太田述正コラム#2904(2008.11.10)
<皆さんとディスカッション(続x302)>

<michisuzu>

 コラム#2810「食と文化遺産をめぐって」を読みました。

 フランスに行ったときに一回も本場のフランス料理を食べず中華ばかり食べていた私にはフランス料理を語る資格もありませんが、もし世界文化遺産の候補としてなら我が日本料理の方が上ではないでしょうか?
 食べ過ぎて病気になることも少なく食材をいたずらに手を加えず簡素であって美しい。
 かのサルコジさんは大の日本嫌いとか聞いていますが、日本の良さをまるで解さないサルコジさんに文化を語る資格はそれこそ無いと思われますが。


これなら典拠いりませんよね?^^

<太田>

 打たれても打たれてもヘタらないのはエライ!
 だけど、後段には典拠つけるべきです。
 例えば、こんなの↓。
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp1-20080709-381578.html

 前段だって、あなたの経験に基づいているとはいえ、フランス料理をそれほど食べておられない様子のあなた、しかも匿名のあなたの経験じゃいささか迫力不足です。
 ここは、典拠で補強しなくっちゃ。
 それにしても、私の過去の料理コラム(フランス料理に関するコラム#786、801、2055のほか、1752、2371、2763など)は目を通しましたか?

 またチャレンジしてね。

<OM>

 太田先生の周囲では、田母神前航空幕僚長のあの文章発表に関して、その行為自体が職務上不適切である(KYさ)ことと内容の不確かさについて、多くのネガティブな(しかし説得力はあります)指摘があります。
 しかし、自衛隊の一般の国家公務員同様の士気の低下と、それによる事なかれ主義の蔓延、その土壌にあったものの出世によるその傾向の固定化という、国家崩壊を暗示する事態について、田母神さんが一石を投じたことをポジティブに論じる空気が全くない。

→話は全く逆で、一石を投じるどころか、ご指摘のような諸問題を隠蔽するのが田母神氏の目的ではないか、と勘ぐりたくなるくらいです。(太田)

 学者ならともかく、政治を論じるグループとしては小生は不満を感じます。

→田母神氏の行動は政治的行動であり、私が彼をKYだと言っているのは、それが彼の意図に反する政治的リアクションを引き起こすことを彼が分かっていないからです。(太田)

 限られた空間で生きるために生物であるヒトがつくった組織である国家が、その生存のために他の国家を侵略し、他の国家から侵略されることが、人間の歴史であったと思います。従って、その国の歴史はその国の将来に関してある、その生存繁栄の方向を示すようなものであるべきだと思います(ウソを書けといっているのではありません)。

→田母神氏の所論は、いわば怨念史観であり、「<日本>国の・・・生存繁栄の方向を示すような」未来志向の史観ではありません。(太田)

 田母神さんの文章は、その日本国歴史に関する視点を与えているように、理系人間で素人である小生には思えますが。。。

→コラム#300のみならず、#2903(未公開)もお読みになっているはずの有料読者とは思えぬご感想ですね。(太田)

<太田>

 例によっていくつか、記事をご紹介しましょう。 

 「細胞からの再生に関する研究で、また大きな前進が報告された。理化学研究所の若山照彦氏らのチームによる新技術の開発だ。・・・コピー生物ともいえる従来の体細胞クローン動物は、羊や牛、マウスなどで作られているが、元になった体細胞は、生きている個体や死んで間もない個体から採取したものだ。これに対して今回は、死んでからマウスの寿命の何倍もの時間が経過している。また、内部の氷で破壊された細胞から取り出した核を使っている。きわめて過酷な保存条件を克服しての再生だ。・・・この技術はシベリアの永久凍土から発見されるマンモスの復活に応用できる可能性があるという。・・・」
http://sankei.jp.msn.com/science/science/081109/scn0811090308000-n1.htm
(11月10日アクセス)

 ところでこの話、1日前(時差を考えると実質2日前)にロサンゼルスタイムスの、しかも社説で既に報じられています。
http://www.latimes.com/news/opinion/editorials/la-ed-clone8-2008nov08,0,4095722,print.story
(11月8日アクセス)

 どうして、日本のメディアはこうもトロイのか?

  「韓国の65歳以上高齢者の「相対的貧困率」は45%に達し、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中では最も高いことがOECDによる調査で明らかになった。「相対的貧困率」とは、所得の分布における中央値の50%に満たない人々が占める割合のことをいう。ちなみにOECD平均は13%で、韓国の次に割合が高かったアイルランドでも31%だった。つまり大韓民国はOECD加盟国の中では高齢者の生活が群を抜いて悲惨な国、ということだ。・・・65〜74歳人口における10万人当たりの自殺率は1995年には44人だったのが、2005年には137人へと大幅に増えた。・・・韓国労働パネルが行った調査結果によると、1980年には60歳 以上の高齢者の72.4%が子供の世話になっていたが、その割合は2003年には31.1%へと急激に減少した。親の世話を子供が行わない方向へと世の中全体が流れてしまうと、政府や地方自治体がその役割を引き受けるしかないのだが、現状はあまりにも不十分だ。・・・韓国で仕事を行う人が引退する年齢は平均56歳で、日本の66歳に比べると10年も若い。また高齢者の57%は再び仕事に就くことを望んでいるという。・・・」
http://www.chosunonline.com/article/20081110000001
(11月10日アクセス)

 他人事とは思えません。もっと情報が欲しいですね。

 「試運転中の<ロシア>太平洋艦隊所属の原潜の火災鎮火装置が誤作動し、20人を超える水兵や作業員が死亡した。・・・
 <この>12,000トンの<原潜、艦名>ネルパは、来年の初めからインド海軍に10年間リースされる予定だった。・・・<両国間の>契約は2004年になされ、インドは6億5,000万ドルを支払って、ソ連時代の空母の「ゴルシコフ提督」を換装するとともに、1991念に建艦が中断されコムソモルスク・ナ・アムールでブロックの上に置かれたままになっていたところのネルパを完成させる、というものだった。・・・
 <ネルパは>ソ連時代末期に設計されたアクラ2(Akula-2)級の原潜だが、この型の原潜は、以前のものより深く600メートル以上潜航することができ、以前の攻撃用潜水艦よりも静粛であり、完全に潜航した状態で33ノットの速度が出せる。
 ・・・ネルパはアクラ級の標準装備の長射程巡航ミサイルを装備しないことになっているが、これはミサイル技術の拡散を規制する国際的取り決めがあるからだ。しかし、・・・インド海軍は国産の核搭載可能なミサイルを搭載する可能性があるし、ネルパの運用経験を活用してインド国産の原潜を開発しようとする可能性もある。・・・
 ロシアでの最悪の潜水艦事故は2000年8月に起こった。原潜クルスクがバレンツ海で沈没し、乗組員・・・118人全員が死亡した。その3年後には除籍された原潜K-159がバレンツ海で沈没し、当時乗艦していた最小限編成の乗組員9人が死亡した。そして2005年には、太平洋艦隊のミニ潜水艦がウラディオストック沖で漁網にからまり、英国の救助隊によって助けられた。」
http://www.csmonitor.com/2008/1110/p04s01-woeu.html

 日本も早く原子力潜水艦に切り替えなくっちゃ。
 だけど、これだけ信用を失墜している自衛隊じゃ、そんなこと言っても誰も相手にしないでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太田述正コラム#2905(2008.11.10)
<改めて田母神前空幕長更迭について(続)>

→非公開