太田述正コラム#4654(2011.3.30)
<皆さんとディスカッション(続x1157)>

<太田>(ツイッターより)

 日本が原発用ロボットの開発を怠った原因は、軍事用ロボット(ドローンの開発を含む)の開発を怠った原因と同じだろ。
 どっちも、危険で、できりゃ生身の人間がやりたくないことができるロボットだもんな。

<SK>(同上)

 原発用ロボットの件、その心は如何に。
 共に考えたくない、想定したくない事だから?

<太田>

 というより、原発用ロボット≒軍用ロボットなんだな。↓

 「米国は東京電力福島第一原子力発電所事故への対応のため、・・・軍用ロボットを無償で提供することを決め、日本政府に伝えた。
 29日までに日本に向け、空輸した。
 提供されるのは米キネティック社の爆発物処理ロボットで、米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)が資金提供して開発したもの。無線による遠隔操作により、デコボコの不整地を走行することができる無限軌道車で、無人で爆発物探知などができることからイラクやアフガンで実戦にも投入されている。」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110330-OYT1T00136.htm?from=main5

 戦後、日本は「戦争放棄」をし、自衛隊を戦闘という本来任務に使うことなんぞ全く考えてない上、そもそも、日本列島上で戦争が起きるなんてことは、まずありえないことから、戦争に係るあらゆるハード/ソフトの研究をサボリにサボリまくってきてるわけ。
 核攻撃を受けたことがある唯一の国のくせに、世界の先進国中、公共核シェルターをつくってないのは日本だけだってところにもそのことが端的に現れている。
 そもそも、原発は、テロリスト達が核物質奪取を狙ってるし、潜在的敵性国は有事において日本の原発攻撃を考えてる可能性がある・・原発を攻撃することで放射能をまき散らしてパニックを起こす狙い・・けど、それをどう予防し、対処するかなんてことも、全く考えてこなかった。
 ロボット大国のくせに、日本が、産業用ロボットと民生用/娯楽用ロボットしか開発、保有してこなかったのはそのためさ。

<ιΕΕι>(「たった一人の反乱」より)

 「・・・虎の門病院(東京都港区)は3月29日、同院内で記者会見を開き、「原発作業員を守るため、希望される方に自分の造血幹細胞を早急に採取・保存しておける体制を整えた」と発表した」
http://lohasmedical.jp/news/2011/03/29224619.php

 空売り対策だな〜。
 東京電力株 <9501.T> 「信用取引規制銘柄 」に指定されて委託保証金率63%
 群がるハイエナの駆除作業中の図

<ΕιΕι>(同上)

 「【FOXニュース】アメリカ人の38%は日本で起きた震災が神のお告げだと信じている。」
http://www.youtube.com/watch?v=2iagLg45lAc

・NATURAL DISASTERS SIGN FROM GOD ?(今回の自然災害は神からのサインか?)
AGREE : 38%
DISAGREE: 51%

・GOD IS IN CONTROL OF EVERYTHING ?(全ての事象は神の御業?)
AGREE : 56%
DISAGREE: 34%

 アメリカジョークは面白いね。ははは。

<ιΕΕι>(同上)

コペピ
東電まとめI

・建設する時点で津波は最悪でも5.7mと甘く見積もっていました(東北電力は9m)
・3年前に地震に備えろと言われたけど無視してたら案の定ダメでした
・9ヶ月前に非常設備がボロだったの気づいてましたけど法定点検めんどくさいので放っておきました
・非常用設備だけど外に普通に置いてたので津波に流されました
・準備してた非常バッテリーも数時間しかもちませんでした
・そんなことやってる間に女川と東海第二は安全に停止していました
・急遽代替の発動機を取り寄せたんですが、確認不足でプラグが合わず、使えませんでした
・東電の株価に影響がでると思ったのでアメリカやIAEAには大丈夫と言ってしまいました
・1号機が爆発したことで水素爆発が他の機にも起こりうることは分かっていましたが、なにかするのは面倒なので放っておいたら3号機の爆発でポンプ機が4台いっちゃいました
・ポンプ機の見張り番を一人に任せていましたが、彼がパトロールに行ってる間にポンプ機の燃料が尽きてしまい、2号機の水位が0になって、最終的には爆発しました
・面倒なので電車込みで停電実施してたけど、官僚に怒られたので仕方なく対処しました
・面倒なので被災地諸共まとめて停電実施したら、千葉とか茨城とかの被災地の知事たちに怒られちゃいました
・停電は嫌なので役員自宅と社宅は計画停電から除外しました。ついでに総理のお膝元も除外しておきました
・記者会見はフランス語で行います
・作業は下請け、現地消防に任せて東電社員は全員県外に避難しました
・2号機内部圧力の桁を一桁読み間違えてたけど、しばらく誰も気付きませんでした

東電まとめII

・中性子が出てたけど、1ケタ計算ミスだから、とばっくれました
・本店−福島第1間の電話用専用回線を誤切断して8時間以上不通になっていました
・自衛隊の放水がもたついたせいで外部電源を引き込めませんでした、今夜はぐっすり寝ます
・6400本もの廃燃料の貯蔵プールの冷却装置が故障してることに6日後に気付きました
・放水は暴徒鎮圧用1台で済むかと思ってましたけど全然駄目だったので、引き上げさせたハイパーレスキューを翌日にまた要請し直しました
・もうダメポ゚なので、現場社員を全員退去させ、後は警察と自衛隊に押し付けちゃおうと思ったら、首相に怒られちゃいました
・見栄えのするコンクリートポンプ車は東電が手配したことにしようとしましたが、中国にこの非常時に何やってんだと怒られちゃいました。
・プルトニウムは漏れていないはずなので、プルトニウムについて測定しません。
・圧がヤバイのでバルブ開けようかなーと思ってたら、自然に下がってラッキー。でも実は容器割れてるみたいです
・モニタリングポストが壊れてるのに気が付かないことにして、ヤバイ数値は見なかったことにしようとしましたが、
 東海第二原発のモニタリングポストが再起動したので即バレしちゃいました。
・水入れても水量が上がらないなーと思っていたら、タービン建屋へダダ漏れてました。
・被爆怖いので下請けに合羽だけで長靴も履かせず行かせたら、やっぱり被爆して死にかけちゃいました
・線量計は胸に付けてたので160mSVでしたが、被爆したのは足。2〜6SVまで一気にいっちゃいました
・割れてるかも?とは思ったけど、言い逃れできないレベルまでは割れてないと言い張ることにしちゃいました。
・タービン建屋やばいなーって数値は確認済みでしたが、逃げられちゃうので下請けには教えませんでした
・あまりにうるさいので試しに2号機のタービン建屋計ったら、29億ベクレルとか1Sv/hとか出ちゃいました
・1号機水溜りの測定生データ出したら、再臨界してるだろってばれちゃいました ←追加

<ΕΕιι>(同上)

>・1号機水溜りの測定生データ出したら、再臨界してるだろってばれちゃいました ←追加

 これは誤報だったみたいね↓

 「ヨウ素134、コバルト56、セシウム134…。福島第1原発2号機のタービン建屋地下で見つかった水たまりの分析結果には、なじみのない名前が並ぶ中、東京電力の発表も二転三転。混乱に拍車を掛けた。
 (中略)
 27日の東電の当初の発表で注目されたのは、ヨウ素134。同131と同様の核分裂生成物だが、半減期が約53分と短い。原子炉内で連鎖的に核分裂反応が起きる臨界状態は地震直後に止まっているはずで、「再臨界したのではないか」との臆測を呼んだ。しかし、その後同社はセシウム134と取り違えていたと訂正。
 宮崎さんは「ヨウ素131と134の生成比率は決まっており、2ケタも多いはずがない。よく考えれば気付くはずだ」と東電側の初歩的なミスを指摘した。」
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201103290025.html

<太田>

>記者会見はフランス語で行います<(ιΕΕι)

 何やこれ?↑

 大体からして、このハナシ全体、どっからコピペしたんよ?

<ιΕΕι>(「たった一人の反乱」より)

 放射線がカラダに与える影響には、2つのタイプがある。
http://tnakagawa.exblog.jp/15130220/

<私有自楽>

 知りたいことがあります。どなたか教えてください。
 冷静に考えて、想定できる最悪の事態での着地点を知りたいのです。
 これを知っていると、人は腹が据わって動揺しなくなりますから。

 私が想像している現在の状況は炉心の燃料が溶けて下に積り(既にそうなっていると想像している)、次の段階では外側の格納容器まで穴を開ける。
 その後、地面に積って熱の塊(2000℃以上?)で留まる(自然界のマグマに比べたらそれほどでもありません)、その際,運悪くウランが一定量集まれば臨界反応をするがそのエネルギーで吹き飛ばされ(数メートル)臨界反応は終わる(北朝鮮の失敗原爆実験と同じ、ウランエネルギーを効率よく全て爆発エネルギーに変換する技術なんて日本にはありません、皮肉な冗談です)。
 このとき中性子線が大量に発生すると予想され、一部は東京まで届くでしょうが東京の人間には影響はない筈です。

 もしこの私の見立て程度なら,冷やすのはあきらめて,チェルノブイリのように周りを囲む方が現実的ではないでしょうか。
 中性子線はホウ素入りの水で吸収できるので敷地の境界線あたりに水を積み上げる(燃料は地面の上なのでそんなに高い必要はない)。

 まちがっていますか。
 この点をどなたか専門の方に検証して頂きたいのです。
 違っていたら正して下さい。

 この場合、事故の評価レベルはチェルノブイリ級とされます。
東電や政府(スリーマイル以下ということにしたいから)はやりたがらないでしょうが今のままでは事態はどんどん悪い方向に動き身動きがとれなくなっています。
まだ原発を建設して利益を得たい人たちに対策本部が握られているので、然るべき対策が打たれることは絶望的ですが最後はこうなるのでないでしょうか?

 以下のことは上記の見通しの仮説が当たらずといえども間違っていないとの検証を頂いてからのこととなりますが…。

 現在の状況は、第二次大戦の時期で例えればヤルタ会談(昭和20年2月)の時期です。
 南洋諸島やインドシナ方面では総崩れになっていますが、東京大空襲((昭和20年3月末と5月)も行われていませんし、沖縄戦(昭和20年3月末〜6月まで)も未だ始まっていません。
 勿論原爆も落ちていません。

 未だ、間に合います。 然るべき手を今打てば。
 今、大切なことは事の深刻さを国民に正確に伝え、国民のためにメンツを捨ててこの原子炉を設計し製作したアメリカの技術者と原子力災害対策部隊に全面的な支援(正確には全面的に委ね)を要請しこの人達の作業を逆に日本政府が全面的に支援するという体勢を取らねばいけないと思います。(正に有事の体勢そのもので良いのです)

 今の政府のやり方のままで行くと70年前の日本と同じ轍を踏み、本来ならば、かえって良い景気刺激策となり立ちどころに復興できる筈の災害を更に重篤にさせ、日本経済そのものを衰亡に向けてしまうことを本当に配しています。

 今大切な事は、ハッキリと事故の損切りをしコンクリートで固め、その上で一気に復興経済を軌道に載せることだと考えます。

<宮里立士>

 --伊東氏のコラムに関して--

 伊東乾氏がどういう趣旨からメア「失言」問題を取り上げているか、いまひとつ判然とせず、また自分の英語力も稚拙なため、とりあえず同氏のコラムを一読した感想のみ述べます。
 アメリカの「沖縄専門家」が、沖縄侵攻以来、一貫して沖縄は、日本とは別の「民族」であると、理解することで沖縄統治や占領を合理化しようとしてきたのは事実だと思います。
 これは太田さんもよくご承知だと思いますが、アメリカは自己の世界戦略の必要から世界各地の地域研究(エリア・スタディ)を、政府が音頭を取ってその研究に力を注いできました。
 沖縄に対しても、戦前からそれを行っています(その昔を尋ねれば、ペリー来航時からです。
 かれは日本が開国に応じない場合、まず琉球を占領する準備をしていました)。
 復帰前の米軍統治時代、米軍は日琉離間政策と呼ばれる「琉球は日本と別なんだよ」という政策を推進して、逆に沖縄県民の「本土復帰熱」を喚起してしまいました(「OKINAWAN」と「JAPANESE」を別分けしていたということは、復帰前の米軍基地内で働いていた人から聞いたことがあります)。
 ただ、それをどれだけアメリカ人一般が理解しているかどうか……。
 メアの「失言」から自分などが感じた印象は、アメリカの「沖縄専門家」にウラで伝えられていた自分達に都合が良い「沖縄理解」が今でも「生きているんだなー」ということです(「沖縄のひとがゴーヤーも栽培できない」という言い方からも日本人とは違い、勤勉ではないというニュアンスが、含まれているのでしょう)。

 すみません。私も今回の地震で東北の惨状に驚き、福島原発事故の動向が気になり、メア「失言」問題に気持ちが遠のく思いが今はしております。
 しかし、たしかに日本の人間(じんかん)主義はすばらしいし、原発事故に見られる日本の官僚的硬直は酷いようですね。

<太田>

 沖縄が、明治維新以前と(本土「復帰」までの)戦後、本土とは異なった歴史を持っている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
ことは厳然たる事実であり、そのことは、立場の相違を離れて、大前提として認めなければならない、というのが私の考えです。
 なお、(薩摩藩の琉球支配以降の)明治維新以前と戦後において、日本と外国(前者では支那、後者では米国)に重属していた(ウィキペディア上掲)という、まことにもってユニークな経験を有することもあり、タテマエとホンネの使い分けに沖縄の人々は本土の人々以上に長けている可能性があるのではないでしょうかね。

<ΕιιΕ>(同上)

 <ιιΕΕクン(コラム#4652)、>日本人は関東大震災の頃から何も変わってないんだな。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%82#.E9.96.A2.E6.9D.B1.E5.A4.A7.E9.9C.87.E7.81.BD.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E6.B5.81.E8.A8.80

<ιΕΕι>(同上)

>日本人は関東大震災の頃から何も変わってないんだな。
 ↑
 意味不明。 
 何処がどのように変わっていないのか、具体例を示し自分の考えを述べなよ。

<ΙΙεε>(同上)

 「「暴動が起きているといったあらぬうわさが飛び交っています。惑わされないよう気を付けて下さい」
 宮城県警の竹内直人本部長は、この日、避難所となっている仙台市宮城野区の岡田小学校を訪れ、被災者に注意を呼びかけた。
 チラシを受け取った女性(43)は「犯罪はうわさほどではなかったんですね」と安心した様子を見せた。
 県警によると、110番通報は1日500〜1千件程度あるが、目撃者の思い違いも少なくないという。
 しかし、被災地では数々のうわさが飛び交っている。「レイプが多発している」「外国人の窃盗団がいる」。
 仙台市の避難所に支援に来ていた男性(35)は、知人や妻から聞いた。真偽はわからないが、夜の活動はやめ、物資を寝袋に包んで警戒している。
 「港に来ていた外国人が残っていて悪さをするらしい」。仙台市のタクシー運転手はおびえた表情をみせた。・・・
 ・・・過去の震災では、1923年の関東大震災で「朝鮮人が暴動を起こす」とのデマが流れ、多数の朝鮮人が虐殺された。
 95年の阪神大震災では、大地震の再発や仮設住宅の入居者選定をめぐる流言が広がった。・・・」
http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY201103250527.html

 いや、たぶんこの部分↑の事だろ。
 だだし、災害時に混乱の中で不安の種が育ち、流言が広がるのは一般的な現象だと思うけどな。
 日本人の場合、日本人同士の間ではある程度の信頼関係が確立している事からか、その不安の対象が外国人に向けられやすいってだけで。

<太田>(ツイッターより)

 地理的意味での欧州の政治家は、陸相(国防相)→外相→首相、というのがそのエリートコースであり、外交(安全保障)に大部分の時間を割いたってことが分かるよね。
 属国故無為に生きる日本の政治「屋」達の哀しさよ。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 まず、リビア革命関係です。

 体制派がシルテから打って出て、東のビン・ジャワドからも反体制派を追い出した。↓

 ・・・Pro-Gaddafi forces bolstered by recent reinforcements bombarded rebel positions in Bin Jawad, 45 miles from the politically and strategically significant town of Sirte on the Libyan coast.
 Revolutionaries around Bin Jawad eventually fled under the intense assault.
 The government army moved into the town and then pressed east for 20 miles to within striking distance of Ras Lanuf・・・
 <米英は反体制派に武器供与をすることも安保理決議の下で許されると言い出したが、仏伊はぶつくさ言っている。↓>
 Hillary Clinton, the US secretary of state, said for the first time that she believed arming rebel groups was legal under UN security council resolution 1973, passed two weeks ago, which also provided the legal justification for air strikes.
 The British foreign secretary, William Hague, agreed that the resolution made it legal "to give people aid in order to defend themselves in particular circumstances".・・・
 The French and Italians have・・・disagreed with Washington and London's interpretation of the UN resolution.・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2011/mar/29/libya-rebels-armed-by-us-uk

 シリア「革命」関係だが、アサド大統領は閣僚全員をクビにした。
 彼は、国家緊急事態を終わらせ、腐敗を取り締まる等の演説を本日行う予定。↓

 Syrian president Bashar al-Assad has sacked his cabinet and suggested significant reforms in his first public intervention in a 10-day-old nationwide uprising.・・・
 Assad is likely to lift emergency laws, which outlaw public gatherings, and introduce a corruption crackdown・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2011/mar/29/syrian-president-sacks-cabinet
-------------------------------------------------

太田述正コラム#4655(2011.3.30)
<ロシア革命と日本(その12)>

→非公開