太田述正コラム#3161(2009.3.19)
<皆さんとディスカッション(続x430)>

<太田>

 2ちゃんの「たった一人の反乱」で太田論が盛り上がってますねえ。
 そこで、ご迷惑は重々承知の上で、議論に資すると思われる材料を提供させていただきます。

 パール・バック女史とのいきさつを何度かとりあげたことがあります(コラム#1174、2651。なお、2828、2830、3074も参照)が、もう一度簡単にこのいきさつに触れましょう。

・小6(11歳)の時、英語のできた私にパール・バック制作の映画の主人公にという話が来た。
・彼女のノーベル文学賞受賞作「大地」が親父の蔵書中にあり、以前読んだ時に、バックに余り良い印象を持っていなかった。
・母親も叔母もこの話にかなり舞い上がっていたこともあり、話を断ることをせず、バックの日本人秘書(女性)の面接を受けたところ、OKが出て台本が渡された。
・この日本を舞台にした映画の台本を読んで、バックの人種差別意識、歪んだ東アジア観に改めて反発し、出演辞退を決意した。しかし、バック本人との面会を控えており、母親と叔母がその日を心待ちにしていたので、予定通り帝国ホテルでの面会に臨んだ。
・母親と叔母が付き添ってバックと面会した際、バック本人に、私からはっきりと出演するつもりがない旨を伝えた。

<後からすみません>

 早速に、まったく予想通りの御回答をいただき、ありがとうございます。
 先のコメントは当該記事の文面だけを見てその矛盾らしき点を申し上げたまでで、他意はございません。御主張の結論自体は、おそらく、(防衛省では通らなかったのかもしれませんが、)きわめて常識的な御意見だろうと思います。
 その上で、集団的防衛権については(よく知りませんが)、素朴な異論があります。
 東アジア等々、日本に直接の被害が及ぶ可能性の高い範囲での集団的自衛権行使はいいとして、無限定にアメリカの自衛権行使に付き合うことは日本の損ではありませんか。
 地域の限定と日本の拒否権留保が必要ではないかと思うのですが(もちろん、アメリカ本土とその出先への攻撃は対象に含めるとして)。

<太田>

 前回の私の回答が予想通りだったとおっしゃる方から余りにも素朴過ぎる異論を提起されると困っちゃいますね。
 日本が米国から「独立」しておれば、「地域の限定」だの「日本の拒否権留保」だの必要ないに決まってるでしょ。
 「独立」しているということは、日本が自分の判断で米国と協力して、あるいは単独で軍事力を行使するのも、また、軍事力を行使しないのも全く自由である、ということを意味するのですから・・。

<YK>

 太田教授。。食わず嫌いは、自分の視野を狭くしま〜す(めんご) あのビデオの後半部分では、村上正邦事件(KSD)の裏話も出ています。 また郷原さんも飛び入りで参加しています。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090315/189047/?p=1

 「ガダルカナル」化する特捜捜査「大本営発表」に惑わされれてはならない。(郷原元検事)

 佐藤優は小沢側をガダルの日本と言っていますが、郷原さんは検察側だと見ています。

≫だから検察は最も「悪質」議員から捜査に乗り出したんです≪(コラム#3159。太田)

 揚げ足をとるような事を書きますが、捜査のプロ(郷原さん)の論文も参考にしてください。 

→読んでる(参考にしてる)って言ってる(コラム#3157)じゃないの。最近のコラムくらい読んで投稿してくださいね。(太田)

 「悪質な議員」ありきでなく、「悪質な違反」(裏献金など)を重視すべきだと思いますが・・・上手く表現できましぇん。。。

→あのさ、捜査機関である検察が捜査しているのは、「悪質な違反」をしている議員に決まってるじゃないですか。(太田)

<太田>

 本日の記事の紹介です。
 まず、大分少なくなった小沢秘書逮捕事件ががらみの記事から。

 「小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、準大手ゼネコン「西松建設」などゼネコン側が下請け企業をダミーにして小沢氏側の政治団体に献金した際、ダミーとなった自社の下請け企業の名前と金額を一覧表にしたリストを、小沢氏側に提出していた・・・。東京地検特捜部は、小沢氏側がゼネコンからの事実上の企業献金の総額を、リストを使って確認して、受注調整に反映させていたとみているもようだ。・・・」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090319/crm0903190130000-n1.htm

→証拠が集まりすぎて検察も整理に大変じゃないのかなあ。(太田)

 「・・・ 鹿島幹部が東北地方の談合の仕切り役だったことは刑事裁判でも認定されている。福島県知事汚職事件関連の確定判決は、鹿島東北支店元幹部を「東北 地方の談合の仕切り役」と指摘。「発注者は元幹部から建設業界の調整状況を聞き出し、元幹部に『天の声』、すなわち特定の業者を受注業者としたい旨の意向を発出」したと認定している。・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009031902000056.html

→何だ。鹿島の話、確定してんじゃないの。(太田)

 「民主党の鳩山由紀夫幹事長は・・・「世襲制禁止は大きなテーマで次の衆院選のマニフェスト(政権公約)の中に取り入れたい。同一選挙区で(立候補禁止の)時間的な制限を入れればいい」と語った。資金管理団体の事実上の世襲を認めない制度改正にも意欲を示した。」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090319AT3S1801H18032009.html

→鳩山も頑張れ!(太田)

 米国で、皮肉にも、宗教心の篤い人ほど、延命治療を受け、その結果として自分の苦しみを長引かせ、回りの人々にも迷惑を及ぼしていることが分かりました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7949111.stm

 パプアニューギニアでインドネシアからの独立を目指す武装勢力が今でも生き残ってるんですね。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7942026.stm

 フジモリ元ペルー大統領の娘さんのケイコさん・・国会議員で次の大統領選立候補予定・・のインタビュー記事です。好意的にとりあげています。
 彼女、コロンビア大でMBAとっていたんですね。
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-peru-fujimori-qa19-2009mar19,0,1974247,print.story

 次の記事は、あえて訳さないけど、おかげさまで、女体の神秘に係る長年の疑問の一つが氷解しました。

 ・・・ May Gaskin once conducted a poll of 151 women in which 32 reported having at least one orgasmic birth・・・
 The pressure of the baby's head against the walls of the vagina and the fanning out of the tissues as the head descends bring for some women an unexpected sensation of sexual arousal, even of ecstasy・・・
 ・・・Labour does naturally involve a crescendo and those observing can hear that the noises women make are similar to those of love-making ・・・
 ・・・many of the processes associated with labour also happen during sex, such as the release of oxytocin and endorphins into the bloodstream. Anyone who has had an overdue pregnancy knows that midwives recommend nipple stimulation and/or sex to bring on contractions.・・・
 ・・・a woman's ability to feel intense physical pleasure during childbirth is "the best-kept secret". So well-kept that many women would argue that the phenomenon does not exist. ・・・
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2009/mar/18/orgasmic-birth-climax-labour
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太田述正コラム#3162(2009.3.19)
<MBAが世界不況をもたらした?(その2)>

→非公開