太田述正コラム#3139(2009.3.8)
<皆さんとディスカッション(続x419)>

<びり江>

 <コラム#3137での>ご丁寧なご回答ご感謝致します。
 “紳士”の解釈について、最初のレスポンスで流されていたのでてっきり追認されたのかと思っていました。
 私も紳士に近付けるよう精進致します。
 ランスロットがイギリスで英雄視されていないのかあ。安心しました。
 私もイギリスのことを分かっていそうになれるよう精進致します。

<志士>

 私のコメントに対応くださり感謝してます。
 タイタニックにおける死を目前としてもゆるがない英国紳士の名誉を重んじる行動美学に日本の武士道に通じるものを感じ、日本を愛する帰化英国人C.W.ニコル氏をとりあげましたが、あの小泉八雲氏の父もアングロ・アイリッシュ、英国軍人ですね、有名人なので典拠省略ご容赦ください。日本に魅入られる何かが英国人の中にありそうです。
 ジャガーやロールスロイスに日本の雅び的なものを感じます。王室や皇室を有する歴史ある文化が生み出す粋なのでしょうか?たまたま日英とも車は左通行という少数派で共通でもあります。

< (^O^)風顛老人爺>

 拝啓、太田先生 昨日 先生と共著を出された兵頭二十八先生の講演会に行って参りました政権交代の必要性、政権交代が常態化する事により国民から選挙で選ばれていない何ら責任を取らない官僚の影響力を低下出来るとの説明の時に太田先生との共著が話題に上りました。
 既に取り上げられているのかもしれませんが政権交代の必要性、効果、流れ等をこちらのブログで改めて取り上げて頂けると幸いであります。m(__)m

 僭越乍乱文にて 敬具

<太田>

 拙著『実名告発 防衛省』をお読み下さい。

<志士>
 コラム#3056「性科学の最新状況(続x3)」<を読み>ました。

 謹啓、太田先生の軍事、文化、政治の卓越したブログ内容に、性に対するテーマをも深く掘り下げ最新情報をいただく事に感謝いたします。
 現在まで学ばせていただいた内容はとても役立ち20才以上も離れた年下パートナーとの深く楽しい営みを進化させる上で先生のブログは不可欠の示唆を与えて下さいます。
 今後ともこのテーマに関する情報提供を心待ちにしています。感謝再拝

<EM>

 太田様、EMと申します。
 大変興味深い論考ですね。

≫また、バイアグラ等は男性には有効だけれど、女性の膣の血液の循環を活発化し愛液を分泌させはしても女性の性的欲望を喚起はしないために、女性には有効でないことも分かっています。

 この表現だとバイアグラは男性の性的欲望を喚起するように読めますが、誤読でしょうか?
 バイアグラには性的欲望があっても、ED状態になっている人の勃起を助ける作用があるのであって、欲望そのものを作り出す効果があるわけでは無いとされています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/クエン酸シルデナフィル

<太田>

 もちろん誤読です。
 別件ですが、コラム#3061の冒頭で、上記コラムの「訂正」を掲げてありますので、ご注意のほどを。

<γβζ>(http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1196337365/l50x

漆間官房副長官は
日比谷高校-->東大法学部卒--中略-->警察庁長官
という経歴の方です。これ、豆情報ね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%86%E9%96%93%E5%B7%8C
スポーツ新聞ネタだけど、昨年、小沢氏が風邪で入院したことに関連し
こんな記事もあります。
http://www.zakzak.co.jp/top/200810/t2008100803_all.html

 ・・・漆間氏は公務員制度改革、天下り規制に反対しているようだ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090219/plc0902190329005-n1.htm

あと、新しく捜査対象になっている二階氏は元小沢氏側近。
これも豆情報ね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E4%BF%8A%E5%8D%9A

<太田>

 私も豆情報を。

 「・・・規正法は、政治団体の代表者が、会計責任者の選任と監督について相当の注意を怠っていた場合、50万円以下の罰金を科すと規定している。起訴されて規正法 違反罪で罰金刑になると、裁判官の判断によっては公民権が停止され、被選挙権を失う。・・・」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090308/crm0903080140001-n1.htm

 そうか、なるほど。

 さて、一般の記事の紹介です。

 「・・・アメリカでは、一つ校区が違うだけで、学校の雰囲気や生徒の人種・民族構成が全然違う。年に一度、学力テストが実施され、その結果は小学校ごとに公開される。学校ごとの生徒の人種比率や、人種・民族ごとの成績まですべて公開対象だ。その結果を反映して、校区の不動産価格が昇降する。・・・こうして、人種・民族別の世帯収入格差は、教育格差を通して次世代に受け継がれていく。」(学士会会報 2009-2 11〜12頁)
 
 米国は、人種のるつぼじゃなくて、人種のサラダボールなんだな、と改めて思いますね。

 下卑た性的歌詞の歌を聞きつけていると性衝動が高まるようです。

 ・・・They ・・・asked 711 students aged 15 to 16 at three local high schools about their music preferences and their sexual behavior.
 Overall, 31 percent of the teens had had intercourse.
 But the rate was only 20.6 percent among those who had been least exposed to sexually degrading lyrics, but 44.6 percent among those highly exposed to the most degrading lyrics.
 ・・・music by itself was not the direct spark for sex but helped mould perception and was thus “likely to be a factor” in sexual development.・・・
 “Non-degrading” lyrics described sex in a non-specific way and as a mutually consensual act, while “degrading” lyrics described sexual acts as a purely physical, graphic and dominant act.
 An example of degrading lyrics was “Wait ‘till you see my dick, I’m gonna beat that pussy up.”・・・
http://www.taipeitimes.com/News/world/archives/2009/03/08/2003437891

 米国が戦後農業大国になった背景に、戦争中に製造した火薬や毒ガスの在庫が寄与した、ということがあるようです。

 ・・・fter World War II, the government had a huge surplus of ammonium nitrate, an ingredient of explosives -- and fertilizer. Furthermore, pesticides could be made from ingredients of poison gases. Since 1945, the food supply has increased faster than America's population ・・・
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/03/06/AR2009030602070_pf.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太田述正コラム#3140(2009.3.8)
<人間主義の起源>

→非公開