太田述正コラム#5468(2012.5.8)
<ナチスドイツ降伏直後の欧州(その2)>(2012.8.23公開)

 (2)ドイツへの復讐

 「・・・推定で1100万人のドイツ人が容赦なくポーランドとチョコの領域内から1945〜49年の間に追い出された。
 彼らの多くはドイツの英国占領区域に到着したが、<過去に係る>痛みと<将来に係る>虫の知らせの<二つの>気持ちに引き裂かれつつ、彼らは新しい人生を開始しようとした。・・・」(C)

 「・・・ドイツ降伏直後の何日間ないし何週間かにおける女性に対する攻撃の規模、とりわけ、連合国の兵士達によるドイツ人の女性に対するそれの規模は空前だった、とロウは主張する。
 彼は、マリー・ナウマン(Marie Naumann)の証言をとりあげる。
 彼女は、当時ポメラニア出身の若い主婦だった。
 ソ連の兵士達の一群に強姦された後、彼女の夫と子供達が絞殺されるのを目撃させられ、次いで、戦後、解放者と見られていたところの攻撃者達を<彼女が>非難したことに対し、ポーランド人の一般市民達に殴打された。
 逃げ出した後、再び一人のロシア人将校と最終的に更に4人の兵士に強姦された。
 その後更に2人が彼女のところにやってきたが、その時点では、「私はほとんど死んでいた」と彼女は語る。・・・」(A)

 「・・・東プロイセンの、グロス・ヘイデクルグ(Gross Heydekrug)と呼ばれた場所では、「現地の教会の祭壇の十字架に一人の女性が磔にされ、その両脇にドイツ人兵士達が同様の姿で絞首されてぶらさげられた」・・・」(F)

 「・・・<興味深いことに、ドイツ占領下の>デンマークでは、女性達の間で、侵攻してきたドイツ人男性達を自分の国の男性達より好む者が51%にのぼった、という戦時世論調査結果がある。・・・」(E)

→戦争末期から戦後にかけてドイツ人女性がかくも大量かつ執拗に凌辱されたのは、このエピソードに象徴されるところの、戦時中の・・いや、恐らく戦争前からの・・、ドイツ人に対する欧州の他民族の人々のコンプレックスの裏返しなのでしょうね。(太田)

 「・・・ある英国人将校が、赤軍の兵士が、その時計と鎖を盗むために老人のドイツ人男性を刺すのを目撃した。
 彼がこのロシア人をソ連の司令官達に引き渡すと、彼らは証拠に一瞥をくれた。
 「君はこの男がドイツ人を殺したと言うのかい?」と彼らは微笑むと、この下手人にキスをし、彼の外套に赤星を装着した上で放免した。・・・」(B)

 「・・・米軍の諸部隊は、何万人ものドイツ人兵士達を急いで設けた収容所群に入れたが、そこは実のところ吹き晒しで建物も便所もなく、無数の者が亡くなった。
 ロウによれば、フランスの収容所では24,000人のドイツ人兵士が亡くなった。・・・」(F)

 (3)ユダヤ人の受難

 「・・・ドイツの修正主義歴史家達・・その中で最も著名なのはエルンスト・ノルテ(Ernst Nolte)<(注3)>だが・・とは違って、ロウは、ヒットラーのユダヤ人絶滅と、それより昔のスターリン主義者達による富農(kulaks)の絶滅とを道徳的に同値とするような主張には与しない。

 (注3)1923年〜。ドイツの歴史家・哲学者。フライブルグ大でハイデッガーに師事。ベルリン自由大学の現代史名誉教授。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ernst_Nolte
 この英語ウィキペディアは長文だが、日本語ウィキペディアは存在すらしていない。
 この英語ウィキペディアを興味ある方はぜひ読んで欲しい。
 私は、スターリン主義とナチズムを等値とするノルテの結論・・ドイツ以外では総スカンを食らっている・・には賛成だが、その結論に至る方法論には強い違和感を覚える。

 遺体とその灰を工業的に活用したなどという話は、ヒットラー的汚名(infamy)における、他に例を見ない話だ。・・・
 ドイツの下でユダヤ人達があれほどの苦しみを味わされたというのに、欧州の多くの地域で反ユダヤ主義は、戦後<むしろ>増大した。
 ハンガリーとポーランドのいくつかの場所では、ユダヤ人をなぶり者にする人々によって、<第二次世界大戦という>紛争によって故郷を失った人々<たるユダヤ人>が、迫害され、時には全滅されられたのだ。・・・」(C)

 「・・・ロウは、ホロコーストから生き残ったユダヤ人達をして、イスラエルや米国に渡らざるを得ないという気にさせたのは、ホロコーストそれ自体によるというよりも、ポーランドやハンガリーのような場所における反ユダヤ主義の持続による、と指摘する。・・・」(D)

→ドイツ人だけでなく、(外延のロシア人等を含む)欧州の人々一般が心の中に闇を抱えている、と受け止めるべきでしょうね。(太田)

(続く)