太田述正コラム#5665(2012.8.17)
<皆さんとディスカッション(続x1636)>

<bVrAy5PQ0>(「たった一人の反乱」より)

≫太田さんを日本基準で分類するのは無理だよ。≪(コラム#5663。erry43o90)

 太田さんを擁護したいキミの気持ちは分からんでもないが、キミが例に挙げているのは政策課題にすぎない。
 保守(右翼)の中にも核武装の賛成派・反対派がいるし、男女平等の賛成派・反対派もいる。
 市場への大幅な政治介入の是認派もいれば、ほどほどに派もいる。保守は幅広い。
 これらは個々の政策問題だから、政治思想の根幹を規定する保守か左翼かには関わりがない。
 旧陸軍の評価は歴史認識の問題。保守の中にも擁護派と批判派がいる。海軍も同様。
 それらに対してボクが挙げたのは、政治体制の根幹をどう決めるかという問題で、保守で天皇制反対はいないし、左翼で共和制反対はいない。
 これが日本における政治思想の軸になっている。「日本を英国の高みにまで引き上げる」などという寝言で逃げを打つ問題ではない。
 チャーチルは「高み」にいたの?

<5hOhWwvpi>(同上)

 何が言いたいのかさっぱり分からん。

<xpO0vHQc0>(同上)

 俺も<bVrAy5PQ0クンが>何が言いたいのかわからん。
 それに保守=右翼というのは違うんでないの?
 一般に日本における右翼というものは、日米同盟にも反対だし、基地にも反対だと思う。
 これに、天皇制反対と非武装中立を付け加えれば左翼になるのが日本だと思う。

<bVrAy5PQ0>(同上)

 <両クンとも>レベル低すぎ。
 政治思想において「保守vsリベラル」を「右翼vs左翼」と表現することもあることを知らないのかねぇ。
 また、右翼って街宣右翼ばかりじゃないよ。思想右翼(団体)もいる。
 「日本における右翼というものは、日米同盟にも反対だし、基地にも反対だ」もはなはだ認識不足。
 日米同盟に賛成の右翼もいるし、基地に賛成の右翼もいる。キミら、知る世界が狭すぎる。
 また左翼は「非武装中立」だと思い込んでいるようだが、武装を主張する左翼もいる。
 尖閣問題では、左翼の共産党は日本領と主張するが、同じ左翼の中核派などは中国領と主張している。
 このように、個々の政策課題では、左右両陣営ともに入り乱れている。
 その中で、政治思想として左右両者を截然と分かつ根本的な基準(軸)は、立憲君主制を認めるか否かだ、と言っているのさ。この説明で分からなきゃ、ここでは・・・(自粛)

<erry43o90>(同上)

 <bVrAy5PQ0クン、>もう一回言うね。太田さんを日本基準で分類するのは止めといたほうがいい。
 実際、あなたは、太田さんが改憲論者ではないことを忘れて、「左翼」という言葉だけをとらえて天皇制議論を始めてしまってるでしょ?
 わかってもわからなくても「太田さんはアングロサクソン世界で言うリベラル」として一旦飲み込んどいて。

<FnLFtRq00>(同上)

≫保守か左翼かを日本で分けるとしたら、保守=立憲君主制保持、左翼=共和制志向(やがて天皇制廃止)でしょう。≪(コラム#5663。bVrAy5PQ0(=bVrAy5PQ0か(太田)))

 共産党ですら、君主制廃止の看板を下ろしたんだから、ほとんど意味のない分類じゃないかな。

 「天皇の制度は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべきものである。」
http://www.jcp.or.jp/jcp/Koryo/index.html

>政治体制の根幹をどう決めるかという問題<(bVrAy5PQ0)

 属国志向かそうでないかで分類するのがいいんじゃない。

<mNyFRq4m0>(同上)

 <bVrAy5PQ0クン、>わかったよ。それなら天皇制を容認する太田さんは保守、下手をすれば右翼ということでOKなんだな(笑)。
 それにしても、おかしいじゃないか、移民政策を肯定したり、理不尽なふるまいをする韓国にやたらと同情したりする保守主義者または右翼。
 日本の世間一般ではそんな人を、リベラルまたは左翼と呼ぶはずだと思うのだが。
 太田さんは明らかに日本基準からはみ出ているように思えるぞ。

<I+OhZpzd0>

 <bVrAy5PQ0クン、>横から失礼。

 『左翼(さよく、英:left-wing, leftist, the Left)または左派(さは)とは、政治においては通常、「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」を指すとされる。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/左翼

 この一文だけで反市場原理主義者≒左翼が飲み込めないかな。
 君こそ独自解釈が過ぎるのじゃないかな?

<太田>

 この種の範疇論的議論は面白いけど、保守/右翼かリベラル/左翼かなんて、私についてはもとよりだけど、そもそも、現在の日本じゃどうでもいいと思うけどねえ。

 それはともかく、bVrAy5PQ0クン、ちょっと茶々を入れさせてもらうよ。

 「NHKが2009年・・・に行った世論調査では、「天皇は現在と同じく象徴でよい」が82%、「天皇制は廃止する」が8%、「天皇に政治的権限を与える」が6%となっている」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%88%B6
 ちゅうことは、キミの定義に従えば、現在の日本じゃ、保守/右翼が88%、中道が4%、リベラル/左翼が8%ということになるぞ。
 日本人は保守ばかりってことかい?

 一方、キミ、「みんなの党」は市場原理主義政党だって知らなかった?↓

 「みんなの党<は、>・・・「小さな政府」路線を政策の基本とし・・・国家公務員数の削減・給与カット、天下りの全面禁止、規制緩和による競争促進、公営事業の民営化による「脱官僚」・・・などの政策を掲げている。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%85%9A
 この党が「2010年2月の・・・世論調査では公明党の5%を上回る6%を獲得、支持率だけでは「野党第2党」となった。」り、「2011年大阪府知事選挙、2011年大阪市長選挙に、勝手連として組織を挙げて大阪維新の会の応援をし、渡辺代表も5回に渡り応援に駆けつけ松井一郎が大阪府知事選挙に、橋下徹が大阪市長選挙に、それぞれ当選をした。その後、大阪維新の会の教育基本条例案に関連した、質問主意書を渡辺代表が提出し、大阪都に関連した地方自治法の改正案を、大阪維新の会と共同で作成するなど連携を深めている。また、茨木市議会では統一会派(維新の会・みんなの茨木)を組んでいる。茨木市長選挙に向けて、維新の会とみんなの党の統一候補擁立を目指してい<て、>・・・社会民主主義派からは、・・・「小泉・竹中路線の継承」や「新自由主義への回帰」と非難されている」(ウィキペディア上掲)こと、及び、「<最新の>世論調査では、次期衆院比例選の投票先で、維新は自民の21%に次ぐ16%、民主党は11%だった」(コラム#5661)ことからすれば、市場原理主義、すなわち、私の言う・・冗談半分だが・・ところの、保守を支持する日本人は、現在、かなり多いってことになるな。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 李明博大統領、立志伝的な半生を送り、また、何度も司直の手を煩わせたもんだが、経営者として成功した人物
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%98%8E%E5%8D%9A
としては余り聞かないけれど、彼、もともと実は隠れ双極性障害患者で、今回、たまたま種々のストレスが引き金となって、ど派手な躁状態を曝け出したちゃったんじゃないか、という気がしてきた。
 仮にそうだとすれば、この点が共通するだけだが、フルシチョフ、チャーチル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E6%A5%B5%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3
と肩を並べる国家元首級政治家になった、いうことになるな。↓

 「・・・生粋の親日派である李明博大統領が反日の作法を破った・・・」
http://blogos.com/article/45114/

 だって、彼による一連の言動、きちんと事前につめてたとは思えないもんね。↓

 「・・・政府が今年秋の国連総会で行われる安全保障理事会の非常任理事国の改選で、立候補を表明している韓国を支持しない方向で検討に入った・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120817/plc12081707050006-n1.htm
 「陛下、訪問したがっている…李大統領発言を訂正・・・」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120815-00000949-yom-int

 なお、韓国内の反応もこんなカンジ。↓
http://news.livedoor.com/article/detail/6861303/

 これはよい指摘だねえ。↓

 「・・・1965年、日韓国交正常化の際に、竹島問題は最後まで懸案として残った。
「両国間の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとし、これにより解決できなかった場合には、両国政府が合意する手続きに従い、調停によって解決を図るものとする」という内容の外相同士の「紛争解決に関する交換公文」を確認し、両国の主張の違いを事実上、認め合って国交正常化に踏み切った。・・・
 国際司法裁判所への提訴<を>65年の交換公文に基づく形で堂々と行うべきだ・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120817/plc12081703040003-n1.htm

 中共中央の走狗たる香港当局及び香港の実業家達は天に唾するものだ。
 前にも言ったように、香港の民主化は中共体制下では金輪際実現しないだろう。↓

 「香港の活動家ら14人が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)に上陸して逮捕された<件だが、>・・・活動家が所属する香港の民間団体「保釣(尖閣防衛)行動委員会」は香港の親中派実業家らが支援。中国本土や台湾など中華圏の「保釣」団体と、活動で共同歩調を取るなど連携を深めている。民間の活動を利用して日本をけん制したい中国当局の思惑も垣間見える。・・・
 8年ぶりに達成した尖閣上陸だったが、香港市民の関心は今ひとつだ。「保釣」運動に参加して40年のトーマス・ヤンさん(64)は「寄付の集まり具合は以前と変わりがなく、低調だ。若者が運動に関心を寄せることは期待できない」と嘆く。」
http://mainichi.jp/select/news/20120817k0000m030102000c.html

 今頃記事にするのかよと言いたいが、改めて野田首相に敬意を表したい。↓

 「原子力の利用を平和目的に限定し、「原子力の憲法」とも言われる原子力基本法が6月に改定され、「我が国の安全保障に資する」という新たな目的が盛り込まれた。平和目的と矛盾し、核兵器開発を防ぐ法的な「たが」がゆるんだとの解釈も可能だ。日本の核武装を警戒する海外に、波紋が広がっている。 ・・・」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201208160536.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201208160536

 こいつは面白い。↓

 「・・・カナダに留学し数学と生命科学を学んでいた女子大生が、多くの出会いと幸運、そして猛烈な努力によって、世界一の大学で・・・日本史<の>・・・人気教師に登り詰める・・・」
http://book.asahi.com/reviews/column/2012081200004.html?ref=book

政治ブログランキング 政治ブログ村ランキング コメント→安全保障の掲示板