太田述正コラム#2172(2007.11.11)
<雑感(続)>

<MS>

 太田様、移民政策に関して質問があり、メール致しました。
 「移民受け入れ」と「皇室の存続」は両立できると思われますか?
仮に移民系の国民が日本人の過半数になった場合、彼らが天皇家を支持しなければ、皇室は存続できなくなります。したがって、移民受け入れに際しては、考えておかなければならない問題だと思いますが、どのようにお考えですか?
たとえば、英国の王室の場合、移民系の国民から支持されているのでしょうか?
太田様が滞在経験からどのような印象をもっておられるか、さしつかえなければ教えていただけると幸いです。
私自身は、天皇家の存続が守れる範囲で、移民を受け入れるべきだと思います。
ただ、多様性を尊重しつつも、国としてのまとまりを保つためには、アメリカのようある程度共通の理念が必要だと思います。したがって、移民をひきつけるような理念を提示できるかが重要なのではないでしょうか?単に商売をするためだけにくる人は、心の底からは日本を愛さないのではないでしょうか?

<太田>

>「移民受け入れ」と「皇室の存続」は両立できると思われますか?

 全く問題なく両立できます。
 下掲をご参照ください。

 「2001・・年12月23日、天皇陛下が68歳の誕生日に先立つ記者会見の席で、「桓武天皇の生母(お母さん)は百済の武寧王の子孫であると『続日本紀』に記されていることに韓国とのゆかりを感じています」と述べられたことがありました。古代の天皇家には朝鮮系の人たちもいたということですが、これは韓国人のあいだではすでに多くの人が知っていることでした。でも天皇陛下が、たくさんの日本人記者がいる前で述べられたということで韓国では大きく報道されました。古代日本における文明開化の主役は、朝鮮半島から渡ってきた人たち「渡来人」でした。朝鮮半島からは多くの渡来人が日本に渡ってきましたが、そのとき新しい文化や技術も日本に持って来ました。例えば、酒つくり、仏像つくりなど、半島から渡ってきた渡来人たちによってもたらされたものです。」(
http://www.blu.m-net.ne.jp/~tashima/c5.html
。11月11日アクセス)

>多様性を尊重しつつも、国としてのまとまりを保つためには、アメリカのようある程度共通の理念が必要だと思います。したがって、移民をひきつけるような理念を提示できるかが重要なのではないでしょうか?単に商売をするためだけにくる人は、心の底からは日本を愛さないのではないでしょうか?

 英国を始めとするまともなアングロサクソン諸国では、米国のような「共通の理念」などなしに、多様性を尊重しつつ国としてのまとまりが保たれています。
 日本に関しても、「共通の理念」などないことがむしろ移民受入に有利に働くのです。
 (アングロサクソンは個人主義、日本は人間主義の社会ですが、これらは「共通の理念」というより、way of life と言うべきでしょう。)
 よりよい生活、より安全な生活を求め、自分の国を棄てて日本にやってくる人々が日本を愛さないなどということがありえましょうや。
 逆にお聞きしますが、あなたは「心の底から」「日本を愛」しておられますか。
 日本人一般はどうでしょう?

<通行人1>

 EUを見ても、アメリカを見ても移民は短期的には経済を活性化させますが、結局は大きなお荷物になります。
 アメリカを始め、フランスでもイギリスでも移民に対する規制が厳しくなっています。また最近不法移民を無条件に受け入れたスペインでは大問題になっており、結局はどの国も元来の国民の仕事を奪い、生活保護等の社会コストの増加を招いただけです。そんなことをするならば、元来3Kと言われている職業に国の政策として手厚い保護でも与えた方が、現実的です、企業ではなく従事者にね。

<日本>

 米国は建国以前から移民の地であり続け、現在に至っています。
 その米国は世界の覇権国になったのではなかったですかね。
 なお、米国は現在、中南米諸国からの余りの大量の非合法移民に対し、規制を強化していますが、この類のことは、過去行く度も繰り返されてきたことです。
 また、EU内の先進国で移民に対する規制が厳しくなっているのは、対テロ戦争の関係もありますが、EUの拡大によってEU域内での後進国から先進国への出稼ぎや移住が増大していることが主たる理由です。

<HUNA>

 ネットの世界で嫌韓が多いのは、在日韓国人に対する日本のマスコミの影響が大きいと思われます。
 本名言わない、事件報道しない、在日韓国人の特権など表にしていないことがいっぱいです。
 近年、ネットの普及によりそのような事柄が(事実より誇張されているかもしれないが)知れ渡るようになりました。
 それに追い討ちを加えて、韓国では親日的発言をするだけで社会的地位を奪われれる国家となりました。
 結果、マスコミへの不審と共に嫌韓に至ったと考えています。
 また韓国においては、北との関係が非常に気になります。
 中華思想でかつ儒教思想が非常に強い国です。
 このような方々が移民とした場合、状況によっては国防の危機になりかねないと思っています。
 歴史的背景への遠慮と、抗議が怖くてマスコミが事実を書けない現状、韓国や北朝鮮の国家の現状と、朝鮮の方々の主義思想と現状を考慮すると、朝鮮の方々の移民は同意できません。
 またその親玉である中国の方々との移民も認めたくありません。
 この認識を変えるには、マスコミの歴然とした態度と真に事実に向き合う態度で報道することが第一と思います。
 また、それを受け取る側も種々の認識を変えることが必要と考えます。

<太田>

 あなたは巧まずして問題の本質を物語っておられます。
 セックスとギャンブルに弱いのは人間の通弊ですが、日本では合法非合法の境界が、あえて不分明のままにされている分野でもあります。
 だからこそ、そこでは巨万のアングラマネーが動き、暴力団が暗躍しているのです。
 合法非合法の境界をあえて不分明にしているのは警察であり、その警察を牛耳っている警察庁キャリア達です。
 警察の権限をフルに活用しつつ、連中は風俗営業界やパチンコ関連産業に天下っているのですが、これが警察における官と業の癒着の核心部分です(注1)。

 (注1)アダルトビデオ業界、パチンコ業界と警察についての
    http://news.livedoor.com/article/detail/3383282/
    http://pachinkokouryaku.fc2web.com/shugoshin.html
    (どちらも11月11日アクセス)参照のこと。
   
 こういう業界は日本で差別されている人々の吹きだまりとなっており、パチンコ業界が朝鮮系の人々によって支配されていることはよく知られています。しかも、暴力団の構成員にも朝鮮系の人々が少なくありません。(注2)

 (注2)「戦後の在日韓国・朝鮮人にとって就職・就業は困難であり、高い失業率と貧困に喘いだ。そのため3K職場や水商売につく者も多かった。暴力団員になる者もいた」、「1万7000店のパチンコオーナーの国籍<は、>韓国籍 50%、朝鮮籍 30〜40%、日本籍・華僑 各5%」、「暴力団の出自の内訳は6割<〜3割>が同和(被差別部落)、3割が在日韓国・朝鮮人、残りの1割が同和ではない日本人」であるとする説がある。(
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3
。11月11日アクセス)

 ところが主要マスコミは、警察を恐れるとともに、暴力団(や同和)をタブー視しており、しかるが故に在日朝鮮人のこともほとんど書かない。
 だから皆さんは在日朝鮮人について精確な情報を与えられていません。
 その結果、在日朝鮮人について、ネットの世界で夥しい流言飛語が垂れ流されており、そのあおりで韓国の人々についても一部で偏見が醸成されているのです。
 そんなものに惑わされてはなりません。
 韓流に心を奪われるおばさま達の眼力を信じるのです。
 在日朝鮮人も基本的にそうですが、韓国の人々はなおさら、日本人同様、悪い奴もいるけれど、その大部分はまともな市民であるということを。
 それにしても、私の警察批判については、どなたもコメントを寄せておられませんね。
 皆さん警察が怖いようで・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
太田述正コラム#2173(2007.11.11)
<爆笑問題との私の共演プラン>

→16日まで非公開。