太田述正コラム#2653(2008.7.7)
<関西にて(続)>(2009.1.12公開)

<太田>

 本日、突発的な用件が入って、本来のコラムを書く時間がとれなくなってしまいました。
 こんなことは極めてめずらしいのですが、何年もコラムを書いているとこういうこともある、ということで、ぜひご理解いただきたいと思います。
 そこで、新大阪でのオフ会に参加した、一人の読者との対話をもってコラムにかえたいと思います。
 
<読者KK>

 こんばんは、太田様。
 先日、関西オフ会に参加させていただきましたKKと申します。
 まず、忙しい中、大変お疲れ様でした。
 私は、有料会員でもなく、皆さんのようにいつもまじめに読んでいるとは、言いがたい読者の一人だと思います。
 まずオフ会の皆さんについて驚いたことは、いろんな資料を持っている感じがしてなおかつきちんとメモを取っていたことです。
 皆さんの太田さんに期待する気持ちも強く感じました。
 私の場合は、たかじんのから入ったので太田さんの人物に面白さを感じたというか興味を持ったという感じです。
 本来なら話とかの内容が優れていればどなたでもいいのでしょうがこちらが勝手に太田さんをアイドルみたいな感じで見てるので太田さんが言ってるなら興味が出てくるのかなと感じています。
 私の学歴も、高卒程度ですので?ブログとか話している内容とかも恥ずかしながら10あったら1か2ぐらいわかるかわからないかといった感じです。
 勘で読んでる感じでしょうか・・・
 私は、太田さんがもっとメジャーな存在になれば良いと思います。
 しかし、古参の有料読者さんがいるのである程度歯ごたえがあるものも必要ですよね。
 また、オフ会に集まっていた人を見ると割りと頭の良い方が多いと思ったので、まずは、こういった方々をターゲットとされているのかな?と思ってしまいました。

 太田さんを見て思ったことを言います。
 太田さんが、今後選挙に出ることは無い感じだったので少し残念ですが、もし仮に出るとしても何らかの党に所属しないと無理そうなので、太田さんの言いたいことも言えなくなる可能性があるので、それはそれでしょうがないのかなと思いました。
 できれば、前回選挙に出る前にお会いしておきたかったです。まあ、私は、何もできなかったかもしれませんが・・・。
 あと、途中、目が痛くなったとき、おもむろにティッシュを出されていたので、きちっと用意されてるのは、育ちがいいと思いました。
 また話方にしても、余り上から物を見ている感じでは、無くとても気さくに答えていただけたのがうれしかったです。
 とは言っても、ある一定以上のことを知っていないと太田さんぐらいだとつまらなく感じるかもしれませんし、私が聞く内容がいまいちなので、レベルがどうしても下がったかもしれず、申し訳なく思っています。
 それとどうしても、知っていないとついていけないので、知っていることを前提に太田さんに話をされてしまうと、ちょっと辛いです。ですが、これは、こちらのレベルを上げるしかないのかなと思います。しかし、どうしても情報収集、分析とか勉強が苦手なものですから、太田さんのブログというフィルターを通して世界の状況を見ている次第です。
 オフ会そのものについても一言。
 進行内容が、よくわからなかったのと時間がいつ終わるのかわからなかったのでちょっと不安でした。
 まあこれは、手作りの会なのでしょうがないですね。
 私は、もっと太田さん組織みたいなのがあるのかと勝手に思ってしまいました。

 会を見る限りまだまだ発展途上なのかなと思います。
 話の内容もちょっと内容が、広がりすぎてる気がしてました。
 できたら、最初の時間は、ある程度のテーマがあってそれにそって話す感じが良いと思います。
 この感じだと、もう一人進行役の方がいたほうが良いかもしれませんね。
 あと、女性の方もいらっしゃったようですが、女性の方にも意見を言ってほしかったですね。


 最後に、太田さんの主張の中で自分が理解?できていることとしては、今のところ、政権交代と米国の属国からの脱却ぐらいです。

 とりあえずこんな感じです。
 長文を書いたことが無いので、何を言っているかまとめ切れませんが、そこは上手に解読してください。一応へたくそなりに書いた、魂の叫び?と思ってください。

 またオフ会があるなら行ってみたいです。
 では。

<太田>

 ほんの少し手を入れさせていただきました。
 どうもありがとうございました。
 皆さんのご支援ご声援に少しでも応えられるように頑張ります。