太田述正コラム#2422(2008.3.14)
<日本文化チャンネル桜収録記>(2008.3.16公開)

1 始めに

 このところ、コラム執筆以外で忙しく、本日も寝不足のまま、渋谷にある日本文化チャンネル桜に赴き、同社のスタジオで明日2100から放送される討論番組の収録に臨みました。
 1400から1800まで、間に2回の休憩を挟んで収録が行われたのですが、最後のあたりで、寝不足が目に来て、しょぼついてしまい、何度もコップの水でハンカチをしめらせては目を拭い、かろうじて最後まで議論を続けることができました。
 討論参加者は、日本文化チャンネル桜社長・水島総、日本財団・山田吉彦、岡崎研究所理事・佐藤守、拓殖大学海外事情研究所教授・荒木和博、岡崎研究所副理事長・川村純彦、杏林大学客員教授・田久保忠衛、法学博士・平間洋一、帝京大学短期大学人間文化学科准教授・潮匡人(コラム#2414)各氏と私です。
 このうち、佐藤守(空)、川村純彦(海)、平間洋一(海)、潮匡人(空)の各氏は元自衛官です。(括弧内は自衛官当時の区分。元陸上自衛官がいない!)
 また、荒木和博氏は予備自衛官(2等陸曹)だそうで、何と自衛官の制服を着用して収録に臨んでおられました。
 予想した通り、水島(私を呼んでくれた人です)、平間(かつて私が防大総務部長をしていた時の同校図書館長。歴史学者。コラム#1651参照)両氏はともかくとして、残りの全員と私が対立するという進行になりました。 
 途中で潮氏が、昨日の日テレの番組で太田さんとご一緒したと発言したとき、うっかり今日ですよとアホなことを言ってしまいました。まだ、私はテレビずれしてないってことですが・・。
 
2 議論のあらまし

 何せ、実質3時間にも及ぶ議論なので、とても簡単に要約はできないのですが、私と他の各氏との主要対立軸は以下のとおりです。

 ・現在日本に対する直接的な軍事的脅威は(核の脅威を除き)ないv.ある
 ・「ソ連の脅威」はなかったv.あった
 ・日本の領域防衛の話などするなv.とんでもない
 ・自衛隊は法理論上も実態も軍隊ではないv.自衛隊は少なくとも実態は軍隊だ
 ・日本のジャーナリズムを批判しているヒマがあったら利用することを考えよv.日本のジャーナリズムは反自衛隊でけしからん
 ・防衛省キャリアや陸海空自衛隊をかばうなv.かばうべきだ
 ・自民党を擁護するなv.自民党は民主党よりはるかにマシだ
 ・法理論上も実態も日本は米国の属国だv.日本は少なくとも実態は独立国だ
 ・世界や日本周辺の軍事情勢についての議論をしても日本の現状では無意味だv.いや議論すべきだ
 ・日本は全く変わっていないv.日本は次第にまともになってきている
 
 最後あたりで、私が、「皆さんは私よりずっと前から言挙げをしてこられたわけだが、何も変わってないじゃないですか。方法が間違っていたのですよ」、と発言したところ、皆さんシュンとされていました。
 とはいえ、全部終わった時点で、皆さんが異口同音に、本日は面白かったとおっしゃったのでよかったと思います。
 本日は、言いたいことの6〜7割は言えたと思います。
 スカパー視聴可能の方は、絶対にお奨めですよ。
 それにしても、上記対立軸に関しては、私は「左」の人々とはおおむね意見を同じくし、結論だけが正反対になるのに対し、本日のように「右」の人々とは結論だけが一致する、というのが何とも悩ましいですね。
 私と同じスタンスの人、名乗り出て下さい!