太田述正コラム#2154(2007.10.30)
<守屋喚問とマスコミ>

1 始めに

 本日は、朝日新聞社説と東京新聞の(私の)記事を見てズッコケました。
 皆さん。日本のマスコミの水準はこの程度なのですぞ。

2 朝日新聞社説

 本日付の朝日の、下掲のような社説を書いた論説委員はジャーナリスト失格です。
 
 「・・200回を超えるゴルフ接待。費用丸抱えのゴルフ旅行。賭けマージャン。ゴルフクラブやバッグのプレゼント。韓国クラブなどでの飲食接待・・・。防衛省の守屋武昌・前事務次官に対する証人喚問が、衆院テロ対策特別委員会で行われた。その証言からは、軍需専門商社「山田洋行」元専務の接待攻勢のすさまじさが改めて鮮明になった。防衛省の事務方のトップが、長年にわたってこんな癒着関係を続けていたとはあきれるほかない。・・問題は接待だけではない。その見返りに、元専務側に発注や契約などで便宜を図ったのかどうかである。守屋氏は「一切ない」「記憶にない」と言い続けた。では、巨額の接待費用を投じたのは何のためだったのか。山田洋行は昨年度までの5年間、防衛庁・省から総額174億円の契約を受注し、それも9割以上が競争入札によらない随意契約だった。この実績を見れば、証言をうのみにすることはとてもできない。・・」

 というのは、何度も申し上げているように、接待費用などたかがしれているからであり、山田洋行に天下りしている防衛省OBの給与経費にこそ焦点があてられるべきだからです。
 つまり防衛省は、あくまでも天下りの見返りとして山田洋行に「発注や契約などで便宜を図」っているのであり、山田洋行の守屋等に対する接待など、防衛省にとっても守屋にとってもゴミのような話だということです。
 どうして、天下の朝日の論説委員ともあろう練達のジャーナリストにこの程度の洞察力が備わっていないのでしょうか。

3 東京新聞記事

 次に東京新聞の記事についてです。
 まずは、東京新聞が、私が自由に語ったことを記事にした勇気に敬意を表します。

 「防衛省同期が見た「守屋喚問」評論家 太田述正氏

というタイトルの下、

 予想通り茶番 
 天下り追及甘い 
 政治家の口利き要求も問題 
 商社受注はOB受け入れ数次第

といった見出しが躍ります。
 ここまでは大変結構だったのですが、肝腎の記事を読み出して目を剥きました。
 例えば、
 
 「入庁時期がずれたこともあり、同期会のお呼びも十年以上かからず、しばらく守屋氏と同期だと知らなかった」「僕と彼は同じように昇進していったが、私が人事第二課長の時、彼は形式的には私より格下の広報課長になったが車付き。以後、二人は天と地の差。異常な人事が続いた。」

は、以下の誤りです。

 「入庁時期がずれたこともあり、同期会のお呼びも十年以上かからなかった。それは、技術系の同期達がわれわれが守屋氏と同期だと知らなかったためだ」「僕と彼は同じように昇進していったが、私が車付きの局筆頭課長になった時、彼は形式的には私より格下の広報課長になったが仕事の中身的には彼の方が上。以後、二人は天と地の差。異常な人事が続いた。」

 とまあこんな具合に、見開き2枚にわたる私へのインタビュー記事は間違いだらけで手の付けようがありません。
 ヤバイ記事なので、私が言い逃れができるように、あえて間違いだらけにしてくれた、と思いたいところですが、多分違うでしょう。
 記者の皆さん。
 この種記事は、輪転機を回す前に、必ず、インタビュー相手にチェックさせましょう!

4 終わりに

 私は恥ずかしくてなりません。
 日本のジャーナリスト達の奮起を促したいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<太田>

 「たかじん・・」への2週連続の出演が決まりました。
 次の日曜も見てね。