太田述正コラム#4589(2011.3.1)
<皆さんとディスカッション(続x1121)>

<太田>(ツイッターより)

 アラブ革命がまだ波及しない諸国中、石油ジャブジャブのサウディ、ア首連、カタール、火薬庫のレバノン、までは分かるが、シリアについてはイマイチよ−分からん。
 フセイン亡きイラクにまで波及してるというのに・・。

 (コラム#4386に関し)英国の駐日大使のレベルが、戦前、少しも下がらなかったというのは驚異だ。
 それに引き比べ日本の外務省首脳クラスのレベルの低下は著しい。
 落ち目の帝国と昇竜の帝国のかかる明暗が示唆するものは? 
 キミどう思う。

<クッシー>

 植田信氏の律令制理論について、下記のような説明がありました。参考になるでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/jproject/lite/archives/51677399.html2011-02-27

<太田>

 以前、こういったものをお寄せいただきたい旨の呼びかけをしましたが、その後、植田さんの主張は一切取り上げるべきではない、と考えるに至りました。
 探していただき、ありがたいが、そういうことなのでご理解のほどを。

<SA>

 びっくりしました。
 何気なく、おおたのぶまさを検索してみたら、なんと、四日市出身とあり、これは?あのなでしこ保育園で、そして東橋北小学校一年生の時に、エジプトに行った、君だった。
 保育園での猿蟹合戦で、君は猿で僕は蟹だった事、一時帰国か何かでエジプトの砂を瓶でもらったことが、思い出されました。
 僕の娘も、板橋に住んでいます。
 横浜のランドマークのスタジオが職場でそれなりに生きているようです。

<太田>

 残念ながら、<当時のことは>ほとんど覚えていませんが、ご連絡ありがとうございました。
 母も父も亡くなっており、小学校の名前すら定かに思い出せない状況でしたし、保育園については、全く名前を忘れていました。
 教えていただいて、まことにありがとうございます。・・・

 というわけで、「四日市」への言及があるところの、私のホームページの箇所を開いてみたら、
http://www.ohtan.net/keireki/
で、私の年齢が61歳のままですね。現在、62歳になっています。
 ついでに覗いた
http://www.ohtan.net/
でも、オフ会で昨年後半以降に開催されたものの記述がありませんね。
 IT支援グループのAqua Altaさん、お手すきの時に訂正、加筆をお願いしまーす。

<太田>(昨日深夜)

 たびたびすみません。

 I.ニッシュ『日本の外交政策1869〜1942』(ミネルヴァ書房)<のコピーを以前、郵送してもらってますが、そ>の46〜47頁、欠けているので、FAXででも送ってもらえませんか。
 (FAXの場合、03-…-…(兼用)です。)

<XXXX>

 メール確認しました。
 兼用と言うことですので、夜も遅いので明日の午前中にFAXでお送りしたいと思います。
 また、いすれ同様のページ欠けがあった場合でも、気軽に言ってくださればFAXで対応したいと思います。

<XXXX>(今朝)

 先程、FAXの送信を完了しました。
 たぶん、正しく送信できたと思います。
 万一、送信に失敗している場合、メールでご連絡下されば再度お送りします。

<太田>

 届いていません。何でかなあ?

<太田>

 紙を入れる場所間違えてました!

<太田>

 それこそ、たびたびで申し訳ないが、紙が入ってなかったとしても、メモリーに入ってるはずなのに入ってないので、送信側にも問題があったのでは?

<XXXX>

 FAX再度送信致しました。
 焦って、標準画質で送ってしまいましたけど、大丈夫ですか?
 また、万一お送り出来て居ない場合、近くのコンビニで再度トライしてみようと思います。

<太田>

 届きました! サンキュー。
 ・・・
 それにしても、XXXXさん、スゴーい協力をいただき、ヒョーショージョーもんですね。

 それでは、記事の紹介です。

 まずは、リビア革命関連から・・といってもほとんどそれだけだけど・・。
 
 「・・・中東近郊で展開している<米>海軍と空軍<が>リビア周辺に再配置<され>ている・・・
 米財務省は・・・、最高指導者カダフィ大佐とその親族をはじめとするリビア政府に対する資産凍結額が少なくとも三百億ドル(約二兆四千五百億円)に上ったことを明らかにした。米国単独制裁による凍結額としては過去最高・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011030102000178.html
 <リビア上空を飛行禁止区域にするの、中共とロシアの反対でダメそうだ。
 NATOも国連にゲタあずけちゃってる。↓>
 ・・・Cameron said he had told the Ministry of Defence and the chief of the defence staff to draw up plans for a no-fly zone in coordination with Britain's Nato allies and report back to him within days.
 A no-fly zone would be designed principally to prevent attacks on Libyan people by the Gaddafi regime – mainly by his helicopter gun ships.
Cameron suggested the UK might even consider arming the Libyan opposition forces if Tripoli used more violence to crush demonstrations.・・・
 Western officials say any military intervention in the unfolding conflict would have to be coordinated by Nato and would require the approval of the UN Security Council, and that is far from guaranteed. Russia and China, who both hold a veto, have voiced their opposition to any outside interference. France too has cautioned about Nato involvement.・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2011/feb/28/us-military-gaddafi-libya
 <リビアの最新情勢は以下のとおり。
 最初の話、東京新聞だけで、欧米の主要メディアには出てこないね。↓>
 「・・・リビアの首都トリポリで二十八日、カダフィ政権に抗議する一万人規模のデモが行われ、最高指導者カダフィ大佐に忠誠を誓う部隊が発砲、数人が死亡した。デモには反政府勢力のほか、支持に回った軍の一部も参加した。・・・
  一方、カダフィ氏は二十八日、トリポリで米ABCテレビのインタビューに応じ、「反政府デモなど存在しない。私はすべての国民に愛されており、私を守るために皆が命をささげるだろう」と政権維持に自信を見せた。
 また「欧米と手を組み(国際テロ組織の)アルカイダと戦ってきた。それなのに彼らは私を見捨て私と戦っている」と述べ、米国などのリビアに対する制裁措置を批判した。
 ライス米国連大使は同日の記者会見で、カダフィ氏の発言について「率直に言って妄想<(delusional)>だ」と批判。クリントン米国務長官もジュネーブの国連欧州本部で記者会見し、「カダフィ氏は暴力をやめ、今すぐ去るべきだ」と即刻退陣を要求した。」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011030102000179.html
 「・・・政権派の部隊は二十七日夜から二十八日にかけ、首都トリポリ<の125マイル>東方にある反政府派が制圧した第三の都市ミスラタ<(Misrata)>など数カ所を空軍機で攻撃、再び激しい戦闘を繰り広げている。・・・
 Gaddafi loyalists are still holding out at an airbase and a barracks on the edge of the town. There are daily attacks and counterattacks between the two sides・・・
  また、・・・政権派は二十八日、トリポリ西方のサブラタを制圧。さらに戦闘機が東部ベンガジ近くのアジダビヤ・・・Ajdabiya, 100 miles south of Benghazi, the farthest east Gaddafi's forces had reached since their ignominious retreat on 20 February・・・にある武器庫を空爆するなど、激しい攻撃を加えた。・・・
 <東部の反体制派の海岸沿いの最西端の市のラス・ルサファが体制派に奪還された。↓>
 ・・・Pro-government forces were reported to have returned to the oil town of Ras Lusafa, about 125 miles further west, which had been the last rebel safe haven before the Gaddafi stronghold of Sirte, roughly halfway to Tripoli.・・・
 <東部の反体制派は、武器支援と飛行禁止区域の設定を国際社会に求めている。↓>
 "We can accept supplies," said Belkhair. "We don't need soldiers."
Then came what was almost a request to take care of the rebels' worst fears. "We would welcome air force support and any equipment. If we can take hold of Sabah air base (in southern Libya), we can stop the mercenaries coming in and this would be a savage blow to his offensive options. He is only still in power because of his air force."・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011030102000037.html
http://www.guardian.co.uk/world/2011/feb/28/libya-anti-gaddafi-rebels-gather
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/02/28/AR2011022805624_pf.html
 <西部の南方では、ベルベル族が反体制派に与している。↓>
 Mountain tribes in the west, also called Amazigh, unite with opposition after decades of Gaddafi repressing their identity・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2011/feb/28/libya-amazigh-identity-tribes-gaddafi
 <トリポリから30マイルしか離れていないザウィヤに対して体制派が攻撃をしかける徴候がある。トリポリの東の重要な港であるミスラタでは戦闘が行われている。
 更にずっと東部のシルテ(カダフィの生誕地)は依然体制派の手中にあり、東部からの反体制派の進撃を困難にしている。↓>
 Opposition forces also control Zawiyah, just 30 miles from Tripoli, although signs are imminent of a counter-offensive by the government. Misrata, an important Mediterranean port, east of the capital, is disputed and saw fighting again on Monday. Reports from Benghazi speak of concerns about food and medical supplies running low in a couple of weeks, although the port and the border with Egypt are open. The regime controls Tripoli, home to some 2 million of Libya's 6.5 million population, the international airport, the port and some outlying towns. It also controls Sirte, Gaddafi's home town, which opposition supporters have to skirt on a long detour south to avoid loyalist forces.
 <南部と(体制派の中心である)トリポリの周縁地域は中立地帯と言える。
 なお、サハラ砂漠の端に位置するところの、遠く離れたセバは体制派の下にあり、ここの飛行場経由で、体制派はアフリカの傭兵を導入してきている。↓>
 A further large area, as much as a third of the country in the south and areas around Tripoli, are effectively neutral and under the control of tribes. Sebha on the edge of the Sahara is a Gaddafi stronghold and was reportedly used to ferry in African mercenaries.・・・
 <カダフィ政府の許可なく、既に、英独の航空機がリビアの沙漠に着陸して自国民救出をなしとげている。フランスは、人道支援物資を積んだ2機の航空機をベンガジに飛ばすが、爾後かかる活動をどんどんやって行く、と表明した。↓>
 British and German planes have already landed in the Libyan desert without the permission of Tripoli, so that barrier has been breached, and the French have announced they will fly two planes into Benghazi to deliver humanitarian supplies. The prime minister, Francois Fillon, described it as the start of "a massive operation of humanitarian support for the populations of liberated territories".・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2011/feb/28/libya-land-brink-civil-war
 <体制派の諸処の市で、カダフィ支持デモが行われているが、カネを払ったやらせが多い。↓>
 Crowds in Sabratha chant loudly for Muammar Gaddafi, but regime has paid families to bolster its backing・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2011/feb/28/regime-libyan-town-sabratha

 <ベンガジは反体制派の拠点になっているが、ベンガジ解放をめぐる戦闘の転回点となったのは、フツーの一市民が決行したところの、体制派がこもる基地に対する自動車による自爆テロだった。↓>
 Mehdi Mohammed Zeyo was the most unlikely of revolutionary heroes. The bespectacled 49-year-old worked in the supplies department of the state-owned oil company. He was a diabetic with two teenage daughters.
 But something snapped inside him as a youth-led uprising in Libya against the government of Moammar Gaddafi quickly turned bloody.
 For days Zeyo had carried the bodies of teenage boys from outside a security base in the center of the city where Gaddafi's militiamen fired on young protesters. Every day he went with hundreds of others to the cemeteries to bury the boys. His outrage grew, until Zeyo quietly made a decision, according to his family, friends and witnesses to his fiery death.
 On the morning of Feb. 20, he walked down the stairs of his apartment building with a gas canister hoisted on his shoulder, witnesses said. He put two canisters inside his trunk of his car, along with a tin can full of gunpowder. Driving toward the base, he flashed the victory sign to the young men protesting outside and hit the gas pedal.
 Gaddafi's security forces sprayed his black car with bullets, setting off a powerful explosion, witnesses said. The blast tore a hole in the base's front gate, allowing scores of young protesters and soldiers who had defected to stream inside. That night, the opposition won the battle for the base, and for Benghazi, as Gaddafi's forces retreated. ・・・
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/02/28/AR2011022805298_pf.html

 あのルーシ−・ブラックマン事件について、英語の本が出て、FTの書評欄で絶賛されていた。
 あの「犯人」は在日だったらしい。↓

 People Who Eat Darkness: The Fate of Lucie Blackman, by Richard Lloyd Parry・・・
http://www.ft.com/cms/s/2/b8ebbe4c-4065-11e0-9140-00144feabdc0.html#axzz1FKRABoU6