太田述正コラム#2698(2008.7.30)
<皆さんとディスカッション(続x207)>

<SF>

≫なぜ?テレビの方々は、「戦後」で区切るのですか?どなたか教えていただければ幸いです。≪(コラム#2696。雅)

 戦後しか知らないからではないでしょうか。
 …冗談です。すみません。でも、ある年代より若い方は実際そうなのかもしれませんね。
 ただし年配の方の場合は、敗戦のタイミングで戦中・戦前までの歴史、自分たちの来し方を否定することを選んだから、というのも言えそうな気がします。
 以上、「テレビの方々」という不特定の方に対する漠としたご質問なので、漠としたお答えになったことをお許しください。

<MS>
 
 「植民地時代に関する文献」の、再度の追記事項です。
 コラム#2696で、

 「 http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080624/kor0806241741002-n1.htm
『調査によると「朝鮮戦争を引き起こした国」として北朝鮮を挙げた正しい回答は48.7%に過ぎず、次いで、誤った答えとして日本13.5%、米国13.4%、ロシア10.9%などとなっている。』で、中国が入っていない(5%未満)のが非常に不思議ですね。」

と申し上げたところです。
 この点について、『韓国の高校歴史教科書 高等学校国定国史(三橋広夫訳、明石書店)』朝鮮戦争(6・25戦争)の記述を抜粋してみました。

上記書籍 p134-135
『6・25戦争
  李承晩政府はスタート初期に左翼ゲリラ活動、失業と物価暴騰などで困難に
 直面した。さらに米軍が撤収し、太平洋防衛線から韓国を除いたアチソン宣言が
 出されるなど、国際情勢も不利に作用した。
  北韓はソ連や中国の支援の下、1950年6月25日夜明けに南進を敢行した。国連は
 戦争が起きると、安全保障理事会を招集して、北韓の南侵を侵略行為と規定し、
 アメリカを中心とした16ヵ国が国連軍を派遣した。国連軍と国軍は仁川上陸作戦
 に成功して、ソウルを回復した後、38度線を越えて鴨緑江まで北進した。しかし
 中国軍の介入によって戦況は再び変わり、休戦ライン一帯で膠着状態に陥った。
 以後、国連軍と北韓軍および中国軍の間に休戦会談が進められ、1953年7月27日に
 休戦協定が締結された。
  3年間続いた6・25戦争によってわが民族は途方もない被害を被った。数百万人の
 死傷者が生まれ、戦争孤児、離散家族が発生した。全国土が焦土化してほとんどの
 産業施設が破壊された。そして南北には不信と敵対感情が高まり、分断がさらに
 固定化された。』

 全458ページの内、朝鮮戦争に関する記述はこれだけです。
 巻末の『翻訳を終えて』によると国史は高校1年次の必修だそうですが、2年次以降の韓国近現代史は選択だそうです。
 (戦争による経済上の被害は別の章で同じぐらいの行数で述べられています。)

 上記のような調査結果がでるのも無理からぬ気がします。

<雅>

≫いったいどういう教育をしているのだろうかと不思議に思い、『韓国の高校歴史教科書(三橋広夫訳、明石書店)』を買ってしまいました。というわけで韓国の歴史教科書に関して何か質問ないですか?≪(コラム#2696。MS)

 早速お言葉に甘えて。
 日本の植民地統治時代の評価を物語る上で重要かと思われる前後の出来事なのですが、
李氏朝鮮の末期時代
丙寅洋擾
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%99%E5%AF%85%E6%B4%8B%E6%93%BE
辛未洋擾
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%9B%E6%9C%AA%E6%B4%8B%E6%93%BE
「西洋を打ち破ったこと」と「これにより近代化がどうなったのか?」をいかに評価しているか?

韓国初代大統領
李承晩の経済政策、外交政策の評価と李承晩の総合的評価について

朝鮮戦争勃発時の混乱
済州島四・三事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E5%B7%9E%E5%B3%B6%E5%9B%9B%E3%83%BB%E4%B8%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6
老斤里事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E6%96%A4%E9%87%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6
保導連盟事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%B0%8E%E9%80%A3%E7%9B%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6
保導連盟事件の朝鮮日報記事
http://www.chosunonline.com/article/20080125000058

について、日本統治時代を遙かに超える自国民・米国が自国民を虐殺した歴史をいかに解釈しているのか?それともそれを書いていないのか?

を教えて頂ければ幸いです。

<安保>

 --移民導入政策には絶対反対だ--

 前回で投稿は最後と思っていたが・・・・。
 コラム#2321「世界帝国とその寛容性・包摂性(その2)」を読み、又頭に血が上り、以下を書き込ませてもらう。
 他民族受け入れに寛容:非寛容の例?なるものをあげ、分かったような屁理屈を書き連ねておられるが・・・。
 全く説得力もなく、太田さんの移民肯定論は愚論としか言いようがない。
 それにナチスドイツすなわちドイツ人の犯したホロコーストと日本を同列に扱い、

太田氏↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 同じ過ちを犯したのが戦前の日本帝国であると言えよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・

↑これには唖然とするしかない。貴方のような性根を持った人間が
防衛省官僚の座を早々に退かれたことが何よりの救いだ。

<太田>

 だから、チュアの言っていることを紹介した部分は、必ずしも私の見解と同じではない、って申し上げているでしょう。
 私自身、ホロコーストと、日本軍が戦前支那で犯した国際法違反事例とは同列に論じることは全くできないと考えているところです。(多すぎるのでコラム番号は挙げない。)
<遠江人>

コラム執筆の件(コラム#2609)、了解しました。
 できるだけがんばってみたいと思います。

<太田>

 消印所沢さんとバグってハニーさんにもぜひ9月第1週用のコラムお願いします。
 シリーズになるくらいの大作、期待してますよ。
 バグってハニーさんはおまけのサービスということで、申し訳ないですが、一つよろしく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太田述正コラム#2699(2008.7.30)
<劣等感の固まりの支那?>

→非公開