太田述正コラム#2216(2007.12.5)
<TBSラジオ出演等>(2008.1.8公開)

1 始めに

 12月11日(火)、12日(水)にそれぞれ1335から約8分放送される「ニュース逆さめがね」に出演することになり、9日1600から収録があります。
 その企画書が届いたので、ご披露しましょう。

2 企画書

さかさめがね レーティング対談

             小西克哉VS太田述正 対談企画書
 
 放送日 : 12月11(火)12(水)
 番組名 :TBSラジオ「ストリーム」内コーナー「ニュース逆さめがね」(13:35〜8分程度)
 対談相手:小西克哉(番組パーソナリティ、国際ジャーナリスト)
 収録日 :12月7日(金)16時〜(1時間程度)
 収録場所:TBS放送センター9階第7スタジオ

                <対談企画>  

1日目  ★守屋問題を「1夫妻のおねだり問題」として終わらせるな!

,覆次△△離織ぅ潺鵐阿如峺利き」を暴露したのか
      ⇒防衛省問題を国民的関心に引き上げ、日本の「恥部」を明らかにさせたかった
       ※ 太田さん自身がどんな人なのか簡単に自己紹介も

⊆蕾位簑蠅鬘栄弸覆量簑蠅箸靴峠わらせようといる
検察(日本という国の)のバカさ加減
      ⇒そもそも、便宜供与だとか、接待ゴルフは瑣末な問題
       防衛省の腐った体質にこそ目を向けなければいけない。
      ⇒本来は日本の「恥部=政官業の癒着」が浮き出される問題なのに!
※ では、その日本の恥部とは一体どんなものなのか、翌日聞く


2日目 ★防衛省の本質的問題、そして日本の腐った体質を徹底的に追及

⇒自分は安全保障・国際問題専門家と思っていたが、最近は、
官庁不祥事専門家として、問題を追及していく覚悟を決めた
      ⇒癒着体制の中に多かれ少なかれ足を突っ込んでいて、
その問題を「分かっていても」指摘できない。
      ⇒なかなか表に出ない、本質の問題
       ・・・天下り、利権、談合、無駄使い
          ⇒なぜ、そんな体質になってしまったのか?

3 所感もろもろ

 ラジオ局が続けて3局、放送時間は余り長くないけれど、私の主張を正面から取り上げてくれました。
 後は、テレビ局からいつこのような形の出演依頼があるかです。
 ないかもしれないけど・・。

 ところで、次に私が落とす「爆弾」ですが、既に昨夜のJ-WAVEの生番組の中でも予告したようにできれば来週中には投下したいところ、なかなか協力を呼びかけているメディアから返事が来ません。
 このメディアが踏ん切りが付かなければ、他のメディアにあたり、そこもダメなら自分で記者会見を開いてでも決行したいと考えています。
 私単独で「爆弾」を落とすのはリスクも高いけど、そんなこと言ってられません。
 なおその際、額賀さんが紹介した業者の名刺も披露したいと考えています。
 今度実名を出す予定の4人は、いずれも防衛省の現役(当時)またはOBの職員であり、またいずれも私の親しくしていた人々です。
 それだけに私に対する風当たりは相当強いものがあろうと覚悟しています。
 もっともそれが私の狙い目でもあります。
 私情を乗り越えて太田は額賀さんを追及しようとしている、と受け止めてくれる人もいる、と信じているのです。
 どうしてそれが額賀の追及になるんだですって?
 この4人のうち、一人でも全面否定しない人が出てくるかもしれないからです。
 それに、一人も出てこなくたって、このうち2人は私に直接電話をかけてきて口利きをし、しかもその後にそれぞれに紹介された業者が私の所に来ており、名刺もあることから、私としても、迫力ある説明ができることも大きいと思います。
 こうすることによって、例の口利きリスト全体の信憑性が高まることを私は期待しているのです。