太田述正コラム#5597(2012.7.14)
<皆さんとディスカッション(続x1602)>

<太田>(ツイッターより)

 マグル・クイディッチ(『ハリー・ポッター』参照)の試合風景だ。
http://edition.cnn.com/video/?hpt=hp_c3#/video/sports/2012/07/13/quidditch-as-a-sport.cnn
 米国から始まり、世界に普及しつつあるのに、日本ではまだみたいね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81

<ChAZkgRS0>(「たった一人の反乱」より)

 <昨日のディスカッションで>腐敗のレベルは圧倒的に 中共>韓国 ということはよくわかりました。
 私の知り合いのサラリーマンが、去年、中国出張に行った時、なぜかパトカーに先導されたそうです。
 どうやら、提携先の中国企業が役所に依頼したようで、賄賂は日常的なのだとか。
 中国の将来についてはとても楽観的になれないそうです。 

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 これをもって集団的自衛権行使禁止の政府憲法解釈変更を促すのは、産経サン、おかしいんでねーの?
 だって、在日米軍基地の防衛は米国の防衛だろうし、米軍基地がないフィリピン沖にさえ米イージス艦は展開したんでしょ。↓

 「・・・米政府は発射前の協議で日本側に「ミサイルを迎撃するのは米国の防衛目的に限る」との対処方針も通告してきていた。
 米イージス艦の配置は黄海=1隻▽日本海=2隻▽鹿児島県沖=1隻▽太平洋=1隻▽フィリピン沖=2隻−の計7隻。海上自衛隊はイージス艦を沖縄周辺に2隻、日本海に1隻展開させた。・・・
 黄海以外に配置された米イージス艦の任務は、日本海と太平洋の3隻がミサイルが米本土に、鹿児島沖の1隻はグアムに向かう際の迎撃に備えていた。フィリピン沖はミサイルの予測飛行ルートにあり、ブースターの2段目などが落下する恐れがあった。」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120714/plc12071408200010-n1.htm
 「・・・「米国防衛」に限り迎撃するとの対処方針は、日本防衛を目的にした迎撃の見送りを意味する。ミサイル発射から3カ月たち集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈変更が急務であることが浮き彫りになった。・・・
 米側は今回、予測飛行ルートに近い米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に落下するケースを除けば、日本に落下するミサイルを迎撃しないと通告してきたに等しい。」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120714/plc12071408110009-n1.htm

 もっとも、東京新聞はもっとひどいが・・。↓

 「集団的自衛権 解釈変更は認められぬ・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012071402000126.html

 ついでに公安委員会制度も廃止すべきだろうな。↓

 「・・・題発覚後、記者会見に応じているのは、常勤の教育委員である澤村憲次・市教育長を除けば市教委の事務方ばかり。市教委を代表する教育委員長や教育委員が姿を見せない・・」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120713/waf12071320420022-n1.htm

 日本の主要メディアにありがちのことだが、実に、5日遅れの後追い記事(コラム#5587)だねえ。↓

 「ユダヤ人元上官の保護指示 ヒトラー、文書見つかる・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012071401001086.html

 スティーグリッツ、クルーグマン、サンデルらが現在の米国における裸の資本主義批判の旗手達なんだね。
 スティーグリッツは、非対称的情報(asymmetric information)・・この概念で彼はノーベル経済学賞を受賞・・を活用してしこたま儲ける、「一流」弁護士や独占企業家等のレント・シーカー(rent seaker)達・・を激しく批判する。↓

 ・・・Stiglitz is one of a growing band of academics and economists, among them Paul Krugman, Michael J Sandel and Raghuram Rajan, who are trying to inject morality back into capitalism. He argues that we are reaching a level of inequality that is "intolerable". Rent-seekers include top-flight lawyers, monopolists (Stiglitz refers to the illusion of competition: the US has hundreds of banks but the big four share half of the whole sector), financiers and many of those supposed to be regulating the system, but who have been seduced and neutered by lobbyists and their own avarice.・・・
 <要するに、スティーグリッツは人間主義を推奨しとるのよね。↓>
 Stiglitz writes: "Paying attention to everyone else's self-interest -- in other words to the common welfare -- is in fact a precondition for one's own ultimate wellbeing… it isn't just good for the soul; it's good for business."・・・
http://www.guardian.co.uk/books/2012/jul/13/price-inequality-joseph-stiglitz-review

 遅ればせながら、米国チームの中共製のオリンピック開会式用ウェアをめぐる騒動についてだ。↓

 Debate rages in Congress, public over U.S. Olympic uniforms being made in China・・・
 <米国人の衣料の98%は外国製。↓>
  98 percent of clothing sold in the United States is manufactured overseas. ・・・
 <低価格品はアジアで高価格品は欧州でつくられる。↓>
  Many publicly traded Americana brands -- Ralph Lauren, Donna Karan and Michael Kors -- have long manufactured their lower-priced diffusion lines in Asia and high-priced lines in Europe.・・・
 <そもそも、同チームがスポンサー企業から提供されるものはほとんど全部外国製。↓>
 Congress has not yet suggested burning Spalding basketballs, Adidas leotards, Nike shoes or the Acer computers that the Olympic Committee will be using courtesy of their sponsors, all of whose products are manufactured abroad.・・・
http://www.washingtonpost.com/lifestyle/style/debate-rages-in-congress-public-over-us-olympic-uniforms-being-made-in-china/2012/07/13/gJQA74VriW_story.html?hpid=z1

 この、先の大戦の時にポーランド軍と行動を共にし、ついに正式にその一員となり、最後はスコットランドとポーランドの友好に貢献した熊の感動の話、英語のできる人、絶対読むべきだよ。↓

 ・・・ During World War II, an orphaned brown bear went from being a cuddly pet to an officially enlisted soldier in the Polish army, and reportedly saw fierce combat in Italy. Decades after the war and his death, "Wojtek" continues to be honored.・・・
http://www.spiegel.de/international/zeitgeist/wojtek-the-bear-that-joined-the-polish-army-and-fought-the-nazis-a-844056.html
-------------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。

 私の好きなクラシック的歌謡曲特集の7回目です。

月見草 岩崎宏美 彼女は、幸せなことに、持ち歌に比較的恵まれている。(ただし、持ち歌の「思秋期」は坂本冬美の方がウマイ!) この歌が彼女のイチバン。
http://www.youtube.com/watch?v=8a-nkBQUX8U
聖母たちのララバイ ちょいと重ったいカンジの歌だが・・。
http://www.youtube.com/watch?v=qqxGigSW62I
シンデレラ・ハネムーン
http://www.youtube.com/watch?v=d9R6WpNUwnI&feature=related
すみれ色の涙
http://www.youtube.com/watch?v=RsoZN2kFpFM&feature=related

雨だれ 太田裕美
http://www.youtube.com/watch?v=PgAbrUIzIHQ&feature=related
九月の雨 「rain」の発音が「lain」に近く、気になってしょうがない。
http://www.youtube.com/watch?v=jy11c5wDpN0

この空を飛べたら(作詞作曲中島みゆき) 研ナオコ これも消されてる!
http://www.youtube.com/watch?v=_D2YPYiB_8s&feature=related
 中島みゆき 彼女自身の映像付き歌唱のいいものがすべて削除されていたので研ナオコのにしようと思ったのに・・。
http://www.youtube.com/watch?v=snVo0sGFcd0&feature=related
ひとりぽっちで踊らせて(同上) 
http://www.youtube.com/watch?v=tgWm34oj9E8&feature=related
あばよ(同上)
http://www.youtube.com/watch?v=cA1mQUG7oIw&feature=related
窓ガラス(同上)
http://www.youtube.com/watch?v=UIWJhrkRatM&feature=related
夏をあきらめて(←桑田佳佑(作詞作曲))
http://www.youtube.com/watch?v=yDJli6jqUUQ&feature=related
 坂本冬美
http://www.youtube.com/watch?v=sOlrDSRtR8w&feature=related

(続く)