太田述正コラム#2723(2008.8.11)
<グルジアで戦争勃発(その3)>(2008.9.21公開)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<最新戦闘状況(続)>

 南オセチアでは、少なくとも7,000人のロシア軍が、戦闘機と重火器の支援を受けながら「首都」ティンヴァリを攻撃した結果、この町の内外にいたグルジア軍は10日早朝撤退しました。
 ロシア軍は、これまでグルジア軍が実効支配していた南オセチア全体の40%の地域からグルジア軍を追い出す作戦を展開していることは明白です。
 それどころか、ロシア軍の戦車部隊が、グルジア本体の町であるゴリ攻略に動いていますが、現在のところ、グルジア軍の抵抗により、ロシア軍の進撃は止まっているようです。

 なお、ロシア当局によれば、南オセチアから既に34,000人が北オセチアに避難してきており、11日には更に3,000人が避難してくる予定です。
 
 また、アブハジアに関しては、9日の夜にロシアが黒海のセバストポール(Sevastopol)港から運んできた4,000人の部隊を上陸させたとグルジア政府は主張しています。この結果、アブハジアにいるロシア軍は約6,000人に達しました。
 コドリ峡谷では激しい戦闘が行われており、ヘリコプターで運ばれたロシア空挺部隊も戦闘に加わっています。ロシアがコドリ峡谷からグルジア軍を追い出そうとしていることは明白です。
 ここでも航空機、火砲、コマンド部隊からなるアブハジア「政府」軍がロシア軍の支援を受けつつ、グルジア本体(?)のズグジジ(Zugdidi)周辺のグルジア軍拠点を攻撃しています。

 更にロシアは、バクー(Baku。アゼルバイジャン)・トビリシ・セイハン(Ceyhan。トルコ)石油パイプラインを30基のミサイルで攻撃しましたが、一つも命中しませんでした。このパイプラインは2006年5月に完成したものであり、世界で2番目に長いものであって、わざわざロシア領をを通らないように建設されたものです。

 このような状況下において、チェチェンの叛乱分子がグルジアに助っ人で駆けつける動きがある一方で、既に述べたように、ロシアのコサック達が志願してグルジア「討伐」戦に加わりつつあります。
 また、ウクライナは、アブハジアに赴いたロシア艦艇がクリミア半島の(ウクライナ領内の)ロシア軍港に戻ることを認めないかも知れないとの警告を発しました。

 最後にロシア軍による空爆の状況です。
 10日、トビリシの郊外にある航空機工場が空爆されました。
 この工場は、スホーイSu-25改・戦闘機を製造しており、この戦闘機でグルジア軍はティンヴァリ空爆を行ったところです。

 ロシアがグルジアの全面制圧を目指しているのかどうかは不明ですが、ロシアは、少なくともグルジア軍の壊滅と親欧米のサカシヴィリ大統領の打倒をねらっているとの見方が有力です。
 これを裏付けるのが、ロシア外相の発言と、その後に行われた10日の国連安保理でのやりとりです。
 まず、ロシアのラブロフ外相はライス米国務長官との電話会談で、サカシヴィリは権力の座から退かなければならない(Saakashvili must go.)と述べました。
 そして、米国連大使のハリルザド(Khalilzad)がロシア国連大使のチュルキン(Churkin)に何度も「あなたの政府の目的はグルジアの体制変革か」と尋ねたところ、チュルキンは、「ロシアではそんな表現は用いないが、民主的ないし準民主的に権力の座に就いた指導者達には様々な者がおり、時々、彼らが邪魔になる場合があることは歴史が教えるところだ」とイミシンの答え方をしています。

 また、プーチン・ロシア首相が、グルジアは南オセチアを統治する権利を失ったと述べたことから、ロシアは南オセチアにグルジアからの独立宣言をさせた上で住民投票を実施させ、南オセチアをロシア内の北オセチアと合併させようとしているという見方も有力です。
 ただし、ソ連の1979年のアフガニスタン侵攻に場合とは違って、先週の時点で、ロシア軍を事前に終結させてはいなかったことから、ロシアはグルジア侵攻は考えていなかったと、米国やグルジア当局は見ています。

 (以上、
http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/10/georgia.russia3
http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/11/georgia.russia4
http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/10/georgia.russia4
http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/11/georgia.russia
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/10/AR2008081000267_pf.html
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/10/AR2008081001871_pf.html
http://www.nytimes.com/2008/08/11/world/europe/11georgia.html?_r=1&hp=&oref=slogin&pagewanted=print
http://www.nytimes.com/2008/08/11/world/europe/11scene.html?hp=&pagewanted=print
http://www.nytimes.com/2008/08/11/world/europe/11ticktock.html?ref=world&pagewanted=print
http://www.ft.com/cms/s/0/077576b6-670b-11dd-808f-0000779fd18c.html
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-usrussia11-2008aug11,0,424546,print.story
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-ossettia12-2008aug12,0,5161525,print.story
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-ossetia11-2008aug11,0,7240268,print.story
(いずれも8月11日アクセス)による。なお、以下はこれらも参照する)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(続く)