太田述正コラム#5122(2011.11.18)
<世界殺戮史に思う(その6)>(2012.3.5公開)

 (9)大西洋奴隷貿易(Atlantic Slave Trade)(15C〜19C 抑 16 ?%)

 これが9位に入ることは不思議ではありません。
 大西洋奴隷貿易については、改めて説明の必要はないでしょうから、殺戮数だけに触れたいと思います。

 「・・・約120万人から240万人のアフリカ人が新世界への輸送中死亡し、もっと大勢が到着してすぐ死亡した。・・・
 この貿易の野蛮な本質が、個々人と文化の破壊をもたらした。
 以下の数字は、奴隷にされたアフリカ人が、新大陸の人々の間に住んでいる間に、実際の労働、奴隷叛乱や罹患した疾病の結果死亡した数を含まない。
 大西洋奴隷貿易に関して1990年代末にまとめられたデータベースは、<死亡数が>1100万人を超えるとした。
 それまで長い間、受け入れられてきた数字は1500万人だったが、近年下降修正されたという経緯がある。
 大部分の歴史家達は、少なくとも1200万人の奴隷がアフリカを15から19世紀の間に出発したが、船上でその10〜20%が死亡した、ということに合意している。
 よって、1100万人の奴隷にされた人々が南北アメリカに輸送された、というのが、歴史家達が生み出すことができるところの、証明されたに近い数字なのだ。
 <なお、>奴隷を実際に調達する際に失われた人命は、定かではないが、実際に奴隷にされた人数に匹敵するかそれを上回る可能性がある。・・・
 <それは>1000万人<とも言われている>。
 <ある歴史家は、>「…この推定1000万人の黒人の死者のうち、恐らく600万人が、南北アメリカに輸送するための奴隷を確保することを狙いとするアフリカの部族戦争や徒党による襲撃に際して他の黒人達によって殺害された。・・・
 <参考ために、世界人口に占めるアフリカ人口の割合の推移は、1750年:13.4%、1800年:10.9%、1850年:8,8%、1900年:8.1%、1950年:8.8%、1999年:12.8%、となっている。>」
http://en.wikipedia.org/wiki/Atlantic_slave_trade

 どうやら、まだ、アフリカは、奴隷貿易による人口減少から完全には回復していない、ということになりそうです。

 話を戻しますが、ホワイトの1600万という殺戮数は、以上の各数字から、奴隷の調達の際に黒人によって殺害された数字を控除したもののようですね。

 (10)南北アメリカ大陸の征服(Conquest of the Americas)(15C〜19C 抑 15 ?%)」

 これが10位に入ることも不思議ではありません。
 南北アメリカ大陸の征服についても、改めて説明の必要はないでしょう。
 英語ウィキペディア(European colonization of the Americas)でもって殺戮数に触れておきたいと思います。

 「・・・欧州人とアジア人の生活様式は、狭い室内で、牛、豚、羊、山羊、馬、そして種々の家畜化された鳥といった、家畜化された動物達と生活するというものだった。
 その結果、南北アメリカでは未知の伝染性疾疾病群が生まれていた。
 そのため、1492年以降、欧州人との大規模な接触が起こると、南北アメリカの土着の人々に<欧州から>新種の細菌群がもたらされたのだ。
 天然痘(1518、1521、 1525、 1558、 1589年)、チフス(1546年)、インフルエンザ(1558年)、ジフテリア(1614年)、はしか(1618年)という具合に、伝染病が初期の欧州人との最初の接触以降どんどん蔓延し、南北アメリカの土着人口の95%にあたる1000万人から2000万人が殺された。
 これだけの被害がもたらした文化的、政治的不安定が、様々な植民者達の、土着社会群が伝統的に活用してきた土地と資源に係る大いなる富を奪う努力を、かなりの程度助けたように見える。・・・
 <しかし、>コロンブスがやってくる前に南北アメリカにどれくらいの数の人が住んでいたかの推定が恐ろしく幅がある<(注9)>ため、<事後の殺戮数を推定することは容易ではない。>」
http://en.wikipedia.org/wiki/European_colonization_of_the_Americas

 (注9)「<欧州人植民者達による書かれた記録と考古学に基づき、>、19世紀末の時点では大部分の学者は、<コロンブス以前の南北アメリカの総人口を>約1000万人と推定していた。<ところが、>20世紀末の時点では、学者のコンセンサスは約5000万人へと変化しており、中には1億人と主張する人々も出現している。」
http://en.wikipedia.org/wiki/Population_history_of_American_indigenous_peoples

 ここで話を局限しますが、北米大陸でのインディアン虐殺数(Indian massacre)はどれくらいだと思いますか?

 「<ある>アマチュア歴史家・・・が、最終的に大陸部米国となる地域における・・・アメリカ人とインディアンとの戦いの期間中に生起した残虐行為・・・すなわち、両者の最初の接触があった1511年からフロンティアが消滅した1890年の間の残虐行為の全てを積み上げ計算をして、白人によって行われた残虐行為により7193人が死に、インディアンによって行われた残虐行為により9156人が死んだ、という判定を下した。
 <この歴史家>は、残虐行為を、殺害、拷問、非軍人や負傷者や捕虜への陵虐行為、と定義している。
 異なった定義をすれば、当然のことながら、異なった合計数が出てくる。」
http://en.wikipedia.org/wiki/Native_American_massacres

 戦闘行為による死者を除いてしまうと、意外に少ないな、という印象ですね。

(続く)