太田述正コラム#4447(2010.12.20)
<皆さんとディスカッション(続x1050)>

<ΔΠΔΠ>(「たった一人の反乱」より)

 <ΠΔΔΠクン(コラム#4445)、>息子が海自の幹部候補生学校を出て数年だけ勤務しただけでしょ?
 息子がそうだから興味あるって前提がそもそも・・w。
 その理屈なら俺の親父は軍事評論家になれるよw。

<MS>

 ・・・太田さん、ハセガワとベーカーシリーズ再開していただき、ありがとうござ
います。
 セオドアルーズベルトの押しかけ・・・シリーズも、後で見直したときに<次著の>七章にできれば入れたいですね。
 その他、ディスカッションシリーズで、いくつか次著に入れるべき内容について、言及されていましたが、これらも一度全体がそろってから、どこに何を入れられるか考えたいと思います。

<太田>

 再開はしたけれど、後1回程度で同シリーズを中締めしたいと思っています。
 ハセガワの本は、日本のポツダム宣言受諾の後も続いたソ連の対日戦を描いて終わっているのですが、その部分は、当面、読むつもりがないからです。
 ただ、ご承知のように、それまでの数日間、別の「東と西」シリーズを挿入させていただきます。
 なんでお前はそんなに飽きっぽいんだ、と呆れないでくださいね。
 なお、このハセガワの本、日本人の言動や日記等について日本人の典拠に拠ってハセガワが書いている部分については、邦訳版(未入手)が出ているのでなおさら、次著で使う場合は、原典拠(邦訳版の記述で代替可)に拠って書き替える必要があります。
 また、その書き換えにあたって、明治期以降の文章について私がしばしば行っているような、新字体や新仮名遣いへの変換も、必要に応じて行わなければなりません。
 こんなことをとっても、歴史本をつくるってホント大変なんですよ。
 MSさんの当該部分の編集作業が終わった段階で、この邦訳版をお持ちの第三者たる読者のどなたかに、この書き換え作業をやっていただくべく、私から呼びかけたいと思います。
 重ね重ね、MSさん、USさんのご尽力に感謝申し上げます。

<BERNIE(オフ会幹事団)>

 次の講演会(オフ会)の内容が決まりましたので、お知らせします。

太田述正 第4回講演会

日時 1月22日(土) 13:00〜17:00
場所 新宿区・大久保地域センター 会議室B
http://www2.odn.ne.jp/ookubo/

会費 500円

プログラム

1.太田の講演「民主党と私の選挙」(1時間程度)
2.クイズコーナー
3.質疑応答

●二次会 17:15〜
場所 鳥良 新大久保店
http://www.samukawa.co.jp/toriyoshi/shinokubo/index.html
予算 3,000円程度

●三次会 19:15頃〜
場所 喫茶室ルノアール 新大久保駅前店
http://www.ginza-renoir.co.jp/renoir/116.htm

 一次会(講演会)のみの参加はもちろん、二次会・三次会からの参加も大歓迎です。
※二次会への参加をご希望の方は、1月10日までにお願いします。

 Skypeでの参加(一次会のみ)も募集しています。Skype名をご記入の上、お申し込み下さい。
 ご不明な点、ご要望がおありでしたら、申し込みフォームの伝言欄からお問い合わせ下さい。
 皆様のご参加を待ちしています。

<太田>

 昨日出席したスタンフォード大学時代の友人達との忘年会で、経済学の教師に、どうして経済学で日本人がノーベル賞を受賞できないのか聞いてみたのですが、彼を含む数人の意見をまとめると、日本では、経済学部系の学生が、量と質において、理系学部より下回っており、また、同じ文系学部で見ても、法学部より下回っているからだ、というものでした。
 こんな事情は、米英はもとより韓国でも見られない、ということのようです。
 そう言えば、この教師も工学部卒であり、大学院で経済学部に転じた経歴でした。
 その彼、スタンフォードで私も会ったことがあるはずの北欧から来てた学生、最近ノーベル経済学賞とったぞと教えてくれたのですが、全然思い出せません。


 それでは、記事の紹介です。

 今頃、この程度の話を聞かされる毎日新聞の読者は気の毒だねえ、太田コラムの読者の皆さん。↓

 「・・・小沢の大志は政界再編なり国際貢献なりであると長く信じられてきた。が、振り返れば、それらは、ウソとは言わぬまでもタテマエに過ぎず、真の目標は自分のサバイバルであり、そのために選挙必勝と多数派工作の無限運動を繰り返しているだけではないのか・・・
 権力をむさぼる政治家たちの情熱は「選挙至上主義」に表れる。次の選挙に勝つためには何でもする。地位を守るためには国家権力さえ利用する。民主党はそういう人々を包含する政党であり続けるのか。大きな岐路にさしかかった。」
http://mainichi.jp/select/seiji/fuchisou/news/20101220ddm002070107000c.html

 菅政権も民主党も、人気は下げ止まったな。↓
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101220k0000m010067000c.html

 出藍の誉れじゃ。
 後は、早く経済面でも旧宗主国を追い越してくれ。↓

 「世界民主主義指数:韓国20位、日本は22位・・・」
http://www.chosunonline.com/news/20101220000012

 ざまみろ。↓

 「・・・北朝鮮に対する金融制裁が続く影響で、北朝鮮は海外で銀行決済ができず苦しんでいる。現金をかばんに入れたまま取引先を回っているようだが、その際に担当者が行方をくらますケースが続出している・・・」
http://www.chosunonline.com/news/20101217000023

 ウーム、分からんような分かるような。
 私の米国解明の旅も行き着くところまで行き着いた感があるねえ。↓

 <完全自由市場なんて存在し得ない。↓>
 ・・・the perfectly free market that Mr. Harcourt says not only doesn't exist—no argument there—but couldn't, hasn't and shouldn't. ・・・
 <しかし、米国民は、それが存在するどころか、自由市場経済が最上の経済システムだと信じ込んでいる。↓>
 No fewer than 71% of American respondents to a pollster's question assert that the free-market economy is the best economic system under the sun.
 <そんな米国が、刑務所に入ってる人口比率が世界一ってのは偶然じゃないってんだな。↓>
 ・・・these same people "live in a place that operates the world's biggest, most expensive, government-run, interventionist prison system that incarcerates more than one out of every hundred adults in the country." ・・・
 The very idea that markets ought to be unregulated—that they can even be free—is in no small way responsible for America's teeming jails. ・・・
 <なんとなれば、自由市場経由でない財・サービスの取引の多くが、米国では違法とされ、やった者は、基本的に刑務所にぶち込まれるからだってんだな。↓>
 ・・・the school of legal thought・・・holds that crime is an economic affront—"a class of inefficient acts." Thus rape is a crime, the theorists hold, because it bypasses the "market" for marriage and the "market" for dating.・・・
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704034804576026012320513404.html?mod=WSJ_Opinion_LEFTTopOpinion

 これ↑に、たまたま強姦の例があがってるが、この点じゃ、スウェーデン、米国化しとるねえ。
 だって、アサンジまでもが強姦犯ちゅうことになるのなら、スウェーデンの刑務所、強姦犯だけでも溢れかえってて不思議じゃないからだ。
 ところで、アサンジの件の情事の詳細が、スウェーデンの司法当局の秘密報告書がリークされたことによって明らかになったぜ。(別の資料や取材による補足もなされている。)
 うー、ちょっとしたポルノ小説であるな。
 それにしても、リークはリークを呼んだってことだね。
 こういう記事、英語を身につけるには絶好だよ。
 みんな、ぜひとも頑張って読んでくれたまえ。↓

 <上記秘密報告書の完全版がガーディアンに、そしてその後抜粋版がNYタイムスに、それぞれ異なった提供者からリークされたということになっとる。↓>
 ・・・The British newspaper The Guardian broke the news of the report on Saturday, and quoted extensively from what it said was an unredacted copy. The New York Times later obtained a redacted form of the report in Swedish from another source. ・・・
 <以下、『A嬢とW嬢の物語』だばい。30歳台初めのAの方は左翼の思想的グルーピー、25歳のWの方は有名人にイカレるフツーのグルーピーってところだな。↓>
 The two women have been referred to in the British courts only as Ms. A and Ms. W. Ms. A, according to the police report and to Swedish friends, is a left-wing activist in her early 30s who was Mr. Assange’s point of contact when he flew to Stockholm from London on Aug. 11 to give a speech at a gathering hosted by the Swedish Association of Christian Social Democrats on Aug. 14. ・・・ her political leanings suggest she would not want to harm WikiLeaks, which is dedicated to revealing states’ secrets.
 Ms. W, who has worked part-time in a Stockholm museum,・・・.
 <ここから、A嬢との情事が描かれている。↓>
 ・・・arrangements had been made for Mr. Assange to begin his visit to Sweden by staying at her Stockholm apartment for a few days while she was out of town. But・・・she returned Aug. 13, sooner than expected and, over dinner with Mr. Assange, agreed to allow him to stay in the apartment.
 The details of their sexual encounter <was as follows.>・・・Mr. Assange had stroked her leg, then pulled off her clothes and snapped her necklace. ・・・she・・・tried to put on some articles of clothing as it was going too quickly and uncomfortably but Assange ripped them off again.・・・
  Mr. Assange pinned her arms and legs to stop her from reaching for a condom. Eventually one was used — but・・・he appeared to have “done something” with it, resulting in its tearing.
 <ここからW嬢との情事が描かれている。↓>
 Ms. W, 25, lives in the town of Enkoping, about 30 miles north of Stockholm. A few weeks before Mr. Assange arrived in Sweden, she saw him on television,・・・and found him “interesting, brave and worthy of admiration.” When she discovered that he would be speaking in Stockholm, she contacted Ms. A to volunteer her help.
 Her offer was not taken up, but she decided to attend the lecture anyway, where she met Ms. A in person. After the speech, ・・・she sat next to Mr. Assange at a group dinner. He flirtatiously fed her bread and cheese, she said, and put his arm around her.
 The group dispersed after dinner, leaving Mr. Assange and Ms. W alone・・・. They decided to go to a movie, where, the report said, the couple began caressing, then moved to a back row, where they continued. Two days later, Ms. W and Mr. Assange met again and walked around the city’s old town together・・・. ・・・they decided to go by train to Enkoping after Mr. Assange balked at staying in a Stockholm hotel. Ms. W then bought his rail ticket, for about $16, after Mr. Assange told her that he did not have any money, and that he feared he could be traced if he used a credit card.
 ・・・after arriving at her apartment the two had sex using a condom. ・・・<Sleeping,> she・・・<woke> up to find him having sex with her again, without a condom. Later that morning,・・・Mr. Assange “ordered her to get some water and orange juice for him.” She said “she didn’t like being ordered around in her own home but got it anyway.”・・・
 <再びA嬢のところに戻ったアサンジがまたもや・・。↓>
 From Enkoping, Mr. Assange returned to Ms. A’s apartment, despite what she describes as a deteriorating relationship in the light of their previous sexual encounter. Then, the following day,・・・Mr. Assange tried to initiate sex by rubbing himself against her. ・・・he was naked from the waist down. This・・・is the grounds for one of the allegations of “sexual molestation.”
 <A嬢とW嬢が会い、その時、それぞれがアサンジと関係を持ったことを知り、これで2人の(嫉妬心転じての同志意識に基づく)協力関係が成立する。
 この2人が求めた性病検査を受けることをアサンジが拒否。バカだねー。
 これを受け、A嬢とB嬢は警察に駆け込み、第三者にもこの一連の話をバラした。↓>
 Later the same week,・・・Ms. W got in touch with Ms. A to try to seek out Mr. Assange, after he had failed to keep a promise she said he had made to call her. In the conversation,・・・the two women discovered that both had had sex with Mr. Assange without a condom.・・・the two women then decided to insist that Mr. Assange have a test for sexually transmitted diseases.
 At around this time, Ms. A asked Mr. Assange to leave her apartment・・・. ・・・he did so on Aug. 20. On that day, when he had not taken the test, the two women went to Stockholm’s Klara police station, where,・・・they “wanted to get some advice” and were “unsure of how they should proceed.” By that time,・・・both women had already confided similar details of their experiences with Mr. Assange to friends. ・・・
http://www.nytimes.com/2010/12/19/world/europe/19assange.html?ref=world&pagewanted=print

 萌えキャラ「日本鬼子」(コラム#4393)のその後が分かるよ。↓
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1104&f=national_1104_129.shtml
http://news.livedoor.com/article/detail/5219110/
--------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4448(2010.12.20)
<東と西(その2)>

→非公開