太田述正コラム#4049(2010.6.4)
<皆さんとディスカッション(続x854)>

<太田>(ツイッターより)

 (コラム#3037に関し、)鳩山由紀夫の功績は、自民党に代わる受け皿を(親がかりの)私財を投じてつくったこと、それに尽きる。
 そういう意味では、彼は日本の歴史に残るだろう。
 もって瞑すべし。

<bonkers_blunder>(同上)

自民党も民主党も鳩山一族がつくった(?)ってことを考えると実にバカらしくなってくる。

<太田>

 鳩山一郎のことを思い起こしてみると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E
由紀夫の「政治哲学」、このお爺さんのそれ・・友愛、ソ連(非米国家)との友好、再軍備、の焼き直しだったって改めて思うね。
 由起夫のアタマの中もカネもすべてご先祖様頼りだったってわけだ。

<ΧΒΒΧ>(「たった一人の反乱」より)

≫「民主党に入れた奴は謝れ」とか言ってる奴らをみんなここに連れてくるからお前ら説諭してやってくれんか≪(コラム#4047。ΧΒΧΒ)

 答えが決まっている人の説諭は無理だろうよw。
 でも、そういう人たちがここに書いてくれれば、マーケティング・サンプリング調査になって、太田にとって、少しは有意義かもね。

<ΒΧΒΧ>(同上)

 ネット右翼は自民党が大好きだからね。

<ΒΒΧΧ>(同上)

 自民党支持者のロジックについて、真剣に考えた方がいいのではないだろうか。
 それを一つ一つていねいに論破していけば、説得が無理だとは思わない。
 例えば、拉致問題への対応から自民党を支持している者には、↓

 「日本が諜報活動をおこなっておれば、拉致事件の全容がつかめていたかどうかはともかく、今回のように、拉致者多数の死亡を首脳会談の際に初めて知って日本中が衝撃を受けるようなこともなかったのではないでしょうか。・・・
 今回の日朝首脳会談は「成功」したと私も考えています。
しかし、その「成功」は、北朝鮮を「悪の枢軸」三カ国のうちの一国に位置づけたところの米国の軍事力を背景とする「恫喝」、に恐れおののいた金正日総書記が自らの体制の生存をかけて、日本を仲介者とした対米宥和を実現しようとしたためにもたらされたものであり、日本の外交の勝利でも、小泉首相のイニシアティブの成果でも何でもありません。」(コラム#0059)
http://blog.ohtan.net/archives/50955776.html

 今さらだが、あの当時からこれを言っていた太田さんは、マジですごいな。

<χΒχΒ>(同上)

 彼らに対してそういう反論は全く無効でしょ。
 「民主党じゃもっとダメ」といわれて終わり。

<ΒΧΧΒ>(同上)

 全く無効だな。
 民主党には北朝鮮と友好関係にあって拉致問題をキッパリ否定していた社会党系の議員が多いから。
 そんな切り口は逆宣伝にしかならない。
 少なくとも拉致問題を政治問題として真っ先に取り組んだのが自民党の安倍父子とかだったのは事実なわけだから。

<χχΒΒ>(同上)

 ネット右翼は自民党の工作員である可能性が高いから何言っても無駄だよ。
 自分の言ってることがおかしいとわかっても自説を曲げないで人を朝鮮人扱いして終わり。

<ΒΒΧΧ>(同上)

 <ΒΧΧΒ、χχΒΒ両クン、>確かにそうだな。
 個人的には、このコラムを最近になって読んでかなり衝撃を受けたんだが。

 <χχΒΒクン、>一応、「工作員」でない「まともな」自民党支持者を説得することを想定している。
 ここ10年間ぐらいの、小泉以後の自民党しか知らない若い世代には、イラクへの自衛隊派遣やインド洋での給油支援などで、「安全保障政策を真剣に考える自民党」vs「それに対して反対の為の反対をする民主党」という構図で受け止められるのは、無理からぬことじゃないか?
 太田さんもこの点は同意するだろう↓

 「私は、「タカ派」ではないけれど「タカ派」的安全保障政策を推進した小泉、「タカ派」として「タカ派」的安全保障政策を推進した安倍の両名を、その限りにおいては評価していますが、そもそも、こういう人々が自民党の中で「ハト」派となれ合って共存共栄を図ってきたこと自体を許せないものとして批判してきているところです。」(コラム#3181)
http://blog.ohtan.net/archives/51351078.html

 そういう若い世代に、「政官業癒着構造の打破」が、結果的に安全保障政策への指向につながると、いわば「急がば回れ」ということを説得することは重要だろう?
 過去コラムで説得力がある(プラス 分かりやすい)やつを知らないか?

<χΒχΒ>(同上)

 <χχΒΒクン、>工作員って自民党に雇われて世論操作に加担してる人ってこと?
 そういうのは知り合いにいないなあ。
 自分の周りで、外国人への憎悪をツイッターや日記に書いたり、発言したりするような自民党ファンのネット右翼はただのワーキングプアが多い。公務員モドキもいるけど。

 彼らの頭の中では民主党は中国にすり寄る売国奴で、マスコミと左よりの国民が麻生の邪魔をして自民党を政権の座から引きずり下ろしさえしなければ今頃とっくに景気は回復していて現実よりもずっと良い日本になっていたはずだとかたくなに信じてるみたい。

<ΒΦΒΦ>(同上)

 <コラム#4045でのφφββクンの指摘>には答えないんだな軍ヲタは。

 この数日のやり取りを見ただけでも、軍ヲタがどういうものか分かってもらえたんじゃないかな。
 自分で裏付けが取れていないことを、さも事実かのように決めてかかって非難するやり方とか。
 <コラム#4039でボクが>示したバックナンバーを読めば、もっとよく分かる。
 軍ヲタが、”典拠を「示さない」”理由も、”典拠を「示せない」”理由も、それぞれ、なんとなく分かってもらえたかな。

 防衛庁再生宣言の記述についての論争が2007年3月から始まって、5月に太田が2000-2001年版ミリバラを手にした更に後、6月になってようやく実際に2000-2001年版ミリバラを入手する(しかもJSFらではなく一読者が)という体たらくだったが、ともかく軍ヲタがミリバラの記述に直接当たるところまではたどり着いた。
 (これはつまり、軍ヲタは3ヶ月の間、無駄なことに精力を費やしていた、ということになる。)
 そこまでは良かったのだが、ここでまた「ミリバラの記述に対して」本人にしか正しいかどうか分からない「知識」でもって「一方的」見解を展開する。
 ミリバラの記述がおかしいとか読み手がおかしいとか主張するのなら、それはもうミリバラ自身の編集意図を明らかにするしかない。それを明らかにする唯一の方法は、ミリバラの発行元のIISSに問い合わせて算定法から何からはっきりさせるということ。
 これをしない限り、主張する「間違い」の「証明」をすることはできない。

 典拠とはそれが正しいかどうかの検証を可能にするために示すわけだが、検証のうえで問題があると判明すれば、更に遡って検証する手段があればそれを実行すればいいし、手段がないもしくは難しいとなれば根拠として妥当ではない、と判断することができる。
 このどちらかをして結論が出なければ、その案件に関して基本的に「終わり」はない。
 なぜ軍ヲタはそれをやらなかったのか。

<太田>

 それでは、記事の紹介です。

 前段は、私の鳩山批判と基本的に同じこと。
 後段は、属国になったのと同様、鳩山の普天間問題での辞任も米国のせいじゃないことを日本人は自覚しなくっちゃね。↓

 ・・・"The basic issue is that Hatoyama was determined to establish more strategic independence for Japan but did not understand that without Japan developing any alternative strategy for its own defense, this was a dead end," a senior official told me this week. ・・・
 Eventually, after their anger and disappointment with Hatoyama fades, the Japanese people will turn their eyes toward Washington and wonder whether this is how allies should treat each other. It is a good question.・・・
http://www.slate.com/id/2255924/pagenum/all/

 このところ、歴代首相が短命なのは、日本のマスコミのせいでもある、というユニークかつ考えさせる指摘。↓

 ・・・Japan's hostile press corps played an instrumental role in his demise, and he's not the only one. Since 2006, the press has been unwilling to give prime ministers more than a few months, if not weeks, before newspapers and television stations begin to denounce them for failing to enact their platforms. With prime ministers expected to give two press conferences a day (President Obama has given just a few since January 2009), accountability has taken on a vicious new cast. In Japan, there is no such thing as a honeymoon period.
 This all began with the popular former prime minister Junichiro Koizumi, whose term ended in 2006. He and his allies were outnumbered within the party, so to keep the wind at his sails, he began organizing formal, twice-a-day press conferences. It worked because Koizumi was savvy, telegenic, and experienced; he wasn't especially gaffe-prone.・・・
http://services.newsweek.com/id/238561

 今回のイスラエルの海上でのドジに関し、イランが沈黙を保っている理由と、トルコがイランからイスラム世界のリーダーシップを奪ったこととを指摘している。↓

 ・・・The takeover of the Turkish-flagged Mavi Marmaris by Israeli commandos led to demonstrations in numerous places around the world. People in Baku, Istanbul, and as far away as Edmonton, Canada, marched on the streets to voice their opposition to Israel's actions. However, in Tehran and in other big cities in Iran, the streets have been eerily quiet.・・・
 Khamenei is fearful. Not of Israel, but from his own population. His regime is isolated within Iran and has lost so much credibility that he is worried that such demonstrations could turn into anti-government gatherings. And he would be right.・・・
 The flotilla incident and Turkey's role have catapulted its status in the Muslim world as the defender of Muslim rights.・・・
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2010/jun/03/iran-gaza-flotilla-turkey

 中共における鉄道の重要性が分かる。↓

 ・・・China's intensity of rail use (passenger and freight combined) is double India's, triple that of the United States, and a dozen times Europe's. ・・・
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704025304575283953879199386.html

 昨日上梓したコラム(未公開)で禁酒法のことを書いたが、本日も禁酒法がらみの興味深い話が載っていた。↓

 ・・・ The Ku Klux Klan said that "nigger gin" was the main reason that oppressed black people were prone to rebellion, and if you banned alcohol, they would become quiescent. An echo of this persists in America's current strain of prohibition. Powder cocaine and crack cocaine are equally harmful, but crack?which is disproportionately used by black people-carries much heavier jail sentences than powder cocaine, which is disproportionately used by white people.・・・
 By 1926, he and his fellow gangsters were making $3.6 billion a year-in 1926 money! To give some perspective, that was more than the entire expenditure of the U.S. government. The criminals could outbid and outgun the state.・・・
http://www.slate.com/id/2255385/pagenum/all/#p2

 コロンブスの卵的なイスラエルの対ガザ政策変更提案がなされている。
 なるほど、すべてをエジプトに押しつけるという手があったか。↓

 ・・・Aluf Benn, a senior editor and columnist for the left-wing Israeli newspaper・・・suggested sealing the Israel-Gaza border and informing the international community that Israel was no longer responsible for Gaza in any way, forcing Gaza to turn to Egypt as its corridor to the outside world.
 Egypt has consistently rejected such an idea in the past, asserting that Gaza is Israel’s responsibility because it has occupied it since 1967. ・・・
http://www.nytimes.com/2010/06/03/world/middleeast/03policy.html?ref=world&pagewanted=print

 天安事件で金正日を国際刑事裁判所に提訴せよ、というオモロイ提案がなされている。なーるほどね。↓

 ・・・Kim may have exposed himself for the first time to international justice. There is, I believe, a prima facie case for referring the sinking of the Cheonan to the International Criminal Court for investigation and prosecution of those who carried out and ordered the attack.
 The crux of the crime itself is straightforward. One of the war crimes that can be prosecuted in the ICC is the crime of "killing . . . treacherously individuals belonging to the hostile nation or army." Merely conducting a sneak attack itself is not considered treachery under the laws of war, as surprise is often used in wartime. What was actually "treacherous" is that North Korea signed the 1953 armistice and committed unequivocally to "order and enforce a complete cessation of hostilities."・・・
 With regard to jurisdiction, the incident took place in South Korean territorial waters and against a South Korean ship. Either of these facts alone?given that North Korea would dispute the first point-gives the court jurisdiction to hear a complaint because South Korea is a party to the Rome Statute establishing the Court.
 All that is required at this point to trigger an investigation would be for a party to the Rome Statute to refer the situation to the prosecutor for investigation. Beyond South Korea, that could include any of more than 100 countries around the world. ・・・
 That said, this would not necessarily be an easy course to follow. Even if the situation is taken up by the prosecutor, to indict anyone responsible for the sinking of the Cheonan would require substantial evidence. While the report on the sinking says the evidence for North Korean culpability is conclusive, the court only prosecutes individuals and not countries. Thus, further intelligence to determine who is actually responsible and following those orders up the chain of command would be required.・・・
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704025304575283893312534792.html

-------------------------------------------------------------------------------
<おーつか:翻訳>

コラム#4047より
 この点↓を押さえているだけでも、合格点のウォールストリートジャーナルの記事。↓
 鳩山由紀夫については、その首相としての不備が少なくなかったにも関わらず、ひとつの重大な成果を無視することはできない: 彼の民主党が、日本政界における自由民主党の55年の支配を終焉させたことだ。

コラム#4047より
 鳩山の小学生的発言だけをとらえて彼を評価したタイムス誌の記事。鳩山はこれを読んでうれし泣きするだろうて。↓

 ありそうもないことのように思えるかもしれないが、鳩山の短い任期は、やがて、大部分の人間が考えるより重要であることが判明するかも知れない。 実際我々は、これからの2〜30年の間に、彼が多くの人々が日本に関して避け得ないと見ていること、すなわち、東京とワシントンとの関係のゆるやかだが確かな再定義、中国・東アジアの新興勢力に重点を置いた外交政策の再設定、についての歴史的な転換に貢献した、と信じるようになるかも知れない。・・・
 数人の前任者とは違い、彼は日本の戦死者を祀った(賛否両論のある)靖国神社への参拝を行うことを拒否し、未だに第二次世界大戦間の国の残虐行為を控え目に扱おうとする東京の右翼ロビーを公式に非難した。中国と韓国双方との関係について、彼は「好転し、正しい歴史認識がさらに深まるだろう」と言った。

<太田>

 前の記事には相当手を入れましたが、誤訳とは言えないので減点の対象とはしません。
 後の記事の前段は、「簡潔な言葉」→「短い任期」と直しました。 
 後段にも相当手をいれましたが、やはり誤訳とは言えないので減点の対象とはしません。

 よって、前回と今回のおーつかさんの翻訳は、6(-10)+16(-10)=2 で合計2ポイントということになります。
 100ポイント目指して頑張って下さい。

<おーつか:翻訳>

コラム#4047より
 ・・・比較的最近、イスラエルが成功した事例もある、ということを下掲の記事は思いださせてくれる。↓

 多くの成功した作戦もある。(2007年、イスラエルによって破壊された)シリアの、建設途上の原子炉と看做されたものについて考えてほしい。

コラム#4047より
 ・・・この米国の国防費の突出ぶりを、日本を始めとする自由民主主義諸国がもっと国防費を増やすことで代替してやんなきゃダメよ。↓

 ・・・米国はいまだ最大の支出者のままであり、総計の54%を占める・・・

コラム#4047より
 米国で離婚率がどんどん下がってんだね。↓

 ・・・現在、米国における既婚者及び未婚者1,000人あたりの離婚率は3.5である。2000年の4.2、1990年の4.7、および1981年の5.3から低下している。実際、これは、1970年以来、米国における最も低い離婚率だ。・・・

<太田>

 おー、また翻訳してくれましたね。
 真ん中のと後の記事に、「補訳」まではいかないが、微妙に手を入れさせてもらったので読み返してみて下さい。

 これで、おーつかさん、6ポイント加えて、合計8ポイントになりました。
 なお、翻訳に着手する前に、太田掲示板で場所取りしてくださいね。

<FUKO:翻訳>

コラム#4047より
 この点↓を押さえているだけでも、合格点のウォールストリートジャーナルの記事。↓
・・・鳩山由紀夫は首相として欠陥だらけだったけれども、一つ重大な業績を挙げることができる。彼の民主党が、自民党による日本の政治における55年の抑圧に終わりをもたらした、ということだ。・・・

<太田>

 お久しぶりです。
 良い訳ですが、残念ながら、おーつかさんとバッティングしているので、ポイントはさしあげられません。
 これに懲りず、引き続きどうぞよろしく。
-------------------------------------------------------------------------------

 6月5日の神戸講演会(オフ会)、26日の東京講演会(オフ会)出席ご希望の方は、以下の申し込みフォームよりご連絡ください。↓
http://www.ohtan.net/meeting/

 この2回の講演の演題は、「私の考えはいかに形成されてきたか」です。 
 神戸の方は最後の呼びかけです。飛び入り参加でも結構ですよ。
---------------------------------------------------------------

太田述正コラム#4050(2010.6.4)
<中共の現体制(その3)>

→非公開