太田述正コラム#2158(2007.11.3)
<疲れたァー(続々)>(2007.12.2公開)

 (本篇は当分の間公開しません。転載を厳禁します。)

1 始めに

 本日は午前中に新聞の取材を2時間受け、午後遅くに、近くの公園で某TV局の録画撮り1時間半弱を受けました。
 検察は必ず動く、しかもその時期は11月中である可能性が極めて高い、との感触です。

2 ボツになった「報道2001」について

 ボツになった、私出演のフジテレビの「報道2001」(日曜朝)では、竹村健一、山本一太、佐藤正久(自民党参院議員)、原口一博、小池晃(共産党参院議員)各氏が(私と共に)出演予定でした。

 中身は、1、守屋問題の背景に何がある? 2、防衛省と商社の関係をどうすべきか? 3、防衛省の情報管理体制を問う 4、日本の国際貢献のあり方とは
です。
 なお、11月1日の夜、担当ディレクター(女性)と自宅付近のファミレスで簡単な夕食をとりながら、かなりの時間をかけて、私から私見のレクをした上で番組内容の調整をしました。
 これだけ準備したのですから、近い将来、この企画が再び日の目をみることを祈っています。

3 赤旗・朝日・東京

 11月1日の午後に、赤旗の記者2名の取材を受けた話を前に書きました。(その数日前には赤旗日曜版の記者1名の取材も受けています。)
 この同じ2名に昨年防衛施設庁官製談合事件の時も取材を受けていますが、当時、私が同紙に示唆したところの、私の仙台防衛施設局長在任中に管内で土地買い上げに係る口利きをした政治家・・<中略>・・の件では、記者のうちの1人が問題の土地の関係者・・<中略>・・に取材をした際、暴力団風情の男に岸壁に呼び出され、生命の危険を感じたとのことです。
 朝日は、昨年7月3日、私の提供した日記の記述に基づき、相当念入りな取材を行った上で、一面トップの記事に仕立てました(コラム#1331、1332)。
 この朝日や赤旗の努力には頭が下がります。
 私が仙台防衛施設局長当時に経験した、加藤紘一等の政治家の口利き・・1999〜2000年頃の建設・土木事業に係る口利きは、既に犯罪に該当する悪質なものになっていたと言ってよい・・については、東京新聞に私が改めて語り、それが既に10月30日、記事になって報道されました(注)し、昨日の「たかじん・・」の収録でも語りました。その部分がどの程度明日放送されるか、(それともされないのか、)大変興味があります。

 (注)「防衛利権に群がる政治家は数多いようだ。 太田氏によると、仙台防衛施設局長の在任(1999〜2001年)当時、東北地方の防衛庁長官経験者は頻繁に、特定業者の受注への口利きを要求してきた。「政治家が犯罪に手を染めることだから、せいぜい年に一回ぐらいあるのが普通。だが、その議員は年に何回も要求してきた。」 「同じころ、別の防衛庁長官経験者も口利きを求めてきたという。「東北が地盤でもないのに、わざわざ仙台の私に依頼した。将来の首相候補とされる人はこれぐらいのことをするのかと思う一方、自民党の腐敗ぶりを知った」。」→この箇所で誤りがある(コラム#2154参照)のは、「わざわざ仙台の私に依頼した。」だ。「わざわざ仙台局管内の特定業者の受注を依頼してきた。」が正しい。

4 「たかじん・・」雑感

 常連出場者のうち、三宅さん(2回ご一緒させていただいた)と志方さん(1回ご一緒させていただいた)のお二人は、率直に申し上げて、そろそろあの種番組に出演されるのは厳しいお年におなりなのではないか、という印象を持ちました。
 そのあたりも、明日の放送からくみ取っていただけるのではないでしょうか。