太田述正コラム#4175(2010.8.6)
<皆さんとディスカッション(続x915)>

<太田>(ツイッターより)

 (コラム#4173に関し)日本には北畠親房や松平定信ら、民主主義につながる有力政治思想家が何人もいたんだよ。
 コラム#4170(未公開)が公開されたら読んでね。
 間違っても、戦後日本が米国によって民主化されたなんて言わないでくれー。

<akira_848>(同上)

後醍醐帝の独走を嫌ったものの、階級思想の権化のような『神皇正統記』を著した親房、「寛政異学の禁」を出した定信。
 民主主義との関連性説明を楽しみに待ちたい。

<太田>

 そいじゃ、予告編を。
 ちょっとだけよ。

 「私は、北畠親房・・・は、天皇直接統治(親政)は控えるべきであるとしつつ、天皇は、誰に統治させるかについて慎重を期さなければならず、人望があり善政を行い得る者、或いは人望があり現に善政を行っている者を選ぶべきである、と主張したと考えます。・・・
 松平定信<は>・・・「治世者は私心ではなく、天下の公理、すなわち世論、を踏まえて治世を行わなければならない。」<と記しています。>」(コラム#4170。未公開)

<veg_tan(べじたん?)> (同上)

≫ウーム、<聖アポロニアの>どこがグラマラスじゃい?≪(コラム#4173。太田)

 「信心が足らん by桂ざこば」ですよ(笑) 。

<太田>

 この際、聖アポロニアについて一言。
 彼女は、アレキサンドリア在住のキリスト教尼僧であり、ローマ創建1,000周年の249年に、反キリスト教暴動のさなか、群衆によって歯を全部叩き折られるという拷問を受けた後、彼女が涜神的言辞を吐かなかった場合の焚刑のために用意された火の中に自ら身を投じて亡くなったとされています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Saint_Apollonia

<KK>

 こんなところにも漫画が使われているようです。
 新しい?プロパガンダでしょうか?

 A LASTING PARTNERSHIP
 永続的パートナーシップ
http://jp.wsj.com/japanrealtime/tag/%E7%B1%B3%E5%9B%BD/

 続きがどうなるかですが、永遠の奴隷な気がします。

 早く太田さんの本とかも漫画化になるといいですね。

 そういえば、以前出ていた映画の候補<(コラム#4073)>で『招かれざる客<(Guess Who's Coming to Dinner)>』<(1967年)>
http://en.wikipedia.org/wiki/Guess_Who's_Coming_to_Dinner (太田)
を見た中で黒人の男性が白人の女性に結婚を申し込むという内容でしたが、白人家庭の黒人家政婦さんが、黒人男性に対し結婚を思いとどまるよう忠告的に「思い上がるのもいい加減にしろ」みたいなことを言っていたのを思いだました。
 黒人は、黒人らしく奴隷的のほうがいいだろと無意識に言っている気がして、気味が悪かったです。
 日本人もまたそうなのであろうか・・・・

<太田>

 言及された映画、「米国では1664年にメリーランド州が、初めて白人と黒人との間の婚姻を禁じる法律を施行しました。19世紀中には、米国の大部分の州で同様の法律(anti-miscegenation statute、anti-race mixing law。ただし、対象が黒人以外のすべての非白人へと拡大された)が施行され、1960年代に至るまで41の州でこれらの法律が生きていました。実にこの状態は、1967年に米最高裁がこの種の法律を違憲と断じる判決(Loving v. Virginia)を下すまで続いたのです。」とコラム#720で記したところ、この判決が下されたまさにその年に封切られたのですね。
 この映画で主役級で登場するシドニー・ポワティエがやはり主役級で登場する英国映画『駆逐艦ベッドフォード作戦(The Bedford Incident)』(1965年)
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Bedford_Incident (太田)
・・冷戦時代の行き詰まる米駆逐艦とソ連潜水艦とのにらみあいを描く・・を、偶々先ほどケーブルTVで鑑賞したばかりです。
 この映画の、潜水艦から核魚雷が発射され、駆逐艦が影も形も亡くなってしまう、というエンディングからも、私のかねてよりの、戦後、日本に対する渡洋作戦は不可能になった、という指摘が正しいことを、この映画をご覧になった方にはご理解いただけることと思います。

 それでは、記事の紹介です。

 米ウォールストリートジャーナルの記事(有料記事なので冒頭部分しか読めない)をめぐって読者が投稿でやりあっている。↓
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703748904575411123599873634.html?mod=WSJ_Opinion_carousel_3#articleTabs%3Dcomments

 いずれにせよ、今回の広島での式典への駐日米大使の出席は、米国民の間で、事実上の謝罪と受け止められているよう↓で、大変結構なことだ。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100806-OYT1T00415.htm?from=rss&ref=mixi

 中共の人々が脱出を図る目的地に日本なんて影も形もない。↓

 ・・・ even as China grows richer, the number of its rich choosing to emigrate is rising. Many want to maintain two homes, merging their money-making abilities in China with what they perceive as the greater security and ease of international travel offered by a foreign passport or permanent residency. ・・・
 So they come to Mr. Charette, who specializes in investment immigration to his home province of Quebec. Or they go to other lawyers dealing in immigration to major destinations like the United States, Australia, Singapore, New Zealand and Hong Kong. ・・・
http://www.nytimes.com/2010/08/06/world/asia/06iht-letter.html?ref=world&pagewanted=print

 80年代の韓国のポップスを北朝鮮の女性が歌詞を変えてギターの弾き語りで歌っている映像が見られるよ。↓
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2010/08/03/2010080300956.html
--------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4176(2010.8.6)
<アダム・スミスと人間主義(その2)>

→非公開