太田述正コラム#4147(2010.7.23)
<皆さんとディスカッション(続x901)>

<太田>(ツイッターより)

 (コラム#4145に関し)ホッブス的社会にはイスラムが入り込みやすそうだ。
 じゃ、どうしてインド本体やミャンマー/タイや支那/朝鮮半島には入り込めないのか?
 ヒンズー教、仏教、儒教の影響か? 
 そう言や、仏教・ヒンズー教の影響を受けたインドネシアのイスラムは穏健だ。

<δδγγ>(「たった一人の反乱」より)

≫「ウジ=ムラの基礎的単位としてのイエ/ムラ」原理は縄文モードで日本固有のもの、「イエ」原理は弥生モードで世界に遍く見られるもの≪(コラム#4145。太田)

 ん?血縁関係が中心の「ウジ」原理の方が弥生モードっぽくない?

<δγδγ>(同上)

 「○○家」とかを守るのは日本っぽいなあ。
 養子を入れてでも家の存続を重視するというか。
 韓国とか中国とかのほうが血筋を重視してるっぽいイメージ。

<太田>

 そのとおり。
 「ウジ=ムラ」はハーモニー志向(縄文的)、「イエ」はメリトクラシー志向(弥生的)というイメージなんよ。

 ところで、足立啓二の支那社会論なんだけど、日本で鎌倉後期の頃から出現し始めた惣村
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%A3%E6%9D%91
にあたるものが、支那(漢人地区の全域?)では出現しなかったという指摘だとすると、(惣村的なものとは相容れない)律令制と律令制の解体とをともに経験した支那と日本でどうしてそんな違いが生じたのか、という疑問が湧く。
 日本では、弥生時代において、吉野ヶ里のような環濠集落のほか、環濠を持つ高地性集落がたくさんあったところ、それは集団的防衛のため、あるいはそこまで行かなくても、集団的作業・行事を行っていたためと考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%99%82%E4%BB%A3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E3%83%B6%E9%87%8C%E9%81%BA%E8%B7%A1
 だから、惣村をその復活と見ることもできるのかもしれない。
 しかし、弥生人の出身地である支那中部にだって環濠集落的なものはあったのではないか・・等々考え出すと分からないことだらけだ。

 こういった話、私の縄文モード・弥生モード論のもっともらしさに関わるんで、典拠を踏まえた議論をもっとやってもらえるとありがたい。

<かいた>

 --太田さんは知能指数が高すぎるの?--

http://www1.odn.ne.jp/drinkcat/topic/column/depot/z_tawago/z_chinou.html

 太田さんは、やはり知能指数が高すぎるが故に、不必要に他人を酷くこき下ろして人間関係を壊してしまうのか???
 知能の高い人を羨ましいと思うことも多いが、意外とそうでないのかも。

<太田>

 知能指数については何度かとりあげてきている(例えば、コラム#1159)し、私の小6の時の知能偏差値(知能指数に変換できる)の話もずっと前に(コラム#2501で)したこともあるけど、ちゃんと読んでる?
 そんな典拠もつけないサイトに拠って投稿する前に、「知能指数(Intelligence Quotient=IQ)」についてのウィキ↓くらいに目を通さなくっちゃ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Intelligence_quotient
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E8%83%BD%E6%8C%87%E6%95%B0

 どちらにも、IQが高いと人間関係の維持がむつかしいなんて話なんて出てこないぜ。
 そもそも、IQなんて、日本語ウィキが言うように、

 「・・・知能全般にわたる能力を示す数値と考えるべきではなく、知能検査の内容に含まれる言語的能力や論理的能力をはかることができる目安程度のものと考えるべきである。・・・記憶力など<も>IQとは関係がない。・・・」

というだけのもんなんだからね。
 ところで、同じく日本語ウィキによると、

 「<日本においては、>法科大学院入試に必要とされる適性試験では、「IQ」や「知能テスト」といった名前は冠していないものの、似た内容の出題がされている。
 <また、>公務員試験<で>「教養試験」という科目名で出題される「数的推理」「判断推理」「空間把握」や、「適性試験」、クレペリン検査などには、IQ テストの要素が強い。」

ってのは面白いね。
 日本じゃ法曹と公務員の候補者だけに知能テスト的なものが課されてるわけだ。


 それでは、記事の紹介です。

 移民受け容れどころか、どんどん若い日本人が海外に脱出してるってよ。↓
 日本列島の日本人は消滅への道を確実にたどっている。

 ・・・while many American companies have been content to transfer work to, say, an Indian outsourcing company staffed with English-speaking Indians, Japanese companies are taking a different tack. Japanese outsourcers are hiring Japanese workers to do the jobs overseas ? and paying them considerably less than if they were working in Japan.
 Japanese outsourcers like Transcosmos and Masterpiece have set up call centers, data-entry offices and technical support operations staffed by Japanese workers in cities like Bangkok, Beijing, Hong Kong and Taipei.
 Such outposts cater to Japanese employers who say they cannot do without Japanese workers for reasons of language and culture. Even foreign citizens with a good command of the Japanese language, they say, may not be equipped with a sufficiently nuanced understanding of the manners and politesse that Japanese customers often demand. ・・・
 ・・・there was a net outflow of 100,000 Japanese in the year that ended in September 2008, the most recent for which statistics were available. It was the highest number in the past 20 years.
 While the number of workers sent overseas by Japanese companies on traditional expatriate packages fell 0.32 percent in the same period, the number of “independent businesspeople” and freelance contractors like Ms. Natori rose 5.69 percent・・・
http://www.nytimes.com/2010/07/22/business/global/22outsource.html?ref=world&pagewanted=print 

 毛沢東の大躍進政策や文化大革命のおぞましさが改めて描かれている。↓

 ・・・Wang Peiying, a widow with seven children, was a worker at the Ministry of Railways. The famine precipitated by the Great Leap Forward(大躍進政策), which killed perhaps 30 million people by the early 1960s, had horrified her, and as <文化大革命の>political turmoil began again only a few years later, she publicly called on China’s leader, Mao Zedong(毛沢東), to take responsibility for his mistakes and resign.
 Ms. Wang was sent to a psychiatric hospital and drugged. Released and paraded around the capital, she refused to recant. Instead, she repeated her accusations. Her jaw was broken to stop her from talking. After a mass trial at the Workers’ Stadium on Jan. 27, 1970, she was executed. ・・・
 While the Cultural Revolution(文化大革命) is not a taboo subject per se, to this day research and writings are strictly controlled.・・・
http://www.nytimes.com/2010/07/23/world/asia/23iht-letter.html?ref=world&pagewanted=print

 ガリレオを異端審問にかけた枢機卿が1930年に聖人に列せられていたとはね。
 法王ヨハネ・パウロ2世が1992年に遺憾の意を表したけど、それじゃ全然おっつかない。↓
 カトリック教会がイギリス人に嫌われるわけだ。

 ・・・Even today, centuries after Cardinal Robert Bellarmine, the pope’s theological watchdog, had Galileo arrested for preaching Copernicanism(コペルニクス主義), the church has never quite managed to acknowledge that his heliocentric theory(太陽中心説) is correct. (For his part, Cardinal Bellarmine was made a saint in 1930.) ・・・
 In 1992, John Paul(ヨハネ・パウロ2世) praised Galileo for inventing the scientific method and said that the theologians of the day had erred in thinking that they should read sacred Scripture(聖書) literally. He called the Galileo case one in which “a tragic, reciprocal incomprehension was interpreted as the reflection of a fundamental opposition between science and faith.” ・・・
http://www.nytimes.com/2010/07/23/world/europe/23galileo.html?ref=world&pagewanted=print
--------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4148(2010.7.23)
<もう一人の戦犯ルース(その2)>

→非公開