太田述正コラム#2065(2007.9.15)
<退行する米国(続々)(その3)>(2007.10.16公開)

<補注2>

1 始めに

 ブッシュひいてはテキサス人の特異性を(コラム#2029で)指摘したところですが、このあたりのことをもう少し掘り下げてみましょう。

2 テキサスと死刑

 テキサスは、住民の四分の三近くが死刑に賛成しているめずらしい州です。
 何せ、1976年以来全米で1,000人ちょっとが死刑を執行されていますが、そのうちテキサスだけで半分近くを占めているのです。
 ブッシュが知事であった6年間に152人の死刑執行を行いましたが、これは彼の後任のペリー(Rick Perry)知事に次ぐ、全米知事の最高記録です。

 現在、全米50州中11州で死刑制度が廃止されており、4州で死刑の執行が停止されています。そして更に1州(ニュージャージー)で死刑制度が廃止されようとしています。

 死刑制度が廃止されたり死刑執行が停止されるケースが増えてきているのは、人道的理由からだけではありません。

 一つには今では、死刑にする方が完全終身刑にするよりはるかに沢山カネがかかることです。
 例えば、北カロライナでは、200万ドルも余計にかかります。
 というのは、通常の囚人ならメシを食わせて看守をつけておけば事足りるのですが、死刑囚には弁護士をつけて、長年にわたって無実の人間を死刑にするようなことにならないかを議論しなければならないからです。
 例えばメリーランドの場合、死刑制度があるために、1978年から計算すると2,240万ドル余分の出費を強いられているというのです。これだけのカネがあったら、毎年500人追加的に警官を雇うことができ、あるいは1万人のヤク中毒者の治療ができる勘定なのだそうです。しかも、このような用途にカネを使えば、それは確実に命を救ったり暴力犯罪を予防することにつながる、というわけです。
 ただ、メリーランドの上院では死刑廃止案は今年5対5の同数で先送りになりました。
 二つには、今や死刑には犯罪抑止力がないことです。
 2005年の数字で、死刑制度がある州の方がない州より、州民一人あたり46%も殺人が多いことです。しかもこの差は、1990年以来広がってきています。
 そもそも、とっくの昔に死刑制度を廃止した西欧諸国より米国の方が殺人ははるかに多いのです。
 しかも、殺人を犯した者の99%以上は死刑宣告を免れており、宣告された者も、毎年その2%しか刑を執行されていないのに対し、ヤク密売人の殺害率は年7%であり、死刑囚になる方がシャバにいるより安全だというのですから何をかいわんやです。

 (以上、
http://economist.com/PrinterFriendly.cfm?story_id=9719806
(9月5日アクセス)による。)

 このように見てくると、テキサス人は死刑が大好きだから死刑制度を存続させ、死刑を乱発している、としか考えられませんね。
 まことにテキサスは異常な州なのです。

3 ブッシュの人柄

 テキサス人のブッシュは、以前は人生も大統領職も軽く考えるようなだらしなくてのんびりした人物だったが、大統領になってからは細部にこだわる人物へと一変した。
 ホワイトハウスにいる時には、クリントンはくつろいだ服装をすることを好んだが、ブッシュは背広とネクタイ着用にこだわる。それに、時間厳守だ。一度パウエル国務長官が閣議に遅れた時には、ブッシュは部屋に入れなかったことがある。
 夜は9時に就寝し、朝7時から仕事を始め、15分刻みで精力的に仕事をこなしていく。

 欠かせないのは一日2時間のサイクリングだ。
 カトリーナ災害が起こった時、サイクリングの直後で消耗しきっていたために禄に質問もできず恥をかいたのはよく知られている。9.11同時多発テロの前日にブッシュの頭の中を占めていたのは、サイクリングで1マイル7分を切ることだった。
 警護官はたまったものではない。
 全速でサイクリングをするブッシュを同じマウンテンバイクに乗って伴走しなければならないし、ブッシュのでかける先にあらかじめ行ってサイクリング・コースを決定した上で、自転車が走る道を平らにしたり雑草をむしったりしておかなければならないからだ。

 ブッシュは一旦決心をするとテコでも動かなくなる。また、一旦決心をするとその後がどうなろうとほとんど関心を示さなくなる。

 ブッシュの記憶力はすこぶる弱い。

 ブッシュの辞書に失敗という言葉はないので、悪いニュースをブッシュに伝えると大変なことになる。だから、側近達は悪いニュースはなるだけブッシュには伝えないようにしている。

 (以上、
http://books.guardian.co.uk/departments/biography/story/0,,2168980,00.html
(9月15日アクセス)による。)

 いやはや、ブッシュはスタイルが変わっただけで、ハーバード・ビジネススクールの時のままの悪ガキですね。
 お坊ちゃんの安倍首相の方が、まだはるかによいのではないでしょうか。
 それに何と言っても、ブッシュはイラクだけで一般住民を100万人も殺した(
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-iraq14sep14,1,3270284,print.story?coll=la-headlines-world
。9月15日アクセス)けれど、安倍首相はただの一人も殺していませんからね。

(完)