太田述正コラム#5491(2012.5.20)
<皆さんとディスカッション(続x1555)>

<太田>(ツイッターより)

 陳光誠とその家族が、現在、北京空港から米国のニューアーク空港に民航機で向かっている。
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-18127886
 盲目というハンデがありながら、これまで弱者のために、そして今回は家族のために、これだけのことを成し遂げたんだぜ。
 君達だってできることがきっとあるはずだよ。

<太田>

 ボクが言いたかったことを、ニューアーク空港でインタビューに応じた陳自身が彼の言葉で語ってるね。↓

 "Nothing is impossible as long as you put your heart to it. As we say in Chinese there is no small affair as long as you put your heart to it."
http://www.guardian.co.uk/world/2012/may/20/chinese-activist-escapes-us-plane

 陳光誠をめぐる米中交渉の全貌が明らかにされている。
 陳が民航機で飛び立った直後に、それまで一切しゃべれなかった米当局者達がしゃべれるようになったのを取材したものだ。
 陳がたった一人でもって、中共当局はもちろん、米当局まできりきりまいさせた上で、中共当局をねじ伏せた、って感じだな。↓
http://www.washingtonpost.com/world/national-security/2012/05/19/gIQAxPtsbU_print.html

<太田>(ツイッターより)

 「…H2Aロケット<で打ち上げられた韓国の>アリラン3号衛星は、縦横0.7メートルの物体を識別できる…観測衛星だ。…<日本はロシアの3分の2の打ち上げ費用で請負>…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/05/19/2012051900540.html
 商業用ロケット、民間観測衛星、と称されているが、こりゃ日韓軍事協力だね。

<ηηηηΗ>(「たった一人の反乱」より)

 沼尻エリカて…。
 まあ、俺も最近の女優に余り興味無いから“別に”いいけどw。

<太田>

 おお、またも、「ツー・ピース」的間違いをしでかしてしまったであるよ。

<ηΗΗΗΗ>(「たった一人の反乱」より)

 太田さん、面白いの見つけました。
http://baseviews.com/chart/nk225-j.html

<太田>

 それほど面白くもなかったけど、「1989年12月29日、年内最終取引日に日経平均株価は史上最高値3万8957円44銭をつけた。」ことからも、ボクが英国にいた1年間(1989年の正月過ぎに帰国)の頃が、戦後日本の絶頂期であったことよ、と改めて思ったな。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 欧州のBMDが一応運用可能になった。だけど、唯一の脅威らしきものはイランの核ミサイルだけど、同国はまだ核開発に至っていないし、飛んできたら撃ち落とすSM-3ミサイルがあたるかどうかも分からないってんだけど、日本のBMDだって、北朝鮮は一応核開発に成功したことになってる点こそ違うが、飛んでくるミサイルを中間段階で落とすSM-3はもとより、最終段階で落とすパトリオットも、あたるかどうか分かんないんだろうな。↓

 ・・・Nato<'s> new ballistic missile defence system has reached what it calls "interim operational capability".・・・
 If there is a potential ballistic missile threat to Nato countries then it can be summed up in one word - Iran.・・・
 However, a leading expert on missile defence technology・・・believes that this potential threat has been much overstated.
 "The fundamental long-term threat from Iran is from nuclear weapons. But for now Iran does not have the bomb. A ballistic missile without a nuclear weapon," he says, "is like a terrorist bomber without an explosive vest." ・・・
 ・・・it is overwhelmingly likely that if the SM-3 missile is used in real combat, it will be total failure”・・・
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-18093664

 16歳くらいから将棋を指し始めたアマ4段クラスに「一応」プロが負けたっての、甘く見たのかもしれないが、いささか無様ではあるな。とまれ、勝った彼女に大拍手!↓

 「・・・海外招待選手でポーランドの大学生、カロリーナ・ステチェンスカさん(20)が<将棋の公式戦>で高群(たかむれ)佐知子女流三段(41)を破った。・・・
  続く2回戦では女流王将2期の強豪、千葉涼子女流四段(32)に敗れた。
 ステチェンスカさんは4年ほど前、将棋が出てくる日本の漫画を読んで興味を持った。インターネット対局で腕を上げ、現在アマ四段。局後、「女流棋士になるのが夢なので、今日の勝利はその第一歩」と笑顔で話した。・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120519-OYT1T00705.htm?from=y10

 中共の9人の政治局常務委員のうち少なくとも5人の子供か孫が米国に留学したか現在しているって。
 特にお好みはハーヴァードだが、記事の中にはMITとスタンフォードも出てくる。
 今では、中共内の大学の質も向上したのに、しかも、米国の私大の授業料等は恐ろしく高いのに、どうなってるんだ、という記事だ。
 前にも書いたけど、そんな最高幹部ばかりの中国共産党による独裁が続くワケがないさ。↓

 ・・・Of the nine members of the Politburo Standing Committee, the supreme decision-making body of a Communist Party steeped in anti-American rhetoric, at least five have children or grandchildren who have studied or are studying in the United States.・・・
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/chinese-communist-leaders-denounce-us-values-but-send-children-to-us-colleges/2012/05/18/gIQAiEidZU_print.html
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5492(2012.5.20)
<第一回十字軍(その3)>

→非公開