太田述正コラム#1198(2006.4.22)

<創価学会のこと(その2)>

 他方、乙骨氏等が言いたいことは、池田大作創価学会名誉会長のかつての、「日本をみれば自民党、社会党、創価学会の三国志なんだ。共産党なんか問題ではない。世界もまた三国志である」という1960年1月1日付聖教新聞掲載発言や、秋谷榮之助会長のかつての、「<国立>戒壇建立の暁には、わが男子青年部の手によって内閣を結成」という大白蓮華1964年2月号掲載発言を引用(5頁)しつつ、「批判を拒否するばかりか、金力・政治力等そのもてる力を駆使して批判や論評を封じ込めようとする・・排他的で独善的かつファッショ的な・・公明党=創価学会が政権に参画し・・いまや自民党の生命維持装置として、政権の帰趨を左右するだけの影響力を持つにいたった」(218頁)結果、「<例えば、>公明党は都議会<についても、>キャスティングボードを握っており、警視庁は、人事、予算<が>都議会の警察消防委員会で審議され<るため、>・・都議会公明党の言いなり<であり>」(122頁)、「日本の自由と民主主義は、いま真に正念場に差しかかっている。・・<この>創価学会・・についての正確な情報を・・より多くの方々に知っていただきたい」(26、219頁)、ということです。

 枝葉を切り落とせば、要するに山崎氏や乙骨氏等は、日本の治安・司法機関と政治は創価学会に牛耳られている、と指摘しているわけです。

 政治についての彼らの指摘は、誰の眼から見ても大方その通りのように見えますが、治安・司法機関についての彼らの指摘の真偽は、にわかに判断のしようがありません。

もっとも、現在、元創価学会青年部副部長で、東大法卒、検事出身の神崎武法(1943年??)が公明党の代表(党首)(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%B4%8E%E6%AD%A6%E6%B3%95。4月22日アクセス)、慶大法卒で弁護士出身の浜四津敏子(1945年??)が代表代行(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E5%9B%9B%E6%B4%A5%E6%95%8F%E5%AD%90。4月22日アクセス)、関西大法卒で弁護士出身の冬柴鐵三(1936年??)が幹事長をしている(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AC%E6%9F%B4%E9%89%84%E4%B8%89。4月22日アクセス)ことは、彼らの指摘と平仄があっていることは事実です。

 創価学会が治安・司法機関を牛耳っているという彼らの指摘が本当だとしたら、ゆゆしい問題ですが、マスコミは本件をあまり取り上げないのはどうしてなのでしょうか。

 山崎氏らのこの指摘が誤りであるのか、それとも、マスコミの大部分が本件を取り上げようとしないのか、そのどちらかでしょう。

 日本のマスコミは、いまだに記者クラブ制で政治・行政と癒着しており(コラム#107、199、251、936、938)、しかも、一流と称されているメディアに限っても、記者の志の高さや記事クオリティーが英米の一流メディアの域に達していない(例えば、コラム#1195、1196)ことに鑑みれば、日本のマスコミが、政治権力の中枢を担うに至った創価学会の批判は控えている、という可能性は否定できません。

 さりとて、、・・これは決して山崎氏らの責任ではないのですが・・山崎氏らの経歴が邪魔をして、われわれとして、素直に彼らの指摘を信じるわけにもいきません。

 つまり、山崎氏はかつて創価学会の幹部であった人物(上記著書の裏表紙)である上、創価学会がらみの事件で1991??93年の間、刑務所に入っていた人物でもあり、乙骨氏は、創価中学・創価大学の卒業生です。

 彼らのように組織の内部にいた人間の方が、組織の実状に通じているだけに、その組織の批判者としてふさわしいという面もあるけれど、人間誰しも自分が飛び出した(追い出された)組織には含むところがあるものであり、組織に対する批判にバイアスがかかっている懼れもあります。(私による防衛庁批判も、そのように見られているであろうことは否定できない。)

 だからこそ、われわれはマスコミに期待せざるをえないのですが、そのマスコミが批判を控えているという可能性を否定できないのですから、何をか言わんやです。

 かつてであれば、学者に期待することが少しはできた・・例えば、1969年という早い段階で激しい創価学会批判を行った政治評論家の藤原弘達氏(乙骨等前掲書6頁)(1921??99年)は、明治大学教授(政治学者)でもあった(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%BC%98%E9%81%94。4月22日アクセス)・・のですが、最近の日本の学者は、一層志やクオリティーが低くなったのか、本格的な創価学会=公明党論どころか、創価学会=公明党批判論的なものが学者によって上梓された、という話すら、余り耳に入ってはきません。