太田述正コラム#2153(2007.10.29)
<防衛省不祥事報道に思う(続x9)>

1 始めに

 本日、守屋氏の証人喚問を東京新聞の本社の一室のTVで視聴しました。
 この時、同時並行的にこの新聞社の記者による私への取材が行われ、この取材に基づく記事が明日の朝刊に載ると思うので、興味のある方はお目をお通しください。
 また、10月31日(水)17:25位〜(コーナーは12分)に放送される日本テレビ「NEWSリアルタイム」の「ここがわからん!」コーナーに出演することになり、明日夜、ビデオ撮りがあります。
 他のゲスト出演者は、自民党の平沢勝栄議員と民主党の原口一博議員のお二人です。
 平沢さんには、彼が官房審議官として警察庁から防衛庁に出向して来た時に、私は一度ご挨拶をしたことがあるのですが、先方は覚えていないかもしれません。
 原口さんについては、ご縁ですね、と言うほかないですね。

2 守屋氏の新たなゴルフ接待疑惑

 「守屋前防衛事務次官が、2001年7月から2004年9月までの間、富士通・・と同社の防衛関連子会社「富士通特機システム」(川崎市)からもゴルフ 接待を7回にわたり受けていたことが・・わかった。両社は防衛省と取引関係にあり、自衛隊員倫理規程に触れる可能性もある。富士通によると、接待をしていたのは、富士通の特機システム本部長や「富士通特機システム」社長を経て、現在、同社常任顧問を務める男性(64)。接待は毎回顧問の部下が同伴し、東京近郊のゴルフ場で行っていた。1回に一人あたり約2万5000円のプレー代金は会社側が全額負担していた という。」 (
http://www.asahi.com/national/update/1029/TKY200710290277.html
。10月29日アクセス)

 おい、守屋よ。
 この分じゃ、まだまだ完全ロハ・ゴルフ接待が出てきそうだよな。
 とても、お前をかばいきれんぞ。
 まいったね。
 さすがにあきれたよ。

3 守屋喚問

 守屋喚問は、私が予想したように、自民党と民主党の裏取引が行われた模様であり、守屋の倫理規程違反だけで決着させるというシナリオの下でのうわべだけの質疑で終わりました。
 自民党議員が、山田洋行への天下りの話と小沢さんが政治資金をもらった話をしたけれど、民主党議員は、この自民党の小沢疑惑ちらつかせ戦術のせいで萎縮しきった感じであり、(東氏の件もこれあり?)天下りの話について完全パスしていましたね。
 また、遺憾なことに、社民党も共産党も、小沢さんが「友党」たる民主党の党首であるためか、小沢さんの疑惑を追及しようとはしませんでした。
 私の率直な印象としては、(公明党など言及するのもアホらしいので止めときますが、)この4党は全部つるんでいるな、というものです。
 私がもう一つ理解しがたいのは、守屋のGEとの関係の追及を行った党はあったものの、どの党からも、GE幹部、とりわけGEジャパン幹部の証人喚問を要求する声が出なかったことです。

 いずれにせよ、最大の問題は天下りなのです。
 皆さん、覚えておられると思いますが、石破防衛相は、防衛装備品の海外からの調達に商社を介在させているのはそもそもおかしいと述べています。
 これは、山田洋行(日本ミライズを含む)は、防衛装備調達に関し、実質的には何の仕事もしていない、と言ったに等しいと私は思います。
 ということは、少なくとも、山田洋行の顧問にやるべき仕事など全くない、と考えてよいでしょう。
 (とりあえずは、山田洋行以外の防衛関係企業への天下りや、他の省庁における天下りの問題にまで議論を広げないことにする。)

 何度も繰り返して恐縮ですが、守屋のゴルフ等接待という形で山田洋行が防衛省にキックバックした金額に比べ、荒っぽい計算ではあるものの、実にその100倍もの金額を山田洋行は、天下った防衛省OBの給与の形で防衛省にキックバックしています。
 にもかかわらず、この重要な問題を喚問中に取り上げたのは自民党だけであり、しかも、まことにおざなりな取り上げ方をしただけです。(顧問たる東氏への給与は計算に入れていない。)
 他方、野党は全く天下りの問題を取り上げませんでした。
 まことに困ったものです。
 こんなことでは、日本の国会は、全く機能していないと申し上げざるをえません。