太田述正コラム#1862(2007.7.12)
<日本の闇(続x3)>

1 始めに

 読者からの提案(コラム#1860)を受け、思い立って自分自身でこれまでの裁判関係のコラム一覧をつくってみました。
 関心のある方のお役に立てば幸いです。

2 東村山の闇ないし創価学会関係コラム一覧

太田述正コラム#195 (2003.11.26) <今次総選挙と日本の政治(補足1)>:発端となったコラム。矢野穂積・朝木直子「東村山の闇―「女性市議転落死事件」8年目の真実」(第三書館2003年11月)を紹介。
太田述正コラム#1177(2006.4.11)<太田述正コラムをめぐって>:千葉英司氏から訴えられた旨を報告。
太田述正コラム#1180(2006.4.13)<裁判雑記(その1)>:千葉英司氏の訴状の内容を紹介、プラス私の反論の冒頭部分を収録。
太田述正コラム#1182(2006.4.14)<裁判雑記(その2)>:反論の続きを収録(以下同じ)。
太田述正コラム#1184(2006.4.15)<裁判雑記(その3)>:反論の続き。
太田述正コラム#1185(2006.4.15)<裁判雑記(その4)>:反論の続き。
太田述正コラム#1188(2006.4.17)<裁判雑記(その5)>:反論の続き。
太田述正コラム#1190(2006.4.18)<裁判雑記(その6)>:反論の完結部分。
太田述正コラム#1197(2006.4.21)<創価学会のこと(その1)>
太田述正コラム#1198(2006.4.22)<創価学会のこと(その2)>
太田述正コラム#1200(2006.4.24)<裁判雑記(関係判例学説)>:関係判例学説を紹介。
太田述正コラム#1223(2006.5.9)<裁判雑記(続)(その1)>:裁判が東京簡裁から東京地裁に移送された旨の報告プラス私が提出した準備書面の冒頭部分を収録。
太田述正コラム#1225(2006.5.10)<裁判雑記(続)(その2)>:私の準備書面の完結部分を収録。
太田述正コラム#1227(2006.5.11)<裁判雑記(続)(その3)>:千葉英司氏が提出した準備書面を収録。
太田述正コラム#1368(2006.8.7)<裁判雑記(続々)(その1)>:東京地裁での準備手続きの報告、プラス千葉英司氏が提出した第2の準備書面、プラス私が提出した第2の準備書面を収録。
太田述正コラム#1393(2006.8.31)<裁判雑記(続x3)>再度の準備手続きの報告、プラス千葉英司氏が提出した第3の準備書面、プラス私が提出した第3の準備書面を収録。
太田述正コラム#1430(2006.10.3)<裁判雑記(続x4)>:公判を紹介。
太田述正コラム#1593(2006.12.27)<第一審判決について(その1)>:(「その2」はないので注意。)
太田述正コラム#1725(2007.4.9)<例の訴訟の私の弁護士へのメール(その1)>:(有料読者にのみ配信。)
太田述正コラム#1726(2007.4.9)<例の訴訟の私の弁護士へのメール(その2)>:(有料読者にのみ配信。)
太田述正コラム#1746(2007.4.24)<控訴審結審>:公判を紹介。
太田述正コラム#1798(2007.6.7)<名誉革命(その3)/緊急呼びかけ>:敗訴を報告。
太田述正コラム#1856(2007.7.9)<日本の闇>:千葉英司氏の敗訴事例2件を紹介。
太田述正コラム#1858(2007.7.10)<日本の闇(続)>:私に対する判決への批判を展開。
太田述正コラム#1860(2007.7.11)<日本の闇(続々)/原爆投下>:本件に関する読者とのやりとりを披露。
太田述正コラム#1862(2007.7.12)<日本の闇(続x3)>:本篇。

3 私が元署長の実名を明記している理由

 もともと、発端となったコラム#195では、個々の人物に批判を加えるのが目的ではなかったこともあり、東村山署元署長とだけ記して千葉英司氏の実名は記していなかったわけですが、私に対して訴えを提起した時点で、彼が匿名性を放棄したと考えられたことから、千葉氏が私との和解を拒否することが明らかになった時点以降、コラム中で実名を記すこととし、現在に至っています。
 なお、千葉氏が私を訴え、かつ勝訴したことは、既にネット上で周知の事実になっています。
 http://72.14.235.104/search?q=cache:ynIcQk--ePIJ:www.yanagiharashigeo.com/kd_diary/kd_diary.html+%E5%A4%AA%E7%94%B0%E8%BF%B0%E6%AD%A3&hl=ja&ct=clnk&cd=89&lr=lang_ja
(6月17日アクセス)をご参照下さい。
 なお、このネット記事は、コラム#1856でご紹介した宝島事件へのコメントが中心の記事であり、どちらかと言うと、千葉氏の側に立ち、乙骨氏側に対して厳しい視点から書かれています。

4 読者の意見

 読者とのやりとりをご披露しておきます。
 皆さんもどしどしご意見をお寄せ下さい。

<読者T>
 千葉氏は、太田さんのメルマガにムカついて訴えたのに、そのメルマガの削除申請しないという馬鹿げたことをやっています。
 千葉氏に対しては、もう少しインターネットの原理を理解してからの批判をお願いいたします、と言いたいですね。
これはネットをやっている者からの感想なので、何の知識もない人に言うのは酷かもしれないけど、裁判所はともかく弁護士が何も言わなかったのが凄い。
ろくな取り巻きがいないってことですね。

<太田>
 千葉氏は本人訴訟なので弁護士には相談していない、ということなのでしょう。
 しかし、私は控訴審で初めて弁護士をつけたのですが、その弁護士も、どんな要求をするかは、原告の自由だとして余り問題視はしていませんでした。
 私は、法曹界の大部分が、インターネットの世界には極めて疎い、という印象を持ちました。