太田述正コラム#4921(2011.8.10)
<皆さんとディスカッション(続x1289)>

<太田>(ツイッターより)

 イギリスでの大暴動の原因は、サッチャリズムの後遺症としての貧富の差の拡大なのか、イスラム移民問題なのか、過激な財政再建による警察力の弱体化ないし弱者へのしわよせなのか、それともイギリスの若者のフーリガン的体質の表れなのか、はたまたその組み合わせなのか、誰か早く教えてくれー。

<May_Roma>(同上)

 全部。

<OsakaTaiyohome>(同上)

 私もこれはそこに挙がったことが絡み合ってこうなったと思います。

<ΚΖΚΖ>(「たった一人の反乱」より)

 ・・・ロンドン暴動は2chでは移民が原因という空気があるんですけど、
この理解正しいんですかね。

<太田>

 ざっと、原因論に関連する部分を抜き出してみたよ。(順不同)↓

 <貧富の格差。↓>
 ・・・The problem is that in this country we live in extremes of rich and poor. We need to live in the middle, like they do in Scandinavia.・・・
 <親や警察を蔑にする風潮。↓>
 You have a generation of kids now that don't respect their parents or the police・・・
 <大学の授業料等教育費の高騰の一方で失業率の高さ。↓>
 There's nothing to do at all. University fees have gone up, education costs money. And there's no jobs. ・・・
 ・・・mixture of alienation, anger at the police, boredom and mischief・・・They just want to be heard,・・・
 <コミュニティ対策経費の削減。↓>
 Were cuts in services a factor? "Course they are. They cut our youth project by 75%. We used to work with gangs, run a workshop that brought police and young people together. Gone.・・・
 <理由なんかない。騒いで掠奪する機会ができたってだけ。↓>
 I can understand why people would riot in Tottenham but here? I just thought it was a chance for them to cause havoc. It's just an excuse・・・
 <警察が若者たちに高圧的に接してきたことへの復讐。↓>
 ・・・a lot of young boys, they are constantly harassed and stop and searched. The people, not just young people, they don't like the police. They don't get along with the police. They say the police are no good. They feel like they don't help them. So what was happening, they were just trying to give the police the runaround. Just to piss them off.・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/09/london-riots-kids-parents-police
 <あらゆる人種集団の「持たざる」若者が関与している。↓>
 ・・・In the broadest sense, most of those involved have been young men from poor areas. But the generalisation cannot go much further than that. It can't be said that they are largely from one racial group. ・・・
 In some senses the rioting has been unifying a cross-section of deprived young men who identify with each other・・・.
 <むしろ、従来絶対に接触しなかった異人種の若者達が共同行動に出ている。↓>
 ・・・territorial markers which would usually delineate young people's residential areas -- known as 'endz', 'bits' and 'gates' -- appear to have melted away.
 "On a normal day it wouldn't be allowed -- going in to someone else's area. A lot of them, on a normal day, wouldn't know each other and they might be fighting," ・・・
 "Now they can go wherever they want. They're recognising themselves from the people they see on the TV [rioting]. This is bringing them together."・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/09/london-riots-who-took-part
 <警察経費の削減が警察の対応のにぶさを生んでいる。↓>
 ・・・deficit reduction which actually threatens police numbers・・・
http://www.guardian.co.uk/politics/wintour-and-watt/2011/aug/10/michaelgove-harrietharman
 <絶対的に警官の数が不足しているので、財産よりも(市民と警官の)人命を重視する対応をとらざるをえなかった。↓>
 ・・・With police numbers stretched beyond anything experienced in living memory, another source said commanders had to make tough choices. "Sometimes you will let offences take place because you can't afford to lose two to three officers for every arrest. The priority is not to protect property but to protect life. There will be no order to be soft."・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/09/london-riots-police-debate-tactics
 <弱者の蜂起なら、どうして、少数人種や労働者階級が攻撃の対象になっているのか?↓>
 ・・・ if this is the Amadou Diallo moment for Blighty, then why are minorities and the working class the principal victims of "socially excluded" aggression?
 <それが証拠に、イスラム系の人種が自警団を組織している。↓>
 In North London, Kurdish and Turkish shopkeepers have teamed up to form "local protection units" to patrol the streets and prevent the violence and looting that have plainly overwhelmed the authorities.・・・
 <掠奪している連中は、主として、(警察が逆探知できない)ブラックベリーを使って連絡を取り合いつつ掠奪をしている。きっかけはともあれ、アラブの春と比べてあまりにも次元が低い。↓>
 Socially excluded these rioters may be, but that hardly justifies a BlackBerry-coordinated assault on commercial and residential property. Take it from Egyptian protestor Mosa'ab Elshamy: "Egyptians and Tunisians took revenge for Khaled Said and Bouazizi by peacefully toppling their murdering regimes, not stealing DVD players."
http://www.slate.com/id/2301217/
 <要するにサッカーのフーリガンと同じで、面白半分にやっているのだ。↓>
 ・・・there is a similarity between this week's looting and the football violence・・・It's an excitement. You can't take away that thrill - the roar of the crowd. That sense of a group of men, something's happening.・・・
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-14463452
 <北アイルランドを除き、英国では、治安維持に、放水車、プラスティック弾、戒厳令、軍の出動、を用いたことがない。そこを突かれた。↓>
 ・・・British policing traditionally did not rely on・・・water cannon・・・CS gas・・・baton rounds - colloquially known as plastic or rubber bullets・・・Curfew・・・The Army・・・
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-14459127
 <人種問題ではないが、貧富の差の問題だ。↓>
 ・・・ It’s not all about race. But it is about rich and poor.”
 <予算削減が原因だと言われているが、予算削減措置の大部分はまだ実行に移されていないのでウソだ。やっぱ、警察の最近におけるにぶい対応と家族価値の崩壊が問題。↓>
 Yet most of the austerity measures -- which the government would now be challenged to complete -- have yet to come into effect, leading some to question whether they truly played a role. And just as many voices blamed a weak police response and a breakdown of family values years in the making for giving rise to a class of directionless youths.
 <とにかく、相互にITで連絡をとりあう若者たちの暴動、という新しい現象が起こったということだ。↓>
 Whatever the reason, the riots have exposed a desperate youth culture buried inside British society, with people linked to one another as never before through text messaging and social networking sites. ・・・
 <深刻な経済問題を背景にした昨今のギリシャやスペインでの暴動とは違って、今次暴動は非政治的かつ利己的だ。↓>
 The violence in Britain has differed from the kind of politically charged protests seen recently in Greece and Spain in response to hard economic times. In Britain, the rage has appeared blind, apolitical and profoundly selfish. Looters set alight a historic department store, a Sony distribution center and tiny, family-owned groceries. They have burned the bikes of poor residents and the cars of richer ones. One gang of masked thugs burst into a fashionable Notting Hill eatery to rob diners, clashing with restaurant workers wielding rolling pins. Others rioters simply fought one another.・・・
 <すなわち、何年にもわたって醸成されてきた、若者たちの犯罪性の顕現だ。↓>
  It’s the kind of disturbing criminality that seemed to be bubbling for years.・・・
http://www.washingtonpost.com/world/cameron-deploys-10000-more-police-to-stop-london-riots/2011/08/09/gIQAqz2B4I_print.html
 <だけど、このすさまじい貧富の差と階層間移動の停滞を見よ。↓>
 ・・・the richest 10% are now 100 times better off than the poorest, where consumerism predicated on personal debt has been pushed for years as the solution to a faltering economy, and where, according to the OECD, social mobility is worse than any other developed country.・・・
http://www.washingtonpost.com/blogs/post-partisan/post/labors-challenge-in-the-british-riots/2011/08/09/gIQA97Cz4I_blog.html
 <英国の貧者に対する社会福祉は依然として充実している。それに依存し、何もやろうともせずに退屈している若者が溢れていることこそ問題。↓>
 ・・・There is a notion that the criminality is the product of poverty or government spending cuts. That's false. The British government is spending as much as it ever has in history, and the poor in Britain have access to a social safety net that is remarkably generous by any standard. Then, too, the sort of people who torch cars and smash plate-glass windows to get at the jewelry and televisions inside are not, we suspect, highly correlated with those most put out by the reduced hours at the local library.・・・
http://online.wsj.com/article/SB10001424053111904007304576498131175096032.html?mod=WSJ_Opinion_AboveLEFTTop

<ΚΖΖΚ>(「たった一人の反乱」より)

 何もスポーツの国際試合で、他国の国家演奏を途中で切ることはない。

http://www.youtube.com/watch?v=_zEgEjMCF1k

<ΖΚΖΚ>(同上)

 久しぶりに朝鮮日報のサイトを見たが、これは凄いな。

 端宗忠臣歴史館、オープンからわずか20日で閉鎖
 朝鮮時代の忠臣をめぐり子孫が対立
http://www.chosunonline.com/news/20110806000035

550年前のことでその子孫が争う。朝鮮半島はやはり異次元だ。
 この調子では、日本は、日韓併合をあと400年は非難されるだろうな。
 これは儒教的価値観のなせる業なのだろうか?
 反韓でいうわけではない、諦観でいうのだが、韓国が日本を許す日は永遠に来ないだろう。

<太田>(ツイッターより)

 (コラム#4758に関し)通常、表明した意図と招来された結果が合致していれば、それで証明は終わりだが、戦前の日本の人間(じんかん)主義的対外政策をそのようなものとして諸外国の人々に理解してもらうのは至難のわざだ。
 朝鮮半島の場合、まさしく、日本が意図したとおり、近代化と経済発展がもたらされたんだけどねえ。

<ΚΖΚΖ>(「たった一人の反乱」より)

 菅首相 退陣表明の方向で調整
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110810/k10014813451000.html
 太田さん、次の総理誰がいい?ろくなのがいない気がするんだけど。

<太田>

 森以降の歴代首相中じゃ、菅は最高だ。(ひどさの程度が最も低いって意味だよ。)
 だから、誰が彼に代わって首相になっても、日本国民は、もっとがっかりすることになるだろうね。

<TA>

≫<レベッカ・ソルニット著/高月園子訳『災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか 』>を読まれた読者からのインプットを期待している。≪(コラム#4829。太田)

 読みましたので、感想などを。

 この本に関しましては、コラム#3491で既に取り上げられており、要点が的確・簡潔にまとめられています。
 これをさらに要約すれば、「災害時に冷静かつ利他的・賢明に振る舞う一般市民と、逆に利己的かつ過誤を犯しやすい「エリート」の対比を著述し論じた本」と言えると思います。
 太田さんが「インプットを期待している」のは、後者の「エリート」による「エリートパニック」についてですね。↓

 「・・・エリートパニックとは「社会的混乱に対する恐怖、貧乏人やマイノリティや移民に対する恐怖、火事場泥棒や窃盗に対する強迫観念、すぐに致死的手段に訴える性向、噂をもとに起こすアクション」(<『災害ユートピア』>P172)で、この「エリートパニック」は・・・過去の様々な災害時に数多く見られた。・・・」
http://2r.ldblog.jp/archives/4428103.html

 ただ、↑のような性向は一般市民も持ち合わせており、著者がことさらに「エリート」を強調して取り上げることには違和感を覚えます。
 著者はどうにも無政府主義に共感している感があり(注1)、これが「エリート」(政府)への批判的見方に繋がっているように思われます。

 (注1)「・・・ピョートル・クロポトキン(Peter<(Pyotr) Alexeyevich> Kropotkin<1842〜1921年。ロシアの無政府主義者>)に賛意を表しつつ、ソルニットは・・・述べ<ている>。」(コラム#3491。書評者)

→もちろん、「エリートパニック」なるものにも興味はあるのですが、私がより知りたかったのは、果たして、どこの国や地域でも、大災害時には一般市民は人間主義的に行動するものなのかどうか、です。(太田)

 「災害は日常的なトラブルとは異なり、むしろ戦争に似て、単純な問題を突きつける。それは、単純な行動が解決策となる問題である。
 「災害の本質的な特徴は、社会に対する脅威や危険が社会システムの外側からやって来て、その原因が通常はっきりと感知され、突き止められることにある。
 これは脅威がシステムの内側から生じ、誰もが納得する原因を特定することが難しい他の多くの危機とは対照的だ」。
 手元にある問題をすぐにはっきりと扱えることは、他では得がたい満足感を与えてくれる。・・・」(156〜157頁)

 ↑このように、「単純な問題」に対応する一般市民が誤りを犯しにくいのは、ある意味当然のことです。これに対し、「システムの内側」(法的な問題など)というしがらみの中で、多くの場合「難しい・・・危機」に対応しなければならない「エリート」が過誤を犯し易いのもまた当然です。むしろ「手元にある問題をすぐにはっきりと扱え」ない「エリート」の、「満足感を与え」られない悲哀に、著者はもっと同情的になるべきなのではないでしょうか。

 著者はサンフランシスコ大地震やハリファックスの爆発事故、ハリケーン・カトリーナなどにおける「エリート」の利己主義・過誤を列挙しています。
 前二つの例についてはとりあえず置くとして、カトリーナの件について、太田コラム(#850、#853、#855)では「エリートパニック」とは異なる説明をしています。
 このように、そもそも「エリートパニック」などという聞きなれない用語を抜きに説明が可能である以上、敢えて「エリートパニック」などという言葉を持ち出して説明する必要も意味もないでしょう。
 サンフランシスコ大地震やハリファックスの爆発事故についても同様だと想像します。

 「・・・<カトリーナによる>洪水の被害を受けなかった・・・少数の住民は、・・・彼らの古くて美しい家を、兵器庫完備の砦に変えた<(それは白人の男性だった)>。・・・頭のおかしい白人が自動拳銃で黒人を殺し、そのことをジョークにしていた。・・・」(344〜355頁)

 ↑の記述以降も、「どこの世紀末だよ!」とツッコミを入れたくなるような、世界一豊かな国とはとても信じられない、銃社会アメリカの病理が赤裸々に著述されています。
 この件は、どう考えても、他の先進国にも適用できるような一般性はありません。
 著者の言う「エリートパニック」とは、アメリカの異常性を一般的だと思い込んだだけではないのかと言いたくなります。(注2)

 (注2)「今をときめくマイケル・ムーア(Michael Moore。1954??)監督の前作であるドキュメンタリー映画「ボウリング・フォー・コロンバイン(Bowling for Columbine)」(2002年)でも、カナダが、米国と同様の銃社会であるにもかかわらず、銃による犯罪は米国よりも比較にならないほど少なく、安全な国であることが紹介されています。」(コラム#502。太田)

→これは、むしろ「一般市民」の非人間主義的行動の事例ではないですか?(太田)

 結論として、「エリートパニック」に関する論述は、眉に唾を付けて読むべきだと思いました。

<太田>

 大変ありがとうございました。

<XXXX>

 太田さん、新しく面白い本を見付けたので、近々お送りしたいと思っております。
 お送りする資料は、第一に孫文及び中国国民党の実態を明らかにすると共に、第二に1920年代コミンテルンの支那における動き及び1920年代の日英関係と幣原外交のより詳しい実態を明らかにし、第三に1930年代日本人の対共産主義観と対置するところにある対ドイツ意識を明らかにする事で、戦前の日本の対外政策の基軸が対ソにあった事を補完するモノです。
 (詳細は送付した後に追ってお知らせします。)
 それと、以前、・・・述べた事ですが、次回のオフ会には参加したいと思っております。                    

<太田>

 それはそれは。
 次のオフ会は、プチ連休初日の、9月23日(金)になりそうですよ。


 それでは、その他の記事の紹介です。

 電力会社中、少なくとも九電だけは解体したくなるじゃないか。
 小沢をのさばらせてきた東北地方だけでなく、九州も日本の「中央」に比べてアナクロもいいところだよ。↓

 「九電幹部 やらせ調査妨害 関係資料廃棄を指示・・・」
http://www.asahi.com/national/update/0809/SEB201108090040.html
 「・・・中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の停止要請や、ストレステスト(耐性調査)の導入など、度重なる唐突な方針表明で電力業界を混乱に陥れた菅政権への不信感は強い。ある九電幹部は「社長は現政権下で辞任したくなかった」と、辞任先送りの理由を解説する。
 「電力業界は程度の差こそあれ、やらせ的な行為をどこもやっている」(業界関係者)なかで、九電が政治圧力に屈して即座に社長を辞任させるような先行事例をつくりたくなかったという見立てもある。
 政府の要求に公然と抵抗する九電。強気の裏にあるのは地域での絶大な影響力だ。地元の経済界や行政に深く浸透している。実際、九電トップの進退問題が全国的に注目を浴びたにもかかわらず、九州の経済界は沈黙を保ち続けた。わずかに漏れ聞こえるのは、むしろ擁護する声だった。・・・
 こうした「やらせ」は以前から常態化していた。九電に限らず、他の電力会社、さらには原発の規制監督を担うはずの経産省原子力安全・保安院までが同様の不正に手を染めていた実態がその後、白日の下にさらされる。ただ05年以降の原発増設などを巡る6回の説明会すべてで世論工作を試みていた九電の異常さは際立っていた。
 ・・・地域独占権と・・・安定した利益が保証された電力業界は他業界に比べて競争が少なく、企業倫理意識に弱い面がある。第三者の目を入れた検証を徹底させ、世間との常識のズレを正す必要がある・・・」
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819499E0E5E2E1948DE2E7E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819695E2EBE2E7958DE2EBE2EAE0E2E3E39191E3E2E2E2

 サウディアラビアが、シリアのアサド政権に見切りをつけた背景として、対イラン/シーア派戦略(メイン)と、対世俗派(反スンニ派)戦略(サブ)があると指摘する秀逸コラムだ。↓

 Would the monarchs of the Holy Alliance have supported a democratic uprising anywhere in Europe in 1820? Would Prince Metternich have backed nationalist movements in 1848? Of course not. But their supposed reactionary analogue in the Arab upheavals of 2011, King Abdullah of Saudi Arabia, has now come out, forcefully if indirectly, for a regime change in Syria. That makes the third time during this Arab spring that Saudi Arabia, the supposed champion of the status-quo, has thrown an Arab leader under the bus. Bashar al-Asad now joins Muammar al-Qaddafi and Ali Abdullah Saleh in the club of Arab leaders Saudi Arabia can do without.・・・
  But that is the wrong frame in which to understand Saudi Arabia's regional policy during this time of Arab upheaval. The right frame is the regional balance of power battle between Riyadh and Tehran. In that context, the Saudi move against the Asad regime makes much more sense.
Syria is Iran's most important and longest-standing Arab ally. Under Bashar's father, Hafiz al-Asad, Damascus was able to sustain good relations with Riyadh while also cultivating the Persian connection. But the son has proven less nimble in balancing his regional relations. ・・・
  The sectarian element of the Syrian confrontation, with an ostensibly secular and Alawite Shiite dominated regime brutally suppressing the Sunni Muslim majority, becomes a more prominent element in how the overwhelmingly Sunni Saudis, population and leadership, view events.・・・
http://mideast.foreignpolicy.com/posts/2011/08/09/is_saudi_arabia_really_counter_revolutionary

 S&Pによる、米国債の格下げと、遡って、リーマンショックをもたらし、米財政状況悪化を引き起こしたところの、不良債務の非格下げ、を激しく指弾するコラムだ。↓

 ・・・S&P’s intrusion into American politics is also ironic because, as I pointed out recently, much of our current debt is directly or indirectly due to S&P’s failures (along with the failures of the two other major credit-rating agencies (Fitch and Moody’s) to do their jobs before the financial meltdown. Until the eve of the collapse, S&P gave triple-A ratings to some of the Street’s riskiest packages of mortgage-backed securities and collateralized debt obligations.・・・
http://www.csmonitor.com/Commentary/Global-Viewpoint/2011/0808/S-P-has-no-business-downgrading-US-bond-rating

 先の大戦中のフランスのレジスタンスに果たした英国の役割の大きさをネグッてきたフランスを皮肉る記事だ。↓

 ・・・in the minds of most French, two major groups were behind the resistance: De Gaulle's Free French Forces and French paramilitary units led by communist patriots, said historian Jean-Louis Cremieux-Brilhac, who was a member of De Gaulle's London-based provisional government.
 "But in reality, there was a third driving motor: the British," Cremieux-Brilhac says. "It's an idea that hasn't completely penetrated French opinion."
 The knowledge gap is no coincidence.
 "Gen. De Gaulle insisted on affirming that France was liberated by the French themselves, with the help of the Allies, and he didn't want to highlight the important role of the SOE," which sent about 400 agents of various nationalities to France・・・
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-france-britain-spy-20110808,0,5087734,full.story

 名スパイのナンシー・ウェークの若かりし頃の写真が載ってたよ。↓
http://www.washingtonpost.com/local/obituaries/nancy-wake-white-mouse-of-world-war-ii-dies-at-98/2011/08/08/gIQABvPT5I_story.html
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4922(2011.8.10)
<イギリスと騎士道(その7)>

→非公開