太田述正コラム#4289(2010.10.2)
<皆さんとディスカッション(続x971)>

<δζδζ>(「たった一人の反乱」より)

 チラ裏で申し訳なんだけど、<昨日の>夕方、普段新聞を読まない父親(65歳)が珍しく新聞(産経)を読んでて驚いたんだけど、よっぽど今回の衝突騒ぎに対する日本政府の対応に腹が立ったらしい。
 現政権に対する不満を30分近く聞かされた。
 それじゃ憲法9条改正して属国状態の打破、日本独自の軍隊を持ち、その上で日米同盟を強化して対中・対北への抑止力とすべきだよねって話に持っていってみたら、「そんな事になったら徴兵制の復活だ!!!」「戦争になる!!!」と更に30分近く説教された。
 そんな事になるくらいなら属国のままでいいんだそうな。

 以前、太田さんが(コラム#4277)で

≫日本人が、半世紀以上にわたって、日本の外交・安全保障の基本を米国にぶんなげっぱなしで平気なほど宗主国米国を信頼している以上、その米国と合邦するというのは実に論理的なオプションではありませんか≪

って言ってるのを見た時はそんな荒唐無稽なwと思ったもんだけど、父親みたいな人が日本人の大半だとすると確かに現実的な意見なのかも知れないなぁ。

<δδζζ>(同上)

 65歳って戦争を知らない世代だよね。

<δζδζ>(同上)

 うん。
 昭和20年の2月生まれだから戦時中に生まれはしたけど戦争は知らない。
 ただ、戦後の極貧で何度か死にかけた経験があるんで戦争に対する拒絶反応は俺達の世代よりも強烈なのかも知れない。
 俺(29歳)はその極貧すら知らない世代なんで余計に親父世代の人を説得するのは難しいと感じたよ。
 少しでも戦争に関わる可能性のある内容は全否定で聞く耳すら持ってもらえないし。
 憲法9条掲げてれば日本が戦争に巻き込まれないとは思えないんだけどなぁ。

<太田>

 お父さんには、そもそも、産経から他の新聞に切り替えてもらう必要があるけど、「今回の衝突騒ぎに対する日本政府の対応に腹が立った」って、要するに私の言うところの、日本政府にガバナンス能力が欠如してるってことなワケだけど、それを何とかするためには「独立」するか宗主国米国と合邦するかしかないってことを懇切丁寧に説明してあげるしかないねえ。
 まずは、本日、下の方で書いた、尖閣問題の構図のところをお父さんに読み聞かせた上で、ここ歴代の日本の首相、ことごとくひどいと思わないか、一体それどうしてだろねってところから始めたら?
 ああ、そうそう、やっぱ下の方で書いた、宗主国米国サマがやらかした戦後のおぞましい2つの実験の話もついでに読み聞かせたら。(邦訳してないのゴメンよ。)
 全部いっぺんにやると、刺激が強すぎて、お父さん、卒倒しかねないけど・・。

<δζζδ>(同上)

 今のアメリカと合邦したら属国のままでいるよりは当然、独立する場合に比べても遥かに戦争に巻き込まれる危険が増大するから、<合邦という>意見は却下だな。

<太田>

 δζδζのお父さんよりひどいね。
 例えば、中共が台湾に対して軍事力を行使したら日本をも拠点にして米軍は反撃するだろうから日本は「巻き込まれる」。
 日本が米国と合邦したってこの点、なんにも変わらないさ。
 ただし、日本にとって核抑止力は万全になる。
 ちなみに、日本が「独立」して日米がまともな同盟関係になった場合は、仮に日本に常設米軍基地がなければ、日本は、在韓米軍基地やグアム等から米軍が中共に反撃しても、もともと米国が攻撃を受けたわけじゃないから、理論上「巻き込まれ」ないことだって可能かもよ。

<ΗΗΔΔ>(同上)

 超党派「主権議連」発足 原口前総務相ら 尖閣領有を強調 政界再編への布石か?
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101001/stt1010012210011-n1.htm

 原口さんの事嫌いじゃなかったんだけど小沢支持したの見てガッカリしちゃった。
 そういう前置きがあるせいで、どうにも原口さんがやる事を素直に見る事が出来なくなっちゃったなぁ。

<δζζδ>(同上)

 どうだろうね。
http://www.youtube.com/watch?v=nKt2UE_6Ayw&feature=channel
 インタビューの最後、小沢を嫌っていて「なんで小沢なんかと話さなきゃいけないんだ」と言ってる人ほど会って話すと小沢ファンになる・・・らしい。

 太田氏も会ったことが無いそうだけど、会ってみたら小沢ファンになったりしてね。

<太田>

 確かに、ボクも(首相になる前だったけど)あの森喜朗に会った時に、彼の人たらし術に引っかかってファンになっちゃったからなあ。
 でも、小沢については、予備知識を持ちすぎるくらい持ってるから、そうはならんだろうね。

<carauction5706>

 I just sent this post to a bunch of my friends as I agree with most of what you're saying here and the way you've presented it is awesome.

<太田>

 ありがたくて涙が出るが、昨日の横文字の御仁と同じ人じゃないかい?
 友人達も日本語のコラムを読めるのなら、アナタもアナタの友人達も日本人だろ。
 日本語を使いなさい。
 それとも、アナタ外国にいて、PC、英語環境なの?

 それでは、記事の紹介です。

 どう見ても、この「中国人社員」、中共当局のエージェントくさいね。
 彼が「案内」して4人をヤバイ場所に連れて行き、自らその入り口を「撮影」までしてこの4人をハメたのでは?
 いずれにせよ、中共に滞在してる日本人は、いつでも逮捕されうるってことさ。↓

 「・・・4人は現地法人の中国人社員(51)とともに9月20日、遺棄化学兵器処理施設の建設予定地を確認するため、レンタカーで石家荘市の現地に向かった。午前11時半頃、細い道で進入禁止のゲートがあったため、手前で車を止めた際、中国人社員がゲートの奥に「軍事禁区」の表示があることに気付かず、デジタルカメラで撮影したという。・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101001-OYT1T00871.htm

 チェンバレン評価が余りにも一方的なだけでなく、そもそも、日本にこういう基本的な問題では外交自主権などないことを無視した、二重三重のお笑い論説だ。
 産経新聞よ、恥を知れ。↓

 「・・・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で菅直人政権が示した情けない対応も、「現代版のチェンバレン外交」という汚名から逃れられないのではないか。・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101002/plc1010020447000-n1.htm

 なお、コラム#7で、「1999年の3月、日本海で二隻の北朝鮮の不審船を海自と海保の艦艇等が追いかけたが結局取り逃がした事案が起こりました。この時、この不審船情報を最初にもたらしたのが米国政府であったことは公然たる秘密です。日本政府に「いいかげん何とかしたらどうだ」とせまったわけです。」と書いた・・実はこの話、私が1999年防衛白書の事前説明に官邸に赴いた時、1人の内閣参事官から直接聞いたものだ・・けど、そもそも、今回、海保が中共の漁船に強くあたったのも、その裏に宗主国米国からの陰に陽にの圧力があった可能性は排除できないぜ。
 そこへ、飛んで火に入る夏の虫じゃないけど、中共の方からちょっかいを出してきた。
 そこで、米国に言われた通りに海保が動いたら、中共が異常なほどいきり立った。
 で、今度は米国が事態を収めにかかり、外務省を通じて検察を動かした、と読むわけ。
 要するに今回の件、日本の属国政府が、宗主国のマッチポンプに振り回されて踊らされただけって可能性が大なんだわ。
 そう考えりゃ、菅内閣を今回の件で責めるなんて、筋違いも甚だしいってことになるぜ。
 

 戦後、米国が、グアテマラで、感染してる売春婦を使ったりして、精神病者や囚人を対象に、本人の同意なくして淋病、梅毒感染実験をやってたって話が明るみに出たよ。
 この記事の中には、戦後自国の黒人の、自覚なき梅毒患者の経過を、治療せずに観察した実験のことも出てくる。
 戦後になっても、米国の白人政府が、いかに黒人やラテンアメリカ人に対して人種差別意識を持ってたか、というより、同じ人類に属すと思ってなかったかが分かるよね。↓

 ・・・Guatemalan President Alvaro Colom has said the US committed "crimes against humanity" in a study that infected hundreds of Guatemalans with gonorrhoea and syphilis more than 60 years ago.
 President Barack Obama has apologised for the medical tests, in which mentally ill patients and prisoners were infected without their consent. ・・・
 ・・・the Guatemalan government gave permission for the tests.
No offer of compensation has yet been made, but an investigation will be launched into the specifics of the study, which took place between 1946 and 1948.・・・
 The study by Prof Reverby shows that US government medical researchers infected almost 700 people in Guatemala with two sexually transmitted diseases.
The patients - prisoners and people suffering mental health problems - were unaware they were being experimented upon.
The doctors used prostitutes with syphilis to infect them, or inoculation, as they tried to determine whether penicillin could prevent syphilis, not just cure it.
 The patients were then treated for the disease, but it is unclear whether everyone was cured.
 Prof Reverby has previously done research on the Tuskegee experiment, where the US authorities measured the progress of syphilis in African-American sharecroppers without telling them they had the disease or adequately treating it.
 The experiment ran from 1932 to 1972, with President Bill Clinton eventually apologising for it.
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-11457552

 東部ドイツの歴史が従前より1,000年も遡って、明らかになったとよ。↓

 A 2nd century map of Germania by the scholar Ptolemy has always stumped scholars, who were unable to relate the places depicted to known settlements. Now a team of researchers have cracked the code, revealing that half of Germany's cities are 1,000 years older than previously thought.・・・
http://www.spiegel.de/international/zeitgeist/0,1518,720513,00.html

-------------------------------------------------------------------------------

 一人題名のない音楽会です。

 本日、私の友人の娘さんの田中香織(ウィーン国立音楽大学院ピアノ科在籍。ローム社奨学金受給者)の東京文化会館でのピアノ・リサイタル(主催:社団法人 日本演奏連盟。文化庁芸術団体人材支援事業)に行ってきます。
 そこで、本日のディスカッションは、早めに上梓することにしました。

 「思い入れの深いウィーンの作曲家の作品を中心に、選曲をいたしました」というふれ込みですが、実際には、主催者のご意向を踏まえた選曲のようです。
 結果的に、女性が弾きやすい、テンポの余り速くない、余り大きい音を出す必要のない作品が並んだのは良かったけれど、有名な作曲家の、余り有名ではない作品ばかりである点はどんなものでしょうか。

1 アンダンテ・ファヴォリ(Andante favori)F-dur WoO 57 ベートーベン

 リヒテル
http://www.youtube.com/watch?v=iEmaEgWPphc&feature=related
 Andras Schiff
http://www.youtube.com/watch?v=aZHHX_6RdNg&feature=fvw

2 ピアノのための変奏曲(Variationen fur Klavier)Op.27 ウェーベルン
 内田光子(コラム#4205)・・グレン・グールドに比べてはるかにうまい!
http://www.youtube.com/watch?v=vnk1eFAVnSY&feature=related

3 ソナタ ホ長調(Sonate E-dur)Op.109 ベートーベン
 ポリーニ
http://www.youtube.com/watch?v=mUif2NDX-NI
http://www.youtube.com/watch?v=0rp9irNZu3Q&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=Fwxvq-ANiC0

4 謝肉祭--4つの音譜上の小さな情景たち(Scenes mignonnes sur quatre notes)Op.9 シューマン
 Violetta Egorova
http://www.youtube.com/watch?v=gy2HLhb1t2A&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=cQZP1nPf0Jo&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=IZjz5SNqO3c&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=B-CDsGaYC_s

 アンコールを含む彼女の演奏について、後日、報告させていただきます。