太田述正コラム#4453(2010.12.23)
<皆さんとディスカッション(続x1053)>

<太田>(ツイッターより)

 (コラム#4451に関し)経済の話は専門家以外は敬遠するけど、軍事話にはシロウトも軍事オタクも誰でも気軽に参入する。困ったもんだわ。
 日本の一般の大学に軍事の講座ないんで、例えば防衛大の防衛学教室、ネットで公開講座を通年開催したら?

 (コラム#4216に関し)チャーチル、軍歴は大変なものだ。
 ハロー校の陸軍候補生隊入隊以来、陸士を経て、40歳代後半まで、断続的に世界各地の戦場の第一線で活躍した。
 しかし軍事的識見があり過ぎ、政治家として、WWIでもWWIIでも失敗した。
< http://en.wikipedia.org/wiki/Winston_Churchill >

<ブルー>

 太田様は以前、「政権交代後、仮に民主党政権が売国的な政策に走ろうとしても米国が許さないから大丈夫」といった意味の事を書いておられました。
 今回の防衛大綱を見て「あ、ホントだ。」と思ったんですがそういう理解で宜しいでしょうか。
 そしてそうだとして、こういう事の連続から民主党が政治の自主性を発揮出来ない事に苛立ち自主性を獲得しようと動き出す事を決意する方向に行くのでしょうか。

<太田>

 「・・・日本人の反中感情が高まっている中、日本にある中国領事館の敷地取得計画が相次ぎ頓挫する事態に陥っている。・・・」
http://www.chosunonline.com/news/20101223000028
という状況下、日本人と米国人の脅威認識は、とりわけ中共に関して、微妙な乖離を示しています。↓

 「「中国を信頼できるか」という質問に対し、日本人の87%、米国人の65%が「全く信頼していない」または「あまり信頼していない」と答えた。・・・
 さらに、日本人は自国にとって軍事的脅威になる国や地域(複数回答)として、「北朝鮮」(85%)、「中国」(79%)、「ロシア」(59%)を挙げた。一方、米国人の回答は「北朝鮮」(79%)、「中東」(76%)、「中国」(58%)の順だった。・・・」
http://www.chosunonline.com/news/20101223000029

 とはいえ、下掲のような認識は必ずしも正しくありません。↓

 「・・・日米関係について、日本人の40%が「悪い」と回答した。昨年の調査では、26%が「悪い」と回答していた。一方、日米関係が「良い」という回答は、昨年の48%から33%に減った。また、日本人の79%が「普天間飛行場の移設問題が両国関係に悪影響を与えている」と答えている。・・・」(同上)

 押さえるべきは、米国の相対的な力が急速に衰えを見せており、既に昨年、オバマは、米国は世界の覇権国たる地位から下りるつもりである、と事実上言明していることです。↓

 ・・・Obama was true to his baffling words before the United Nations General Assembly on September 23, 2009: "No one nation can or should try to dominate another nation," Obama told the United Nations on September 23. "No world order that elevates one nation or group of people over another will succeed. No balance of power among nations will hold." ・・・
http://www.atimes.com/atimes/Middle_East/LL23Ak04.html

 中共や北朝鮮をめぐって日米の認識の乖離がより拡大していく可能性がある一方で、米国は、国防費を削減し、米軍をどんどん東アジアから撤退させて行くでしょうから、日本で次の総選挙があるまでには、日本国内で「独立」への気運は高まらざるをえないだろう、と私は(若干希望的観測を交えつつ)信じています。

 ところで、米国の日本専門家が、以下のような、中期防でカネやヒトを減らしておいて、どうして新防衛大綱に言うところの、より積極的な防衛態勢が構築できるのか、という疑問を投げかけています。↓

 ・・・Exactly how Japan will undertake more defense activities with reduced resources will be the test of how credible the DPJ is on security issues.・・・
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704774604576035071311120978.html

 この疑問への答えは、「機動即応部隊」(コラム#4439)をつくったところで、それを中東や南アジアに派遣するためにはクリアしなければならないところの、集団的自衛権行使を禁じる政府憲法解釈の変更、が予定されておらず、また、それを中共や北朝鮮用に用いなければならないようなシナリオが存在し得ない・・(核を除き)中共や北朝鮮は日本の軍事的脅威ではない・・からです。

<ΔππΔ>(「たった一人の反乱」より)

 <おささん(コラム#4451)、>なんで、野坂昭如と本多勝一を同じ括りしてんだぁ?
 野坂が焼跡闇市派とか(周りが)勝手に云ってんのだけど、野坂の生き様をみれば本多天皇(笑)とは全然違うだろ。
 まぁ、カテゴリーでいえば中島らもと同じだとおもうよ野坂のおっさんは。
 昔から野坂昭如が好きで心配しているんだけど、現在もリハビリ中(脳梗塞)らしいけど、何とかしぶとく復活して欲しいおっさんだよな〜。

 野坂昭如
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0877.html
 日本の属国ぶりを嘆いてはいるが、本多とは全然違う。
 『骨餓身峠死人葛』は、たしか読後感の悪い作品でもトップクラスだったはず。

<ΠΠδδ>(同上)

≫成績がイマイチで名門出身で不幸にも金があった鳩山(由)は道化となって皆の失笑をかった。≪(コラム#4451。太田)

 <鳩山邦夫、>東大首席じゃなかったっけ?
 次席が舛添。
 昔TVタックルで舛添がそんな発言してた覚えがあるんだけど。
 勉強が出来るだけのアホって意味なのか、それとも太田さんにしてみれば東大首席ですら成績がイマイチ扱いなのか解からんので反応に困る。

 と思ったらブログ<(コラム#4451)>で追加情報出とる・・・。

<川にゃ>(同上)

 東大法学部政治学科の主席は鳩山弟で次席が舛添。
 鳩山弟は本屋で参考書を立ち読みするだけで記憶できたそうだ。
http://blog.livedoor.jp/omttm202/archives/51374669.html

 ちなみに、アフリカのギニア出身のオスマン サンコン氏は、同国で3万人が受験した外交官試験でトップだった。
 サンコン氏「僕は、勉強については先生の話を一度聞いたら絶対に忘れない」
 (典拠は『徹子の部屋』に出演時の発言)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3

 舛添もサンコン氏も数ヶ国語をマスターしている。
 先天的な記憶力と有効な暗記術(勉強方法)と強靭な精神力。
 ニュートンの知能指数は120程度だったそうだ。ゲーテやパスカルは170、JSミルや歌手のジュディ オング氏は160らしい。
 (典拠失念、又は湯川秀樹著『天才の世界』だったかも)

 共に東大法学部で首席だった片山さつき議員(舛添の元妻)と鳩山弟の成績自慢合戦。http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1065969/

<太田>

 くっだらねー話題だけど、旗日だからちょっとつきあうか。

 文1(≒法学部)の場合も、全学共通の進学振り分けの関係で大学1年の時の成績はつく。
 ただし、優良可を点数に換算した平均点ごとの成績しか分からない。
 ボクの場合は、79点で、文1の730人中58〜85位(コラム#2501)だった。
 ということは、点数が最高点で、しかも、その点数とったのが1人しかいなかったら、そいつが1番ということになる。
 誰が1番だったかなんて、当時全く話題に上らなかったが、どうやら邦夫が1番だったことは確からしい。
 (2番が舛添だったという話は初めて聞いた。そう言えるためには、邦夫のに次ぐ舛添の点数も他にとった奴がいなかったってことになるが、ホントかいなって感じだ。)
 ただし、当時、文1の場合、大部分は法学部へ進学するし、希望すれば単位不足でない限り全員法学部へ進学できたから、大学1年の時に良い成績をあげるインセンティブは全く働いていなかったはずだ。
 だから、この順位、あんまし意味がない。
 意味があるとすれば、高ければ就職する場合に有利になるところの、法学部卒業時の、(文1時代を除く)全教科の平均点に基づく順位だろうが、学部当局は把握してるんだろうが、学生には開示されない。
 話題になるのは、全優をとった者が出た場合だが、邦夫が全優だったという話は聞いたことがなく、他方、私の友人で全優だった者(彼の文1の1年の時の点数は確か80点)がいる・・各自が成績表を受け取った時に見せてくれた。ちなみに、彼こそ記憶力抜群(コラム#1329、3965、4098)・・ので、邦夫が「1番」だった可能性は、いかなる意味においてもありえない。
 他に全優がいたとすれば、卒業と同時に即法学部助手になった、舛添要一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9B%E6%B7%BB%E8%A6%81%E4%B8%80
や現法学部教授(刑法)の井上正仁(ボクは面識なし)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E6%AD%A3%E4%BB%81
あたりだろう。
 なお、当時、法学部に学科などなく、3つの類(第1類(私法)、第2類(公法)、第3類(政治))はあったけど、これは、必修科目が若干違うというだけで、授業は全部一緒だ。
 成績をそれぞれの類ごとでつけるなんて話は全くないし、ありえない。
 蛇足ながら、現法学部教授(政治学)の北岡伸一(ボクが審議官の時に面識あり)は、卒業後、他大学に一旦出てる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B2%A1%E4%BC%B8%E4%B8%80
ので、第3類の中では舛添より成績が悪かった可能性が高いが、その後の学者としての実績では、北岡が舛添を完全に上回り、学者として挫折した舛添は、タレント、更には政治家への転身を余儀なくされたってことだろな。
 舛添、名門じゃないしカネもないけど、この点だけとりゃ、鳩山由紀夫とちょっと似てるね。
 サンコンとさつきについてはノーコメント。

 本日、紹介すべきその他の記事はありません。
--------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4454(2010.12.23)
<ハセガワとベーカーの本(その8)>

→非公開