太田述正コラム#5560(2012.6.26)
<皆さんとディスカッション(続x1586)>

<HXnoDIOH0>(「たった一人の反乱」より)

 民主党が終わってる一例。

 住民税に対する阿鼻叫喚であふれるTL
http://togetter.com/li/326996

<HviZ2nZ80>(同上)

 誤謬論
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~shimizu/medieval/j/logic/fallac.html

 意外と知らない人が多そうなので、置いときますね。

<太田>

 こういう本文抜きの「典拠」だけのってもいかがなものか。

<KkFfkAIs0>(「たった一人の反乱」より)

≫<qMXCpi7L0>(同上)
 じゃ原発推進党の自民党かよ。それこそ東電の犬だろ。もっとも、野田も官僚と経団連と電力会社の犬だが。
<太田>
 典拠付けようね。≪(コラム#5558。太田)

 ただのジョークなんだからソースはつけませんよ。
 2chでも小姑趣味だから好かれないんでしょ。
 客に小言を言うのはやめましょう。

 もっとも、書き込みに叱咤する師範キャラならいいんだけど。
 太田さん、キャラ設定もできないからね。
 この意味すら理解できないかな。
 有料ブログやってるのに。

<太田>

 あれがジョーク?
 それこそジョークか。

<i8K+juLB0>(「たった一人の反乱」)

≫江戸時代は悲惨な時代なのかねぇ、少なくとも、時代劇のイメージとは違う。≪(コラム#5558。M3Axsui20)

 江戸時代って 260 年あったんだから、真面目に考えると「こうである」と断定は出来ないんじゃない?
 今の日本だって敗戦から 100 年も経ってないけど、色々あったし、同じ国とは思えないくらい変わったよ。
 ましてや 260 年。
 いい事も悪い事も、大抵の事は起きても不思議ではない時間だと思うけどね。

 今普通に暮らしている人だって、数百年後の人から見れば、数百年後のスラムに暮らしている人と大差ない衛生環境かもしれないよ。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 ヒットラーが狂ってたのはロシアを攻撃したことではなく、日本の真珠湾攻撃後に米国に宣戦布告したことであり、そうしてなければ、ロシアを征服できていただろうってのはその通りかもしれないが、米独戦争が勃発することに賭けて日本に対米攻撃をさせたチャーチルの狂人度はヒットラーの比じゃないってことだ。↓

 ・・・Hitler wasn't insane to attack Russia, in Robert's cold reckoning, just insane to allow America into the war. He could have conquered Russia, Roberts calculates, as long as the United States remained on the sidelines. ・・・
http://www.atimes.com/atimes/Global_Economy/NF26Dj02.html

 シリアが撃墜したトルコのF-4戦闘機(武装していなかったとトルコは主張)の乗員の捜索救難を行っていたトルコ軍機に対しても、シリアは攻撃を仕掛けたとトルコが主張。↓
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jun/25/syria-shooting-second-turkish-plane-claim

 トルコ戦闘機撃墜事件はトルコによる挑発と前回書いたが、このことをはっきりとこの記事が書いている。↓

 <トルコは、サウディアラビアとカタールがカネを出した武器が(トルコ経由で)シリアの叛徒にわたるのを黙認+叛徒指導部はトルコのイスタンブールで定期的に会合+シリア軍の上級将校がこの数カ月、何百人もトルコに亡命+現在約31,000人のシリア人難民がトルコに在留=事実上宣戦抜きの戦争がトルコとシリアの間で既に戦われている。↓>
 ・・・The plane shooting came just days after American news reports emerged of Ankara turning a blind eye to arms shipments, allegedly Saudi- and Qatari-funded, being made to Syrian rebels. The Syrian opposition meets regularly in Istanbul, and hundreds of senior military officers have defected there in recent months — most recently, on Monday, a general, two colonels, two majors, one lieutenant and 33 soldiers. Most pressing, a steady flow of Syrian refugees arrives daily. Some 31,000 Syrians are now housed in five camps in Hatay, a Turkish province on the border.・・・
 There is an undeclared, veiled war going on・・・
 <撃墜されたトルコの戦闘機は、ロシア製のシリアのレーダーの性能を確かめていた可能性がある。↓>
 Some analysts have suggested the plane might have been testing the responsiveness of Russian-supplied Syrian radar that could thwart any foreign intervention, including reconnaissance sorties and efforts to supply Syrian rebels・・・
http://world.time.com/2012/06/25/military-intervention-still-unlikely-after-syria-shoots-downs-turkish-jet/

 今度、選挙に勝ってエジプトの大統領になったモルシは、南カリフォルニア大学で博士号をとり、1980年代初期にカリフォルニア州立大学ノースリッジ校で助教をしており、彼の子供達はみな米国で生まれ、米国籍を持ってるんだね。↓

 ・・・Born in 1951 in Sharqiya on the Nile delta, Morsi studied engineering at Cairo University before pursuing a doctorate at the University of Southern California. He was an assistant professor at California State University, Northridge in the early 80s. His children were born there and hold US citizenship.・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jun/24/profile-mohamed-morsi

 美人はトクする。だけど、トクするのはその亭主も、のようだよ。↓

 <劇作家のアーサー・ミラーが赤狩りで米下院に召喚された。↓>
 ・・・During the Communist witch hunts of the 1950s, the playwright Arthur Miller -- whose works had in fact been banned in the Soviet Union -- was, like many writers, summoned to appear before the House Un-American Activities Committee to account for his politics.
 <その折、ミラーは、関係議員の一人から、あんたの奥さんとのツーショットを撮らせてくれたら、すぐ無罪放免にしてあげるよ、と言われた。奥さんとはマリリン・モンローだった。↓>
 Miller’s good friend Norman Corwin was also a good friend of mine, and Norman told me more than once about how at least one member of a certain investigative congressional committee had taken Miller aside and told him that if Miller’s wife would pose with him and some of his colleagues, they could make the whole investigation go away.
 Miller’s wife was Marilyn Monroe.
http://www.latimes.com/news/opinion/opinion-la/la-ol-fast-and-furious-and-marilyn-monroe-20120625,0,3398302.story
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5561(2012.6.26)
<ドーキンス・ウィルソン論争>

→非公開