太田述正コラム#2051(2007.9.8)
<誰がイラク軍を解散させたのか>(2007.10.7公開)

1 始めに

 対イラク戦争「勝利」の後、米国がイラク軍を解散させてしまったことが、その後イラクの状況が泥沼化した原因の最たるものであることは、今や定説になりつつあります(例えば、コラム#2039参照)。
 では米国の誰がこの重大な意思決定を行ったのでしょうか。
 それが今だに判然としない、という呆れた話を今回はしたいと思います。

2 誰がイラク軍を解散させたのか

 2003年5月16日にイラク軍を解散する命令を直接下したのが、当時イラクを統治していたところの、実質的には米国隷下にあったCPA(Coalition Provisional Authority)の長のブレマー(L. Paul Bremer)であったことに争いはありません。
 その結果、25万人のイラクの若者達が、武器を携えたまま仕事を奪われて失業者として抛り出されることとなったのです。
 
 ところが、ブッシュ大統領が、「イラク軍は解散させないことになっていたのにどうしてブレマーが解散させてしまったのか分からない。当時のことは思い出せないが、何でそんなことになったんだ、と当時言ったものだ。」と述べたと先だって報じられたので一騒ぎになりました。
 これに対してブレマーは、イラク軍解散の件等を記した書簡をブッシュに送り、ブッシュから了解したとの書簡を受け取っていたことを明らかにした上で、自分はラムズフェルト国防長官(当時)の指示に従っただけである、この件については米国防省とホワイトハウスの関係者はみんな了解していた、サダム・フセイン政府の抑圧機関の一掃という意味でイラク軍の解散は行うべきであった、イラク軍の兵士達は逃散していたし基地は掠奪にあって使い物にならない状況であったことからイラク軍は当時既に事実上解散してしまっていたと言える、と弁明しました。

 コラムニストのカプラン(Fred Kaplan)は、ブレマーが昨年上梓した回顧録の中で、イラク軍解散の指示書をフェイス国防次官(Douglas Feith)から手交されたと記していること、またジャーナリストのウッドワード(Bob Woodward)が上梓した本(State of Denial: Bush at War, Part 3)の中で、ラムズフェルトが、この指示は別の所から来た、と言っている旨記されていることを指摘した上で、恐らくこの指示を発した張本人はチェイニー(Dick Cheney)副大統領であろうとし、それはイラクからの亡命者であったチャラビ(Ahmad Chalabi)の入れ知恵に基づく指示であったのでは、と推測しています。

 カプランによれば、対イラク戦が始まる1週間前の2003年3月10日、ブッシュ・チェイニー・ライス・パウエル・テネット(CIA長官)・統合参謀本部議長等臨席の下で米国家安全保障会議が開催され、戦後、イラクのバース党員を審査し、最大限5%程度と目されるところの好ましからざる人物を排除するという方針が全員一致で決定され、次いで3月12日、再び国家安全保障会議が開催され、フセインの精鋭部隊であるとともに護衛役であるところのイラクの共和国防衛隊(Republican Guard)(コラム#77)は解散させるが正規軍の兵士達は、忠誠心を確認の上、軍に復帰させるという方針がやはり全員一致で決定されたというのです。
 ところが、この二つの決定がどちらも、恐らくチェイニーの指示により、ブッシュのあずかり知らないところで覆され、5月12日にイラクに着任した直後、ブレマーは13日に全バース党員排除命令を、そして14日にはイラク軍解散命令を発したというのです。
 パウエル国務長官も統合参謀本部議長も統合参謀本部副議長(後に議長)のペース(Peter Pace)も、統合参謀本部構成員たる陸海空参謀長も、も全く蚊帳の外でした。
 そしてこれは、上記国家安全保障会議決定に従い、イラクで逃散したイラク兵士の部隊への呼集作業に既に着手していた米軍人達にとっても全く寝耳の水のことだったのです。
 (以上、
http://www.latimes.com/features/books/la-na-bush3sep03,0,6931007,print.story?coll=la-books-headlines
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/09/02/AR2007090201297_pf.html
(どちらも9月4日アクセス)、及び
http://www.nytimes.com/2007/09/06/opinion/06bremer.html?pagewanted=print  
(9月7日アクセス)を参照しつつ、基本的に
http://www.slate.com/id/2173554/  
(9月8日アクセス)によった。)

3 感想

 満州事変から先の大戦終戦に至る時代の日本・・無責任体制と下克上の日本・・を思い出させるようなブッシュ政権の体たらくですね。
 退行する米国シリーズの特別編としてお読みいただいても結構です。