太田述正コラム#2728(2008.8.14)
<皆さんとディスカッション(続x221)>

<バグってハニー>

 B61-11に関して少しだけ調べてみました。

参照:
http://www.nukestrat.com/us/afn/B61-11.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Bunker_buster
http://en.wikipedia.org/wiki/Nuclear_bunker_buster
http://www.globalsecurity.org/wmd/systems/b61-11.htm
http://nuclearweaponarchive.org/Usa/Weapons/B61.html

≫数メートルって10メートル以内ですよね。そんな浅い深度で、地下深くにある施設を破壊することができるのでしょうか。≪(コラム#2726。ライサ)

 核爆発で生じる衝撃波によって地下施設を破壊することを狙ったものだそうです。地表よりも地中で起爆させたほうが地中に伝わる衝撃波が大きくなり ますから。核弾頭自体が標的に到達する必要は必ずしもなさそうです。ちなみに、地下100mほどまでの地下施設に有効であるとされているそうです。

≫地上部が吹き飛ばされて、放射能が撒き散らされて、限定的に地域一帯が汚染されるだけで、ただ単に核兵器の小型化というだけのような気がするのですが。≪(同上)

 この疑問はナンセンスだと思うのですが。Wikipediaの引用部分にあるとおり、B61-11はその前のB53を更新する目的の元開発された わけです。冷戦当時は地表爆発で旧ソ連の地下施設を破壊するためにはとにかく巨大な爆発が必要だということでメガトン級のB53が配備されていました。地下施設の攻撃のために地表爆発だと効率が悪すぎる、プラスB53の安全性に疑問符がつくので、というのがB61-11が開発される動機になったわけです。 ちなみにB61-11の威力は数百キロトンといわれていますが、それでも北朝鮮に使用された場合、日本にまで核の灰がたどり着くそうです。

≫愚問かもしれませんが、鉱山等では数千メートルの地下まで掘っているのはざらにありますよね。そこら辺まで掘った基地等がないという証拠はありませんよね。≪(同上)

 貫通深度が浅くて大丈夫と既に書きましたが、ご心配の通り米軍はこの実験結果には必ずしも満足していないようで、実際にはさらに深くまで貫通する 新型爆弾・強力核地中貫通弾(Robust Nuclear Earth Penetrator、RNEP)の開発にも着手したのですが、現在では計画中止となっているようです。

<太田>

 ライサさんともども、お調べいただいたことに感謝申し上げます。
 ところで、9月第1週用にコラムを、と以前にお願いしましたが、いかがでしょうか。
 ポリティコミリタリー関係でも、人間に関わる科学の関係でも何でもよろしいですが・・。
 後者の分野ですが、「よい子は親から学ばず、悪い子は親から学ぶ」、という逆説的な新発見
http://www.newsweek.com/id/151758
の話なんか面白いと思いますね。

<naka>

 --フランスは遅れた文明--

みんな、フランスは歴史があって先進国で教養があってなど勝手な妄想をしているが、実際は貴族のみが人間らしい暮らしをしていただけで、大半の国民の先祖は乞食同然だった。
 現在でも糞みたいな階級社会で、どうにもならない只の農業国だ。
 発展途上国同様な国なので、先進国首脳会議には呼ばない方がいいと思っている。
 典拠は勝手に検索して勉強してください。以上。

<太田>

 ギク!
 ひょっとして、私のフランスに関する過去コラムの内容を劇画的に誇張されたのでは?

<遠江人>

 太田さん、こういう時にあのkoyukiさんがいてくれたら、いいんですけどねぇ(笑)

<ライサ>

 またまた、でしゃばりです。今日は雨も降っていて、農作業ができないので、結構楽しませていただいています。
 nakaさん、フランスってそんな国でしたっけ、

>みんな、フランスは歴史があって先進国で教養があってなど勝手な妄想をしているが・・・

 確かに日本と比べると、「フランス」としての正式な歴史?から見たら、短いと思います。
 先進・後進・教養の意味するものが何か分かりませんので、断定はできませんが、少なくとも一般的には後進国とは言わないのではないでしょうか。

>・・・どうにもならない只の農業国だ・・・・

 フランスのGDPはアメリカ、日本、ドイツ、中華人民共和国、イギリスに続く世界第6位(2007年現在)の経済大国です。確かに農業は生産額世界第6位ですが・・。
 日産自動車と企業連合を組むルノーや、日本で発生する使用済み核燃料の再処理はその大部分をフランス(COGEMA社)やイギリス(BNFL社)に委託している事実や、工業は食品工業、製材・製紙業、石油化学工業、自動車製造業が中心ですが、鉄道では、TGVがあり、最初に計画されたのは1960年代で、日本が1959年に新幹線の工事を始めた直後である等々の事実を見ると、「只の農業国だ」とは、言えないのではないですか。
 妄想はあなただけのような気がします。間違っていたらご免なさい。
 ついでながら、あなたは、文明と文化の違いは、どう思われますか。違いがあるようでないようで、これは議論百出。

<naka>

 --中国オリンピック少女偽装事件--

開会式の少女は口パクだった。
http://edition.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/08/12/oly.kids/index.html

 いかにも中国人好みの少女だったので怪しいと思ったが、餃子だけでなく少女も偽装する国なのだ。

<太田>

 中共国内でも、この話、評判が悪そうですよ(
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/12/AR2008081201567_pf.html
。8月13日アクセス)。
 なお、真相は、中国共産党の幹部政治局員の横やりで急遽少女が差し替えられた(声は差し替えられなかった)ということのようです(
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7558140.stm
。8月14日アクセス)。
-----------------------------------------------------------------

太田述正コラム#2729(2008.8.14)
<グルジアで戦争勃発(その6)>

→非公開