太田述正コラム#2185(2007.11.19)
<人種別知能指数比較(その1)>

1 始めに
 
 人種ごとに平均知能指数(IQ)が異なるという話は、以前(コラム#538で)「「人種」のIQを、データの得られている範囲で高い方から並べると、欧米のユダヤ人、東アジア人(中国人・日本人・朝鮮人)、欧米の白人=イスラエル人、アラブ人(エジプト人)=米国の黒人、アフリカの黒人の順となる。厳しい環境(寒冷な気候や迫害)・移住(やる気。奴隷としての移住は逆。コラム#280参照)・漢字の習得・IQの高い「人種」との混血・高い生活水準、が高いIQをもたらすと考えられている。」という具合にやったことがあります。
 これに関連する話も、コラム#1159、1465、1490、1491でやったことがあるので、関心ある方はご参照下さい。

2 サレタンの指摘

 (1)ワトソン博士の受難

 DNAの共同発見者3人のうちの1人であるワトソン(James Watson)博士は、先月、「アフリカの展望については悲観的たらざるをえない」、何となれば「われわれの社会諸制作は彼らの知能がわれわれと同じであるという事実に立脚しているところ、あらゆる検証の結果はそれがそうではないことを示しているからだ」と述べ、囂々たる非難を浴び、研究所長の職を辞する羽目になりました(
http://www.slate.com/id/2175899/
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/10/17/nwatson117.xmlhttp://www.slate.com/id/2178122/entry/0/
。いずれも10月19日アクセス)。

 (2)サレタンの指摘

 米国の科学コラムニストのサレタン(William Saletan)は、次のように指摘しています。

 「・・約10年前のデータだが、米国の白人の平均IQは103だった。アジア系米国人は106、ユダヤ系米国人は113、中南米系米国人は89、アフリカ系米国人は85だった。研究結果によれば、世界においても同じ一般的傾向が見られる。白人は100、東アジア人は106、サハラ以南のアフリカ人は70だ。別のIQ表では、香港が113、日本が110、英国が100、豪州、カナダ、欧州、ニュージーランド、南アフリカ、そして米国の白人の数値も世界全体としての黒人のそれよりも英国の数値に近い。この傾向は少なくとも1世紀にわたって変わっていない。
 ・・IQの差異の半分以上は遺伝によるものだ。・・
 平均して、アジア系米国人の子供達の大脳は、白人たる米国人の子供達の大脳より大きいし、彼らの大脳はまた、黒人たる米国人の子供達の大脳より大きい。身体の大きさや体重ではこの逆の傾向が見られるというのにそうなのだ。この傾向は世界においてもあてはまるし、死ぬまで変わらない・・。
 ・・頭の大きさと大脳の分量の差異の50から90パーセントは遺伝によるものだ。・・
 仮にアフリカ人、アジア人、そして欧州人が異なる遺伝子を進化で得たとするならば、その理由は、それぞれの遺伝子がそれぞれの環境に適合的なものになったということだろう。
 平均して、白人に比べて黒人は子宮の中でより早く成熟し、より早く生まれ、歯を生やし、力と器用さを備える。また、黒人はより早くおすわりをし、這い、歩き、自分一人で着物を着ることができるようになる。そして彼らは、より早く性的に成熟し、より良い視力を備える。これらすべてにおいて、東アジア人は白人や黒人に遅れをとる。その代わり、東アジア人は、より長く生き、より大きな大脳を得る。・・」
 (以上、
http://www.slate.com/id/2178122/entry/0/
上掲による。)

 サレタンは、明日もこの話を続けると言っています。
 乞うご期待。

(続く)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
太田述正コラム#2186(2007.11.19)
<大蔵官僚群像(その3)>

→非公開