太田述正コラム#2686(2008.7.24)
<皆さんとディスカッション(続x202)>

<FUKO>

 --対日感情--

韓国人が日本を悪く思っていようといまいと、結局は直接交流しないと相互に分
かりあえないと思います。
 私の通っている高校には若干名の中・韓国人がいますが、彼らは総じて友好的
です。日本語も上手く、ある韓国人は国語の試験でトップの成績をとる程です。
日本の文化にも日本人以上に興味を示しているようですし、実際にクラスのほと
んどの生徒より日本について詳しいです。(でも「日帝」の支配には嫌悪感を
持っているようです。)

 何が言いたいかと言うと…韓国人が反日だから移民を受け入れるべきではない
という方、反日だからこそ日本に来てもらうべきではないかと思いませんか? 
(と言っても、太田氏の移民受け入れ論に触れるまでは私自身がそのような考え
だったのですが。)
 それに、彼らからは様々な面でとても刺激を受けます。多様性が必要、という
太田氏の主張も分かってきたような気がします。

<雅>

 --自治社会を目指して--

 イロイロと会社で財務をしていると見えてくることがあります。
 まあ、私が文章を書くまでもなく、まとまっているニュースがあるので、ご紹
介しましょう。

〜 増税されたお話〜

ニュースでは取り上げない「森林環境税」
福岡の森林環境税の概要
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/d06/keepforest.html
問題点(簡略)
http://www.jcp-aichi.jp/minpou/080120-182923.html
問題点(詳しい)
http://www.econ.hit-u.ac.jp/~zaisei62/resume-pdf/ishida-kazuyuki-FP.pdf

住民税の税源移行に伴う増税
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/zeigen.htm
要するに低所得者の低税率を廃止しようということです。

 富の再配分としての税制という点で見るならば、非常にまずい方向に向かって
いると思います。富の再配分機能が失われてきているのがわかります。もちろ
ん、治安上も悪い方向に、、、。

〜 江戸時代の制度を見て 〜

江戸時代に合った「自助的」組織
5人組
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E4%BA%BA%E7%B5%84_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%29
加役方人足寄場
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E5%BD%B9%E6%96%B9%E4%BA%BA%E8%B6%B3%E5%AF%84%E5%A0%B4
七分積金
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%88%86%E7%A9%8D%E9%87%91

 こう見ると江戸時代が非常に民力を活用し低コストで運用されていたことがよ
くわかります。むしろ今の日本は江戸時代を見本としていくべきでは無いでしょ
うか?
 上の森林環境税でも住民で協力してやろうという意気込みがさっぱり見えませ
んねぇ
 だからこそ江戸時代は、国民の「自助」の精神が非常に強く、強靱な国民が
育ったのではと思います。今の政府にベッタリの国民とは違いますね、、、、。
だから当然のごとく明治初期に自助論がベストセラーになったのかもしれません。

 と見るならば、多方面からでる同じ結論は、まずは「現在の政治体型を支えて
いる自民党を野党に引きずり落として、解党する」ほかありませんね。それから
が全ての始まりですね。

PS 自治

 それと、もう地方自治体という言葉を使って、本来の自治(自ラ治ル)という
言葉をもう汚して欲しく無いですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Self-governance」(英語が読めないけど、こ
の出典の方がいいはず)。

<naka>

日本の核武装と軍事戦略-防衛省OB太田述正ブログ

↑こんなタイトルはいかがでしょう?この方が正しい日本語だと思いますが。

 馬野周二は、核兵器の開発によって世界は平和になった。少なくとも先進国間
においては、戦争は絶滅したと言っています。
 馬野周二著 世界最終戦総論

<太田>

 太田述正掲示板上の論議は、移民受入論と典拠論等をめぐってこのところ百花
斉放という感じですね。

 それにしても暑いですね。
 皆さん、お体にお気をつけ下さい。

 全く私事ですが、このところ、
 ショスタコービッチのワルツ(第二ワルツ)
http://jp.youtube.com/watch?v=OEokX0mUywg&feature=related
(オケの小編成で演奏される小曲だが、きちんと全曲をピアノで弾けるようにし
ようとしている最中。)
とサティのJe te veux
http://jp.youtube.com/watch?v=Cxa1ciP5Ht8
を何度も聴いています。
 何度も聴くついでに、Je te veuxの女性版歌詞の日本語訳
http://pinkmozart.spaces.live.com/blog/cns!63FB06BE49B9079A!278.entry
に少し手を入れてみました。
 ご紹介しておきます。

J'ai compris ta detresse, あなたの苦しみ わたしにわかるわ
Cher amoureux,       愛しい人
Et je cede a tes voeux,   だからあなたの願いを受け入れるわ
Fait de moi ta maitresse. どうかわたしをあなたの愛人にしてね
Loin de nous la sagesse. 思慮分別なんてどうでもいいわ
Plus de tristesse, もう悲しくなんかない
J'aspire a l'instant precieux わたしは大切なひとときに憧れる
Ou nous serons heureux: je te veux. 二人で幸せになるひとときを
       ・・あなたが欲しいの

Je n'ai pas de regrets わたしは悔やまないわ
Et je n'ai qu'une envie: わたしの望みはたった一つだけ
Pres de toi, la, tout pres, あなたのそばで すぐそばにいて
Vivre toute ma vie. ずっとわたしの人生を送ること
Que mon c?ur soit le tien, どうかわたしの心があなたの心となり
Et ta levre la mienne: そしてあなたの唇が私の唇となり
Que ton corps soit le mien, あなたの身体があたしの身体となり
Et que toute ma chair soit tienne! そしてわたしの肉体のすべてがあなたの
肉体と なりますように

J'ai compris ta detresse, あなたの苦しみ わたしにわかるわ
Cher amoureux, 愛しい人
Et je cede a tes voeux, だから、あなたの願いを受け入れるわ
Fait de moi ta maitresse. どうかわたしをあなたの愛人にしてね
Loin de nous la sagesse. 思慮分別なんてどうでもいいわ
Plus de tristesse, もう悲しくなんかない
J'aspire a l'instant precieux わたしは大切なひとときに憧れる
Ou nous serons heureux: je te veux. 二人で幸せになるひとときを
       ・・あなたが欲しいの

Oui, je vois, dans tes yeux そう、わたしにはあなたの眼のなかに
La divine promesse, 至高の誓いが見えるわ、
Que ton coeur amoureux だってあなたの恋する心は
Vient chercher ma caresse わたしの愛撫をもとめにくるのだもの
Enlaces pour toujours, 永遠に抱き合い、
Brules des memes flammes, 同じ炎に身を焦がし、
Dans des reves d'amour 愛の夢の中で交換しましょう
Nous echangerons nos deux ames. わたしたち二人の魂を。
J'ai compris ta detresse あなたの苦しみ 私にはわかるの

(注)眼は「まなこ」、抱き合いは「いだきあい」と読んで下さいね。
---------------------------------------------------------------

太田述正コラム#2687(2008.7.24)
<北京五輪と抗議ゾーン>

→非公開