太田述正コラム#5189(2011.12.22)
<皆さんとディスカッション(続x1412)>

<太田>(ツイッターより)

 「鳩山邦夫氏、自民に復党願 党幹部「節操ない」」
http://www.asahi.com/politics/update/1221/TKY201112210701.html
 鳩山兄弟の人間欠陥ぶりは、大王製紙の井川意高といい勝負だな。
 やっぱ、育て方に問題があったとしか思えないよ。
 それにしても、兄弟を当選させ続けてきた日本の有権者は甘いねえ。

 「20世紀の中国の美人の基準の変化…」
http://j.people.com.cn/94638/94659/7683832.html
 こりゃ参考になるー。
 2番目に出てくる女性の経歴も面白い。

<ΖωωΖ>(「たった一人の反乱」より)

 <ωωζζクン(コラム#5187)、>オソンファ氏と小林よしのりの対談本の中では、あの肉体美写真集は日本の女性ファンには評判が悪かったんだと。
 ペヨンジュンも自身がひ弱であるとのコンプレックス解消のため、あの写真集を出したらしい。

<ωζωζ>(同上)

 過剰な中国への思い入れから野蛮な中国の現状に絶望する。
 そして、筋金入りの反中へ・・・
佐々木到一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%88%B0%E4%B8%80

 スワップで韓国へ過大な支援をするも、慰安婦問題を蒸し返される。
 民主党内の親韓派も立場を失ったことだろう。
 悲しいかな、日本の人間主義は中韓両国には通用せず、日本に反中、反韓を増やす
だけの結末を招いている。

<ωζζω>(同上)

 <ΖωωΖクン、>オソンファの「スカートの風」は20年くらい前に読んだ事がある。
 当事は韓国のことなんて全然知らなかったので、韓国人が書いたのだから全部本当のことだろうと鵜呑みにしていたけれど、日本の文化がいかに居心地がよいかをひたすら強調すると同時に韓国人の風習や考え方を読者が嫌いになるように仕向けていて、今にして思うとあまりにも一方的に日本文化を賛美しすぎていて違和感を感じる。

 小林よしのりもちょっと似たような傾向を感じるが…。

<ζωζω>(同上)

 確かに日本賛美はあるが、彼女の文章を読んでると日本のガラパゴス感は感じるけどね。
 彼女と村上隆は近い感じがする。
 つまり、先進国同士による戦争の可能性は極めて低く、元来平和主義的である日本に近づいているのではないかと。
 行き着く先には日本的な自然賛美・和の精神のようなものが世界的スタンダードへと。
 太田さんの人間主義を普遍化するという考えにも近いかと。

<太田>

ダライ・ラマがその新著で、私とほとんど同じことを言ってるよ。
 要するに、宗教なんてどうでもいいのであって、同情心(compassion)こそ不可欠だとさ。
 この本は人間主義のススメだな。↓

 ・・・Dalai Lama・・・argues in his new book that what is more important is "an approach to ethics which makes no recourse to religion and can be equally accessible to those with faith and those without; a secular ethics."
A metaphor the Dalai Lama likes to use goes like this: The difference between ethics and religion is like the difference between water and tea. Ethics without religious content is water, a critical requirement for health and survival. Ethics grounded in religion is tea, a nutritious and aromatic blend of water, tea leaves, spices, sugar and, in Tibet, a pinch of salt.
 "But however the tea is prepared, the primary ingredient is always water," he says. "While we can live without tea, we can't live without water. Likewise, we are born free of religion, but we are not born free of the need for compassion."・・・
 <仏教は、鈴木大拙等の尽力で米国に普及し始めた、と書いてくれてるね。↓>
 Buddhism, which has a history of adapting to changing times and cultures, was founded by Siddhartha Gautama in India about the 6th century BC and then spread to China, Japan, Korea, Tibet and Vietnam. It arrived in the United States in the 19th century and was popularized in the 1950s and 1960s by the likes of Buddhist missionary D.T. Suzuki, author Alan Watts and beat poet Allen Ginsberg. Today a new American hybrid of Buddhism is blossoming, fed by a large representation of Jewish practitioners.・・・
http://www.latimes.com/entertainment/news/la-et-book-20111221,0,1053373,print.story

<ζζωω>(「たった一人の反乱」より)

 太田さんは、金正日死後の情勢分析等にほとんど言及してないけど、コラムで取り上げる価値もないってこと?

<太田>

 ロサンゼルスタイムスが社説で、ハーヴェル(○)と金正日(X)の二人を比較してるぜ。↓

 ・・・Kim stands out as the epitome of the problem, because he elevated his own desires and his hunger for power above the needs of his people. Havel stands out as a leader to emulate.
http://www.latimes.com/news/opinion/opinionla/la-ed-kim-20111220,0,6308741.story
 リビアに人道的軍事介入を行い、シリアにも人道的軍事介入を取り沙汰されているというのに、こんな北朝鮮が国連加盟国であり続けてるんだからな。
 北朝鮮を取り上げるとしたら、どうやってその体制を転覆させるか、しか興味ないね。
 日本が「独立」してたら、とっくに北朝鮮体制は転覆してただろうね。↓

 「北朝鮮の平壌。北朝鮮でも特別扱いされるこの首都でも停電が続き、日に2時間しか電気が来ない。朝鮮労働党など主要機関は自家発電という。・・・
 平壌でも裏通りを歩けば、餓死者を見かける。・・・」
http://mainichi.jp/select/world/news/20111222ddm001030068000c.html

 日本による香港の占領を回顧したコラムだ。↓

 <日本の地域拡張主義だとよ。最初から間違っとるぞ。↓>
 ・・・The Pacific War of 1941-1945 had originated from rampant Japanese regional expansionism in Asia from 1937. ・・・
 <何時間も日本軍兵士は強姦と略奪に勤しんだとよ。典拠あげてみい。↓>
 For several hours, Japanese officers let their soldiers off the leash to rape and loot at will among Hong Kong's civilian population.・・・
 <占領中に日本が敷いた海底ケーブルが1980年代まで使われたとさ。↓>
 Japanese marine engineers busied themselves with laying a new underwater electric cable under Victoria Harbour (it lasted until the 1980s).・・・
 <カナダ軍捕虜に対する扱いはいささか手荒かったようだね。↓>
 ・・・over 200 Canadian POWs died from maltreatment and malnourishment in captivity during 1941-1945 in their prison camps. Beatings by Japanese guards were routine, including the captured British General Maltby. ・・・
 <日本は支那人住民有力者による自治を認めたようだね。英国支配下じゃそんなことすらやらなかっただろう。↓>
 The Japanese occupation administration also attempted to co-opt Hong Kong's Chinese population to their cause - by delegating some authority to designated local elders・・・
 <日本による占領のおかげで、戦後、英国人と原住民との隔離政策が撤廃されることになったとさ。そして、東南アジアにおける大英帝国は終焉を迎えたとさ。ザマミロ。↓>
 But Hong Kong - and for that matter Singapore - had been profoundly affected by the experience of Japanese occupation. As with Britain's other occupied Asian colonies, Hong Kong's fate had been a great leveler.
 Pre-war racial attitudes between the British and Chinese in Hong Kong began to change, irreversibly. In the succeeding decades, Chinese social mobility soared and pre-war official segregation gradually fell away. After 1945, regional nationalist opposition to former Western colonies in Asia also increased even as the British Empire in Southeast Asia entered its final, twilight years. ・・・
http://www.atimes.com/atimes/China/ML22Ad07.html

------------------------------------------------------------------------

 クリスマス間近ということもあり、松下奈緒小特集をお送りします。

 松下奈緒は、1985年生まれの174cm。東京音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E5%A5%88%E7%B7%92

 私の松下奈緒評:容姿は鼻がデカ過ぎるのが唯一の欠点(注)。クラシックピアノは御嬢さん芸は超えているがセミプロ級にとどまっている。ジャズピアノ(クラシックピアノより熟練を要しない)はほぼプロ級。歌唱力(ほんのちょっとの熟練で足りる)はほぼプロ級。作曲(才能だけの勝負)はプロの域に達している。演技力(才能だけの勝負)もプロの域に達している。写真家としてもイイ線行ってるね。
 才能豊かな素晴らしい女性であることは間違いない。

(注)ユーチューブ上で「リンク」されてたが、松下奈緒とそっくりで、鼻の欠点をほぼ解消したのが相沢紗世だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%B2%A2%E7%B4%97%E4%B8%96

 --他人の曲の演奏・歌唱--

モーツアルト・ピアノ協奏曲第20番 うまく弾けてはいる。指揮者(渡邊一正)のおかげだろう。日本フィル。
http://www.youtube.com/watch?v=nJsH7MHCrGE&feature=related
ショパン バラード第3番変イ長調 これは全然ダメ。
http://www.youtube.com/watch?v=V-X8hDV7YXU&feature=related
(コラム#4787のジメルマンの演奏やルービンシュタインの演奏↓と比べてみてください。同じ曲とは思えないでしょう。こんな世紀の名ピアニスト達と比較させるなって?
http://www.youtube.com/watch?v=PCW3631sxkw&feature=related 
http://www.youtube.com/watch?v=57VIeXVUgmw&feature=related )
美しい人(作曲:平井堅) 歌唱:平井堅
http://www.youtube.com/watch?v=ymzNBogX0Y0&feature=related
星に願いを 1:32〜
http://www.youtube.com/watch?v=PwNRnVcBAP4&feature=related
月のあかり 歌唱
http://www.youtube.com/watch?v=PpIRkmRMvOU&feature=related
『恋におちたら〜僕の成功の秘密』主題曲カバー 
http://www.youtube.com/watch?v=34UApIkuEao&feature=related
『ちりとてちん』主要テーマ 編曲・演奏
http://www.youtube.com/watch?v=b9p78foPcTA&feature=related
映画『アジアンタムブルー』組曲より
http://www.youtube.com/watch?v=bziUwO3_LVY&feature=related
エカテリーナのための協奏曲(ピアノ演奏)
http://www.youtube.com/watch?v=HP6woh0V3co&feature=related

 --以下、彼女が作曲したもの--

Jazz chocolat ジャズ 曲も演奏もお見事。
http://www.youtube.com/watch?v=pwkwc8hnvEY&feature=related
Together ジャズ 
http://www.youtube.com/watch?v=ZbcndNO_9r8&feature=related
セイブ・ザ・ドリーム +吹奏楽
http://www.youtube.com/watch?v=NcTUa5PSJoE&feature=related
流れる雲よりもはやく(映画『チェスト!』主題歌) 歌唱
http://www.youtube.com/watch?v=nHI4FWzMuDI&feature=related
春風色 +チェロ
http://www.youtube.com/watch?v=KCvrz3OF2h8&feature=related
ほし
http://www.youtube.com/watch?v=YgQ1z8enjGQ&feature=related
Balloon +バイオリン
http://www.youtube.com/watch?v=KPI5hZV4r5k&feature=related
Sunlight
http://www.youtube.com/watch?v=JBYVVf9O1-c&feature=related
明日の空 +バイオリン+ドラム
http://www.youtube.com/watch?v=J4aFpCsERWA&feature=related
プリムラの花がゆれて(歌唱) 2:30〜
http://www.youtube.com/watch?v=HP6woh0V3co&feature=related
Summer Memories
http://www.youtube.com/watch?v=syP__vNp66c&feature=related
WISH 歌唱
http://www.youtube.com/watch?v=jlaPm1aufSw&feature=related
Moonshine〜月明かり〜 アニメ映画「ピアノの森」の主題歌 歌唱(歌手デビュー曲)
http://www.youtube.com/watch?v=PpIRkmRMvOU&feature=related
旅人のテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=xUdZf58W6rk&feature=related
My Place
http://www.youtube.com/watch?v=uPbk_x2PgoE&feature=related
Together +バンド
http://www.youtube.com/watch?v=ZbcndNO_9r8&feature=related

 --おまけ--

彼女の出演した映画のシーン(流れている曲はドリカムの「アイシテルのサイン」)
http://www.youtube.com/watch?v=nG4N3Owhbxk&feature=related

------------------------------------------------------------------------

 所用があるので、前倒しして「デイスカッション」を配信しました。(太田)
---------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#5190(2011.12.22)
<阿部泰隆論文を読む(その1)>

→非公開