに引き下がります。」(コラム#5252。永久非公開)を、この高裁判決が本当にクリアしていたのか、という点については、また改めてご説明するつもりでいます。

2 私の現在の事情

 さて、現在どうして私が忙しくしているかというと、判決確定に伴い、判決の履行をしなければならないからです。
 簡単に申し上げると、相手方が私にカネを払い、私が自宅を出る(明け渡す)、そのためには私は転居先を見つけ、そこを買って引っ越しをしなければならない、というわけです。
 しかし、相手方が私にカネを払い、それと同時に私が自宅を出るためには、自宅内から私がもちだす引っ越し荷物が既に自宅から運ばれていなければなりません。
 この荷物は暫定的にトランクルームに預けるか、私の占有下にあり、判決で私に帰属することになったマンション・・書籍やセミ・グランドピアノ等で満杯状態・・に暫定的に運び入れるか、ということになり、手間も費用もかかってしまいます。
 そこで、裁判の相手方に対し、先にカネを払ってもらって、私が引っ越しをしてから私が自宅を出る、という提案をしたのですが、拒否されてしまいました。
 しかも、5月末日までに履行せよ、さもなければ強制執行手続きに入る、と言われてしまいました。

 何はともあれ、引っ越し先の物件を決めなければなりません。
 マンションは建物が減価すると長期的にはほとんど無価値になってしまうので、一戸建てを探すことにしました。
 最初は中古物件を探したのですが、中古物件は所有者がまだ住んでいるケースも少なくないので、その場合にはすぐに入居ができませんし、そもそも、内部が汚れていることが気になります。(現在の自宅だって同じなのですが・・。)
 太田区の現在の自宅周辺を探すのは諦めて、(物件が格段に安くなる)川崎にまで手を伸ばしてみるかと思い始めていたのですが、比較的最初に見せてもらっていた、大田区内の新築物件が気になってきました。
 最寄りの駅まで14分かかるし、南北に細長いつくりで、南は擁壁で遮られており、東には隣家が迫り、西は空き地になっているけれど早晩家が建つであろうことから、結局道に面しているところの北だけが残るのですが、これでは日照の点で不満がありますし、おまけに面している道は私道・・ただし、恒久的に使えることになっている・・と来ています。
 その代わり、何重かのワケあり物件であることから、割安感が相当あります。
 短期間でしたが、これまで引っ越し先を色々検討し、現物も若干見せてもらって知ったのは、昨年の3.11大震災以来、耐震性において難のある物件を中心に、不動産の値崩れが続いている、換言すれば、長期にわたって売れていない物件が多い、ということです。
 この新築物件も、3月に完成してから2カ月経ったのにまだ売れていませんでした。
 そこで、仲介業者に売主たる業者と交渉してもらったところ、当方の提示額よりちょっぴり高い額まで下げたところでした。(売主たる業者も不動産業者であり、自らも販売しており、私の依頼した仲介業者が最新情報を与えられていない場合もあるということです。)
 結局、当方の提示額で売買価格は決定しました。

 そこで、現在、5月31日の午前中に引っ越し業者に荷物を運び出してもらった上で待機してもらい、午後一番で裁判の相手方の代理人からカネを受け取って自宅を明け渡し、その直後に引っ越し先の所有者との間で売買契約を締結し、更にその上で、引っ越し業者にその日のうちに引っ越し先に荷物を運び入れてもらう・・この引っ越し業者に待機料金を上乗せされるのはやむをえない・・という綱渡り的なプランを実現すべく、各方面と調整中です。
 (実は、更に複雑な事情があるのですが、余りにも煩雑になるので書くのは止めました。)
 なお、この引っ越し先には、上出のマンションにある書籍やグランドピアノ等も移そうと思っています。(その上で、このマンションを売りに出そうというわけです。)
 そうなれば、インターネットだけでなく書籍類も活用しつつコラム執筆ができる環境を整えたいとかねてより願っていたところの、私の「夢」が実現することになります。

 果たしてこのプランがうまくいくか、お立合いってところです。
 結果は、改めてご報告させていただきます。