太田述正コラム#5657(2012.8.13)
<皆さんとディスカッション(続x1632)>

<太田>(ツイッターより)

 倫敦五輪でメダル数がダントツの1位だった国は?→エリザベス女王を元首とする拡大英国で131個(内金44)だ。
 主な英豪加ニュージーランドのほか、バハマとグラナダが計2個(全部金)をとっている。
 人口総計で日本と同じくらいの「国」だが、対する日本のメダル数はわずか38個(内金7)だけ。

<太田>

 データは下掲↓からとった。
http://www.bbc.co.uk/sport/olympics/2012/medals/countries

 米国がメダル数で一位の座を奪回した・・前回は北京大会で中共が一位だった。やっぱ、アウェーは絶対的に不利なのね・・と威張っているが、米国は、拡大英国に比べて人口が3倍もあるので大した成績じゃない。
 (米国のメダル数(104)は日本(38)の3倍弱、と言えばより分かり易いかな。要するに米国と日本のスポーツ・パーフォーマンスは同じくらいだってことだ。)↓

 The Olympics are over・・・and the United States led all nations in medals with 104, 17 more than second-place China. ・・・
http://www.slate.com/blogs/five_ring_circus/2012/08/12/_2012_olympics_medal_count_why_did_the_usa_win_more_medals_than_any_other_country_.html

 他方、無茶苦茶に振るわない国もある。
 全般的に暑い地方は(GDPのことを考えるまでもなく)ダメだよね。
 例えば、インドなんて、同国としてはこれまで最も多くのメダルをとったというのだが、わずか6個だ。
 (人口でそう変わらない中共の87個と比べてごらん。)
 かわいそうに、最終日にレスリングで米満に敗けたインドのクマールは、同国にとって二度目の金メダル獲得まで後一歩だったんだぜ。↓

 ・・・Kumar ended with silver, becoming the first Indian to win a medal in consecutive Olympics (he won bronze in Beijing 2008.) The 29-year-old will return to India a hero, but there will be disappointment that the gold slipped from his grasp. It would have been only the second individual gold for India in over 90 years of participation at the Olympics.
 India has won a record six medals at the London Olympics. In addition to Kumar’s silver, Vijay Kumar also won silver in the 25-meter rapid fire pistol event, while shooter Gagan Narang, badminton star Saina Nehwal, wrestler Yogeshwar Dutt, and M.C. Mary Kom all won bronze.
http://blogs.wsj.com/indiarealtime/2012/08/12/sushil-kumar-wins-silver-for-india/?mod=WSJBlog&mod=irt


<ua5eHf3VO>(「たった一人の反乱」より)

≫・・・いつごろになったら、韓国が反日をやめるのだろう? ≪(コラム#5655。O8ZaX07g0)

 それは日本人の態度次第。日本人が本気で怒るかどうかで韓国なんてどうにでもなる。
<gpEJuZnL0>(同上)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120812-00000520-san-soci

 精神障害者を社会秩序のために刑務所に長くぶち込んでおくことは人間主義的といえるのだろうか。

<太田>

 アスペルガー症候群患者というのは、要するに人間主義的に行動することが精神疾患がゆえに不可能な人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4#.E3.82.A2.E3.82.B9.E3.83.9A.E3.83.AB.E3.82.AC.E3.83.BC.E7.97.87.E5.80.99.E7.BE.A4.E3.81.A8.E7.8A.AF.E7.BD.AA
であり、治療方法がこのウィキペディアに言及されていないことからも、殺人を犯したような人で責任能力が認められたような場合は、社会防衛の観点から、当人をできるだけ「刑務所に長くぶち込んでおく」しかないんじゃないかねえ。

<qmkXy3oyi>(「たった一人の反乱」より)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00229384.html

 もはや自民党の利権禁断症状は末期なんでしょうねw。
 こんな連中はとっとと駆逐されてほしい。

<太田>

 もうちょっと踏み込んで欲しかったな。
 自民党の連中は「利権禁断症状」に陥ってるわけだけど、利権を復活維持するためには政権を奪回するだけじゃダメなんで政府にカネがない現状を何とかしなければならない。
 そのカネは消費税増税によって確保するほかないが、自民党単独でそんなことをすれば、肝心の政権奪回ができなくなるんで、他党、とりわけ政権党である民主党を抱き込まなければならない。
 こうして、連中は、民主党を抱き込むことで、ついにカネの工面をする目途がたったわけだ。
 そこで、今度は、あらゆる手を使って総選挙を野田政権に実施させようとしている。
 とまあ、こういうことだよな。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 実に親日的な記事であるな。↓

 「ロンドン五輪:韓国代表支える日本人コーチ=サッカー・・・」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/09/2012080901166.html?ent_rank_news

 いよいよ、イスラエルによる対イラン攻撃近し!↓

 The threat from Iran dwarfs all other challenges the Jewish state faces, Israel’s prime minister declared Sunday, as high-level hints of a possible Israeli attack on Iran’s suspect nuclear program mounted.・・・
http://www.washingtonpost.com/world/middle_east/amid-mounting-attack-talk-israels-pm-says-threat-from-iran-dwarfs-all-others/2012/08/12/c4c3e5fe-e470-11e1-9739-eef99c5fb285_print.html
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5658(2012.8.13)
<欧米帝国主義論再考(その5)>

→非公開