太田述正コラム#4503(2011.1.17)
<皆さんとディスカッション(続x1078)>

<太田>(ツイッターより)

 コラム#4493に関し、誰も「それじゃ、日本型政治経済システムは自由民主主義でも資本主義でもないのではないか」という揚げ足取りをしないね。
 さしずめ、諸君、ちゃんと答えられると見える。
 模範回答をどうぞ。

<shihouen>

 <中共軍の北朝鮮駐屯報道は>ガセでは・・・?<(て、コラム#4501で書いてるが、)>出てるよ。↓

 「中国、日本海に拠点 北朝鮮特区に軍駐留か・・・」
 2011/1/16 4:00 情報元 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE3E7E2E1E28DE3E7E2E3E0E2E3E39494EAE2E2E2

<太田>

 おお、サンキュー。

<ΤΔΤΔ>(「たった一人の反乱」より)

 <与謝野、>たちあがれ日本になんかいたって何にも出来ないしな。
 デモに参加してるだけで議員歳費や政党助成金貰ってあわよくば自民党に復党したい連中としか思えんしw。
 しかし何で自民ってこの機に乗じて集団的自衛権や憲法改正を民主に迫らないのかな?
 仙石の首なんかよりそれを取引材料にしようとか思わないものなのかなあ?
 やっぱり所詮は政治屋だから?

<太田>

 タテマエじゃハトだのタカだのと世論をあざむきつつ、ホンネでは吉田ドクトリンを墨守しようって奴は政治屋であり、そういう政治屋達が群れ集う仲良しクラブが自民党だった。
 奴らは、主権回復後、一貫して掲げ続けてきた吉田ドクトリンの幟、容易なことじゃおろせないだろね。
 自民党、吉田ドクトリンと心中して滅亡するかもね?
 そうなりゃそれはそれで美学ではある。

<XXXX>

 <付箋の件(コラム#4501)ですが、>六十九議会以降は重要な箇所には、なるべく付箋貼っときますね。
 ちなみに、あの付箋は以前、稚拙ながら(太田史観に沿った)レポートを近現代史の講師に提出してみた時のモノです。
 (これまでに送った資料は大部分、その時の典拠に使ったもんです。)
 新たに印刷し直して、貼り直す時間が無かったので、そのまま直送になりました。
 (ちなみに、他の学生30人程にも太田史観を紹介しときましたが、微妙な反応でした・・・・・・。
 ぼく如きの布教活動じゃどうにもならんので、次著が出たら良いなと、思っています。
 いや、ホントに変人だと思われましからね・・・・・・。)

<太田>

 僕やXXXXさんが変人なら、自由民主主義好きで赤露恐怖症であったところの、戦前の日本人の大部分、そして戦後の米英人の大部分が変人だった、ということになっちゃうんだけどなあ・・。

<BERNIE>

 講演会まで<5日です>。
 二次会の受付は締め切らせて頂きましたが、一次会(講演会)は、まだまだお席に余裕がありますので、ご参加をお待ちしています。

↓お申し込みはこちらまで。
http://www.ohtan.net/meeting/

 飛び入り、途中参加も大歓迎です。

<太田>

 三次会だけ出席の方が今までもいらっしゃいましたし、今回もいらっしゃいます。
 これだけの、飛び入り、途中参加、も大歓迎ですよ。
 なお、こういった方、必要に応じて、私の携帯に電話してください。

 
 それでは、記事の紹介です。

 菅首相による与謝野の一本釣りは、舛添や鳩山(邦)のような、さもしい、元自民の奴らの友釣りにはつながるのかもねえ。↓
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110113/stt11011314150038-n1.htm

 与謝野と民主党の「齟齬」が一表にまとめられている。↓
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E4E2E2838DE3E4E2E3E0E2E3E38297EAE2E2E2

 チュニジア「革命」は、まことにもって、史上初のIT「革命」だったでござる。↓

 ・・・The uprising began on Dec. 17, after a 26-year-old computer science graduate Mohamed Bouazizi set himself alight, after police ordered him to stop selling vegetables on the street; he had been unable to find a job in his profession.・・・
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,2042740,00.html

 中共の軍事力強化に対抗するために、何をなすべきかが記されている。↓

 <このコラムニストのように、グアムへの米軍集約は愚の骨頂であると断定できるかどうかはともかく、そのための経費を日本が思いやりで負担することだけは、間違いなく愚の骨頂だ。↓>
 ・・・Perhaps the worst thing the U.S. can do is implicitly concede this advantage to the Chinese military by implementing strategies that would stage and deploy most American military assets from bases outside the region. Creating a Fortress Guam in response, for example, will undermine the credibility of American security ties with Japan, South Korea and the Philippines. It will be next to impossible to assure our partners that "we have their backs" when we are 1,500 miles away.・・・
 <日本や韓国にはF-35の垂直離着陸版を保有させろってさ。↓>
 ・・・the Pentagon should be working with the Japanese and South Koreans for them to procure the F-35 stealth fighter-bomber. And precisely because of the threat to air bases posed by China's ballistic and cruise missiles, it is even more incumbent that the VSTOL version of the F-35 go forward, despite current problems in the program. Having a capacity to take off and land vertically and on short runways will become even more essential in the years ahead.
 <やっぱ、F-22も保有させるべきだってよ。↓>
 Finally, Congress needs to reverse the administration's decision on ending production of the F-22 at 187. Not only is the stealthy "Raptor" far and away the finest fighter in the world—and will remain so for many years to come—it is the only plane available for more than a decade that can operate night and day in an independent fashion in a hostile Chinese air defense environment. ・・・
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704511404576085171839462108.html

 まだ、出版されていない本の「書評」からだが、いずれ、出版された暁にはコラムに仕立てたいもんだ。↓

 ・・・<先の大戦での飢餓や栄養失調による死は2,000万人、戦死は1,950万人。・・・
 日本軍の場合、何と、前者は100万人、後者は47万人。(ちょっとトータルが少なすぎるようだが、先の大戦以前の日支戦争での戦死が含まれていない?)・・・
 <ドイツ軍による輸送船攻撃により、1942年11月には、英本国では、食糧が4〜6ヶ月で底をつくと予想。1943年3月には、後2〜3ヶ月と予想。・・・>
 <その上で、1943年のベンガル大飢饉を、日本とインド人にも責任を転嫁しつつ弁護。↓(そりゃないよ。)(太田)>
 It is in that light, and of course the military threat that Japan posed to India, that one should judge Churchill’s reluctance to divert military and other resources to alleviate the devastating Bengal famine of 1943, which claimed up to 3m lives. Collingham rightly spreads the blame far more widely than some modern revisionist historians, who try to explain the famine in terms of the prime minister’s supposed hatred of Indians. “In June 1943, when the famine was at its height,” Collingham tells us, “Sir Chhotu Ram, the revenue minister of Punjab, instructed his farmers not to sell their grain to the government under a certain price,” and “the provincial government of Bengal was in Indian hands at the time, and while British district officers might have been incompetent in responding to the developing crisis, the old structures of welfare and charity among the Indian wealthy had also broken down.”
 <更に、北部仏印における1943〜44年の大飢饉で日本を非難。更に、日本軍は支那人捕虜を意図的に餓死させたと非難。↓(これらは要検討。)(太田)>
 Starvation was used as a military tactic in the far east; the callous requisitioning policies employed by the Japanese were responsible for killing 2m Vietnamese in the district of Tonkin alone in 1943-44, and between 2m and 3m in Hunan, China. Countless Chinese prisoners of war were deliberately starved to death by their Japanese captors who, by their surrender in 1945, could only find 56 alive to release.・・・
http://www.ft.com/cms/s/2/29bea282-1f56-11e0-8c1c-00144feab49a.html#axzz1B4pCcppe

 タバコは、生まれて初めて吸った最初の一本でもって、何と、15〜30分後には癌罹患可能性を高める、という実験結果が出た。↓
http://www.bbc.co.uk/news/health-12193602

 中共での、日本のAV女優・蒼井そらの爆発的人気は、一体どう説明したらいいんだろう。
 酒井法子の中共での人気は、分からないでもないが・・。↓
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&id=1470609
--------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4504(2011.1.17)
<ワシントン体制の崩壊(その4)>

→非公開