太田述正コラム#2157(2007.11.2)
<大阪とんぼ帰り紀行(その3)>

1 始めに

 本日、2回目の「たかじん・・」の収録に大阪へ行ってきました。
 返ってきたら、フジテレビからの電話で、4日日曜日の報道2001は守屋事件から大連立へとテーマが切り替わり、私の出演はなくなったと連絡がありました。
 大連立が決まったのかと一瞬目の前が真っ暗になったのですが、民主党がこの話をひとまずは断ったことから、まだそこまでは行っていないようですね。
 いずれにせよ、小沢さんが福田首相からの大連立話を一蹴せず党に持ち帰ったのはまことに怪しい。これは小沢さんがよほど追いつめられていたからであるとしか思えません。。
 可能性としては、守屋事件で小沢さん自身が政治献金と東元議員の天下りでヤバイと思っている、または給油問題で相当追いつめられている、もしくはその双方、といったことが考えられます。
 自民党としても、参議院で少数派に転落している上、守屋事件で防衛省キャリアの退廃ぶりと腐敗ぶりが明らかになり、歴代防衛庁長官・防衛大臣の監督責任が問われようとしており、かつまた自民党の政治家に対する山田洋行の接待や車代の提供も暴露されつつあることから、権力にしがみつくために、死にものぐるいで民主党との大連立構想を追求しているのでしょう。
 とにかく、自民・民主の大連立なんてことになったら、いよいよ日本も終わりです。
 そんなことになりそうになったら、大デモを組織して抗議行動を繰り広げましょう。

2 「たかじん・・」

 台本を私に見せ忘れた前回のことで懲りたのか、本日は収録前に入念な打ち合わせが番組スタッフと私との間でなされました。
 その結果、三つのことを必ず議論の中に入れることになりました。
 疲れているせいでしょう、そのうちの一つが(私が提案した)政官業の癒着体制(それにマスコミがからんでいる)であったことしか今となっては思い出せません。
 この三つを書いた紙を順次スタジオ内で掲げるので、この三つが取り上げられないようなことはない、とスタッフの皆さんが胸を張りました。
 ところが、私の出番が来て、収録が進行しても、一向に紙など掲げられません。
 結局、政官業の癒着体制の話もできませんでした。
 後で聞いたら、私の後ろで紙を掲げていたのだそうです。ということは、常連出場者達はこの紙を見ていたことになります。(この紙の趣旨を果たして彼らに事前に説明したのだろうか・・。)
 とにかく、今回も、話は何だかどんどん脇道に逸れていった印象がありました。その軌道修正を図るすべが私にはなかったわけですが、前回とは違って常連出場者との間で話はかみあっていたのではないでしょうか。
 私も前回に比べて笑いを抑えたつもりです。
 果たして出来は前回に比べて良かったのか悪かったのか、日曜日の放送をご覧になり、皆さんの方でご判断下さい。

3 おまけ

 「たかじん・・」の私の出番の収録が終わり、同番組他の部分の収録も終わってから、インターネットTV用の辛坊・志方俊之(今回の常連出場者の一人)・太田の鼎談(「たかじん・・」を踏まえたもの)の収録が行われました。
 実は志方さんと私は初対面です。
 なお、辛坊氏のお父さんは、自衛隊のたたき上げでらしたのですね。
 このインターネットTVがいつオンエアされるのかは聞き漏らしましたが、ご覧になった方は、ぜひ感想をお寄せ下さい。

4 終わりに

 守屋喚問が参院でも行われるようですが、大連立の話もあることから、果たして私のTVでの出番が再びあるのかどうか、ちょっと心配になってきました。