太田述正コラム#2636(2008.6.28)
<皆さんとディスカッション(続x178)>

<MoMotarou放送局>http://momotarou100.iza.ne.jp/blog

≫またまたブッシュ政権は、金正日をなぶりものにしました。≪(コラム#2624。太田)

 この「なぶりもの」に注目されたし。
 なぶりもの【嬲り者】とは--もてあそびにされる者。なぐさみもの。
 寄ってたかって―にする 。
 要するに太田さんの意見では、ブッシュさんは最後の土壇場でひっくり返す努力を続けているということになります。慌てて日本政府が北朝鮮の手に乗って経済制裁を解除したのとは訳が違いますね。
  恐らく、ブッシュ政権は福田さんでは情報が筒抜けになると見て、真の外交方針を伝えていないのでしょう。

≫ライス米国防長官・・・が、18日に行ったスピーチの中で、「われわれは北朝鮮のウラン濃縮能力についての新たな情報に心を乱されている。この情報は、北朝鮮と交渉をすることについての懐疑の念を再確認させた。」と述べたのです。≪(同上)

 この「新たな情報に心を乱されている」に注目。また一歩制裁解除から遠のいたという意味でしょう。こうなると北朝鮮も可哀想ですな。

≫オバマ・・・はまた、>・・・北朝鮮の外国人拉致について深く憂慮しており、拉致された人々の状況について完全な解明を望んでいる」と語りました。≪(同上)

 これではオバマが成っても大変です。北朝鮮にとって絶望的。

<太田>

 結構、私のブッシュ政権・金正日なぶりもの説、話題になってるようですね。
 昨日、再びこの説に拠ったコラム#2635(未公開)を書いたところです。

<植田>http://www.uedam.com/waota86.html

 コラム#2612で、太田氏の友人と称するかたが、日経新聞に掲載された官僚OBの会の結成の記事を紹介しています。私も、この記事を目にしました。

 言いだしっぺは、江田、高橋、寺脇などの各氏。
 この顔ぶれは、先日の「朝生」の出演者一同です。太田氏も出た番組でした。

 さて、太田氏はどう反応するか。
 ここで決まりです。

 「そもそも発起人の中に一人も外交・安全保障関係者が含まれていない(含めようとしていない)ことからして、この、より大きな問題については、同会に全く期待できそうにありません。
  私見によれば、外交・安全保障の米国への丸投げ、すなわち日本が米国の属国であることこそ、日本の政治と官僚機構を腐敗・堕落させ、政官業の三位一体的癒 着構造をもたらした根本的原因なのですが、同会の発起人達のような、この癒着構造に比較的からめとられていない官僚OB諸氏にすら、このような問題意識が 欠けているという事実・・」

 その通り。
 国内の官僚天下り・不祥事は外交・安全保障とリンクしています。

 しかし、そのうちにこのリンクに、江田、高橋、寺脇氏など「朝生」組OBの皆さんも気がつくでしょう。
 そうなってから、日本国の問題が本当に有権者・国民の前に浮上します。

 それまでは、まあ、ママゴトです。
 いや、無駄というわけではなく、がんばってください、というところです。
 とりあえず、国内だけで解決できる問題、という意味です。

 基本的・本来的な問題の解決は、もちろん、両面からです。
 安全保障に、国内の官僚統治の律令システム問題です。

<太田>

 植田さん、ずっと私のコラムの普及に力を入れていただき、恐縮です。
 そのうち、お目にかかる機会もあるでしょう。
 楽しみにしております。

<忽那>

7月4日、新大阪での太田述正さん講演会・オフ会のお知らせ

今回のシーステージでの会は18時から21時までの予定でした。

太田さんから御提案があり、21時以降もいてくださることになりました。
新大阪でその日は新幹線に乗らず、宿泊されるとのことです。
講演をしていただくのは19時からですが、フリートークの時間は飛躍的に増加します。 会場のシーステージは24時まで営業しています。仕事の都合などで、20時過ぎからしか参加できないため、参加を見合わせておられる方はいませんでしょうか。どうぞ御参加下さい。21時以降のほうが盛り上がるかもしれません。
熱狂的太田ファンの方、帰りの交通機関がある時間までじっくりと御討議くださいませ。
18時から20時まで、20時から22時まで、19時から23時まで、など自由に参加していただければ幸いです。
----------------------------------------------------------------

太田述正コラム#2637(2008.6.28)
<北朝鮮テロ支援国家指定解除へ(続)>

→非公開